FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 2-6
2007年02月06日 (火) | 編集 |
富士見公園シェルターの風景
わづか10坪の敷地に建てられた小さな小さなシェルターですが、約30匹の猫達が、寄り添って寒い冬を越えることができます。富士見公園の猫は目の開かない子猫から老猫まで計150匹。約50匹の子猫幼猫が里親に行き、約30匹の成猫老猫が里親さんと一時預かりさんへ、約30匹が富士見公園動物シェルターに保護され、約20匹は、まだ夜の冷たい公園に残されたまま。残念ながらあとの20匹は不妊手術後に公園から出て路上や民家で見かけることもしばしば、1匹は、交通事故が確認されました。

2006.11富士見公園動物シェルター完成 
    シェルター内に保護された公園猫たちの里親さん大募集
(里親希望の方、シェルターで面会できます)

dokomo.jpg


2007.2.6052.jpg

ti-ko2.jpg

2007.2.6018.jpg

2007.2.6010.jpg

2007.2.6006.jpg

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう


里親会2月11日(日)ビーグル子犬5匹・柴雑2才・猫・・・
 


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
みんな頑張って生き抜こうね。私の住む大阪で無責任な繁殖家が責任放棄した260匹の犬が問題になっており、そのうち100匹あまりがブルセラ症ということでした。今日その犬たちを処分すると大阪府が決定しました。やりきれない怒りと悲しみで一杯です。人間にも感染するからととあまりにも早い決定。地獄のような環境のなかで生き抜いてきた子たちを、また人間の都合で殺処分するなんて。自分の無力さにうちのめされてしまいます。
2007/02/07(水) 21:09:04 | URL | きらり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック