FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 2-15
2007年02月16日 (金) | 編集 |
富士見公園5番ー労働会館横の捕獲実施。ここの猫の数は、5匹は確認できています。警戒心の強い猫が多いので上手くいくでしょうか。暗くなりかけた午後5時半、捕獲器3台をセットする。その後、南部公園事務所入り口の猫を自分の目で状況確認に行く。ボランティアさんと合流して再確認する。富士見公園は、道路を挟み大きく二つに分かれている。ホームレスさんのための自立支援センター側と南部公園事務所側に分かれる。自立支援センター側は、今回の5番ー労働会館横の捕獲を終えると、100匹以上いた猫は、公園内ゼロとなる。もうひと頑張りです。猫にとっても、市民にとっても、行政にとっても、野良猫ゼロは良いことのはずなのに、なぜか、南部公園事務所入り口だけは、放置状態。可哀そうに思う通りがかりの人やホームレスさんが餌を与えている。ボランティアさんさえもここではあちこちに餌の器を置き、こっそり与えている状態。5匹の猫がうろうろしている。メスもオスも発情がきている。手術をしていないオスの排尿の臭いはきつい。なぜ、今まで私達がやってきていることが受け入れられないのだろう。小さい餌箱を置けば、猫はうろうろしない。餌も散らからず掃除もできる。人目にもつかないし、捨てられることもなくなる。捕獲もできる。場所の移動も可能になる。このままでは、まもなく出産。やはり、南部公園事務所がどう考えているのか理解できない。これでは、すぐに増えて元の黙阿弥になってしまう。できたら今日にでも電話してみます。5番ー労働会館横の捕獲は、夜11時、黒白オスが入った。不妊手術は、以前に終っているが2度目のワクチンと駆虫を実施する。日が変わり、深夜の公園の冷え込みは半端じゃないなーと歯もガチガチ。一度、公園を出て路上へ。富士見公園から川崎競馬場へ向かう途中のホームレス小屋の撤去状況は、残る小屋は5軒もない。残った猫たちの餌箱は小さく2箇所に設け、貼り紙をしている。こちらも、急いで不妊手術を徹底しないと春は近い。AM3:30公園の捕獲器に今度は、茶トラが入った。捕獲した2匹の猫を一時保護場所に運び、捕獲器からケージに移し変え食事を与える。空いた捕獲器を持って再び公園へ。塀の上から黒猫と三毛が見ている。寒さ凌ぎのバスタオル、ビニールシートをしっかり掛けて捕獲器3台仕掛け中。
hokakuki.jpg

少し休んで、仕事に行く。今日は、その後、タカトリ公園の猫さん捕獲。その後、犬のサン君、里親さん宅へお届けです。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう

★里親会
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック