FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 2-12
2007年02月12日 (月) | 編集 |
昨日の里親会で決まったビーグルの子犬たちは、全てお届け終了しました。ご家族の多い方の方がわんちゃんもいっぱい遊んでもらえたりお世話も十分して頂けて幸せかな、と審査の際に考えました。そして、しっかりした息子さんが里親会に来て下さっても両親と話させて頂かないとダメですとか、お届け時には家族全員に合せていただき本当にひとりでも反対している人がいないか家族揃って歓迎してくれるか確認します。どちらのご家庭もとても暖かな雰囲気が漂いほのぼのしておりました。みんな、幸せになってくれるでしょう。猫の方は、どんなにどんなに私達が里親さんを決めてあげたいと思ってもどうにもならず、猫たちにごめんね、お疲れさんという気持ちで連れて帰ります。いつも頑張ってくれているボランティアさんのブログを覗いてみると猫ちゃんたちが寒くないように、ホカロンを入れたり、敷く物掛ける物気遣っているのに、ちょっと動物好きな人でしょうか、「寒くてかわいそう」「よく太ってるわね」いろんな言葉が聞こえてきて、正直ムカッとくることもありますなんて書かれていました。悪気はないのでしょうが、誰よりも何とかこの子達を幸せにしてあげたいと願ってやっているボランティアさんにとっては、こんなケージに入れられて可哀そうとか、やり方がどうのとか言われると淋しいですね。何を言われても、そんな気持ちも抑えてひとつの素晴らしい出会いをこの子達に見つけてあげるために笑顔で頑張っています。
 さて、サン君に会いに来て下さった素適なご夫婦は、心を決めて下さったそうです。今日、電話で、確認致しました。これから、譲渡書等を交わし週末には、お届けに伺うことになりました。このボランティアの活動は、精神的にも肉体的にも大変きついです。けれど、不幸な命を救えた喜び、素晴らしい里親さんを探してあげられた喜び、幸せにしてあげられた喜びは何にも変えることのできない喜びです。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう

★里親会
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
サン君おめでとう。
猫さんも次回こそ見つかるようにお祈りしてます。
猫さんの場合、やさしい里親様が現れても、先住猫さんとの折り合いで涙を飲むことがあるので難しいですね。
2007/02/13(火) 20:39:35 | URL | きらり #-[ 編集]
サン君よかったです。
次は、猫ちゃんたちの番ですね。
2007/02/13(火) 11:00:55 | URL | おぐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック