FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 2-18
2007年02月18日 (日) | 編集 |
AM8:00より不妊手術開始。タカトリ公園のホームレスさんが飼い猫のシロちゃんをとても心配していましたので、早く返してあげられるよう一番初めに不妊手術をしていただきました。生まれたら全部見てあげられないことをよく理解している方で、不妊手術のための捕獲には積極的に協力してくれます。シロちゃんは大事にされていて初めての人にもベッタリ甘えます。チビ黒ママは、虐待を受けたガンちゃんのママだそうです。結構なついています。まだ、虐待の犯人は、捕まっていません。恐いです。昨日、捕獲に行ったとき公園を一回りしてみました。すると農作業などで使う鋤簾のような危険な道具が鋭い刃を上に向けたまま猫の一番集まる場所の公園の端にあるのを発見しました。とりあえず、あまりに危険物なので見えない場所に移動しましたが警察に連絡します。こんなのを猫にふりおろされたらひとたまりもありません。ぞっとします。ホームレスさんにいつからあるのか聞いてみましたがはじめて見たと言います。私も何度かこの場所は見ましたがありませんでした。警察に言ってないことがあります。新聞社の人に、虐待を今まで見たことがありますかと聞かれハッと思い出したことがあります。確か、記録に残したはず。たどってみますと12月2日(土)に記してありました。

『富士見公園から移動した人から電話があり、猫が、癲癇で死にそう。苦しんで、もう3日目という。9月25日に、切断された2本の猫の足が置かれた公園だ。それまで、元気だった猫が癲癇でそれほどひどい症状?脳への強烈なダメージが考えられる。以前、富士見公園でひどい痙攣を起こした猫は、すぐにホームレスさんからの通報があったので、近くの病院へ運び一命をとりとめ、以後、里親が決まった。獣医の診断は、棒などで強打された可能性が高いというものであったが、警察は、パトロール強化に止まった。引き取った猫は、確かに痙攣があり重症、時間がたちすぎてる。ここまで、弱ってしまっては助けようがない。痙攣がおさまり、静かに楽になってほしいとボランティアと一緒に願う。呼吸は、静かになったが、助からなかった。この公園には、他の人も生活し、不妊手術をされていない猫もいる。子猫もいるという。説得して、手術もしなければならないがとても手がまわらない。周りは工場で民家は少し離れているように見える公園だが、虐待などが起きないように注意するよう伝えた。』

この癲癇と思い込んだミッキーちゃんと呼ばれていた猫も、今思えばとても不自然だ。病気っぽくなかった。毛艶がよく、体系もぽっちゃり筋肉も合った。ホームレスさんも、今までずっと元気でなんともなかったと言っていた。私の、考えすぎでなければ良いが、どうも不安は拭い去れない。臨港警察も、虐待猫ガンちゃんの入院する病院にも来たそうですし、その後、公園にも来ているということなので経過を見ていますが、結果がでないと不安です。とはいえ、この公園も20匹の猫、保護することもできませんし、注意してねと言って戻すしかありません。シロちゃんのお腹には4匹の胎児が、チビ黒ママのお腹には5匹の退治がいましたが産ませてあがることはできませんでした。もう1匹は♂でした。

富士見公園6匹中4匹は、既に不妊手術済の猫、2匹のオス猫に不妊手術を施しました。5番ー労働会館横の捕獲はこのままゼロになるまで続行する予定です。夜になり、特別今夜は寒いです。私は、不妊手術で身動きとれず、ボランティアさんたちが深夜12時過ぎまで捕獲に頑張ってくれましたが捕獲器にもケージにも入らず。お腹が空いて空いて側まで来て鳴く姿は、本当に切ないです。なぜ、ここまで捕獲器に入らないか、それは、数ヶ月前に不妊手術のため既に一度捕獲され恐い経験をしているからです。

今日の不妊手術の数は、市外センター引き出しの犬等6匹、野良猫49匹の計55匹となりました。内、摘出された胎児の数は19匹・・・   合掌

こんなことをしなくてすむよう捨て猫のない社会になってほしいと願わずにおれません。今、公園に携わりできることは、徹底した不妊手術と、捨て猫防止策としての貼り紙、猫の給食用の箱は人目に触れないように工夫して設置、そして、行政とボランティアによるしっかりとした管理で、ひとつのモデルは実現できるでしょう。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう

★里親会
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
kochi様、コメントありがとうございます。
なぜでしょう。短いコメントの中に、胸がいっぱいになるものを感じました。私は、一生、犬を猫を助け続けるでしょう。この小さな命が不幸なら、私は何に恵まれても満たされません。この小さな命が幸せなら、私は何もなくても幸せです。ひとりでも多くの人にこの現実を知って頂きたい。気づいて頂きたい。そこから何かが始まることを信じて。つたない文章ですが、ありのままを書くことで、動物たちのメッセージが、私のメッセージがどこかの誰かに届きますように。
kochi様、ありがとうございました。これからも、宜しくお願い申し上げます。
2007/02/21(水) 01:06:53 | URL | yui #-[ 編集]
いつもありがとう
いつも
ありがとうございます
小規模ながら同じような公園にいっています
とってもすすまない状態に歯がゆいですが
ここでたくさん勉強させていただいています
ありがとうございます
2007/02/20(火) 13:47:24 | URL | kochi #aEmTB4nk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック