FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 5-9
2006年05月09日 (火) | 編集 |
午後、公園の猫達に、餌をあげていると、4月25日に、公園の隅に捨てられた子猫を拾って持ってきた小学生の女の子二人が、女の子の妹も連れて三人で、息を切らして自転車をこいで走ってきた。市長さんに、手紙を書いて渡してもらう約束だったから、日曜日も雨の中、私が来ると思って公園でずっと待っていたのだという。三人が書いた大人の人への手紙を受け取った。ノートを切って封筒を作り、市役所の住所を教えてあがると5年生の子が、しっかりと阿部市長様と書いた。「なるべく沢山の人に読んでもらえるようにして、大人の人に力になってもらおうね。勿論、市長さんのところに、届くよ。みんなの気持ち、解ってもらえるといいね。」子供達の気持ちを、大切に、預かった。ホームレスさんのところを見ると、宮前小学校2年生という男の子が、「猫ちゃん、触ってもいいですか。家では、飼ってもらえないから。」と言って、そっと、猫の頭をなでていた。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック