FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 1-22
2007年01月22日 (月) | 編集 |
2匹の犬、テツ君とサン君は、去勢手術を終え、麻酔の醒めも早く元気です。テツ君は、爪が伸びきってぐるっと巻いてしまい皮膚に食い込んでいました。両足の爪を取る手術を受けました。サン君の里親を希望してくださった方が、待ちわびて会いに来て下さいました。が、ダメでした。誰にでも甘える子かと思っていたのですが、ウ~といって、サン君、怒ってしまいました。しばらくしてもかわらず、初めて犬を飼う方でしたので無理をしないことに致しました。また、里親募集です。幸い、川崎市動物愛護センターに収容されていた柴犬は、飼い主が名乗り出たということで引き取りはなくなり、当会の犬の頭数は、増えずにすみました。手術を終えた猫達は、1匹づつケージに入っています。麻酔もさめて、明日あたりにはすっかり元気を取り戻すでしょう。その間の、オシッコシートの取替えやら、水や食事の取替えが大変です。野良猫さんたちは、もといた場所に戻すしかありません。富士見公園の猫さんは、シェルターの空き待ちでしばらくケージで我慢してもらいます。ボランティアさんが、ブログをつくり里親募集を呼びかけてくれています。今、2件、お問合せをいただいており、良いお話しのようです。これから、慎重に進めます。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう

 
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック