FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 犬、猫の持ち出しOK 警戒区域の一時立ち入りで/飼い主不明猫への餌やりマナーに関する条例には反対です
2012年01月26日 (木) | 編集 |

犬、猫の持ち出しOK 警戒区域の一時立ち入りで


産経ニュース  2012.1.27 00:30
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120127/dst12012700310000-n1.htm


 環境省は26日、東京電力福島第1原発から半径20キロの警戒区域に住民が一時立ち入りする際、これまで原則禁止にしていた犬や猫の持ち出しを、29日から予定されている3巡目の一時立ち入りから認めると発表した。

 混乱を避けるため、住民による犬や猫の持ち出しは認めず、行政が保護するなどの対応をしてきた。車で立ち入り、自ら捕獲や移送、飼育ができることが条件。他人のペットや死骸の持ち出しは認めない。

 同省によると、昨年4~12月に行政は犬、猫計約630匹を保護。12月には民間団体が計約330匹を救出したが、同省はまだ数百匹はいるとみている。

 同省は民間会社に委託して実態調査も実施する予定。夜間に車のライトを照射し、光る目を探す「ライトセンサス法」や、自動撮影カメラ設置などが検討されている。


◆犬猫救済の輪主催 福島被災猫50匹の里親会   
1月28日(土)・29日(日) 13:00~17:00 雨天決行
 TNR 日本動物福祉病院内
 川崎区大島4-23-13

DSC00557.jpg

DSC00559.jpg

DSC00576.jpg

DSC00562.jpg

千葉のTNRで保護しました。過酷な環境に戻すのがつらく、里親募集にふみきりました。
ちばちゃんたちを、宜しくお願い致します。
tiba-neko.jpg
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-143444.html
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-143443.html
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-143442.html



大阪市条例問題 に関する意見

当会の支援者のおひとりが次のような意見を大阪市に提出されたそうです。
参考のため掲載します。

飼い主不明猫への餌やりマナーに関する条例には反対です

今回、大阪市で所有者不明猫への餌やりマナーを含むような条例が検討されていると聞きました。

東京都荒川区では「荒川区良好な環境の確保に関する条例」の中で以下のように記載しています。
第1条 この条例は、健康生活阻害行為の防止等について必要な事項を定めることにより、区民の良好な生活環境を確保することを目的とする。
区は、この条例の運用に当たっては、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)その他の関係法令の趣旨を十分に踏まえるものとする。(略)
 区民等は、自ら所有せず、かつ、占有しない動物にえさを与えることにより、給餌による不良状態を生じさせてはならない。(廃棄物等による不良状態の禁止)

荒川区条例制定にあたっては、区民だけではなく日本中からバッシングを受けたものの(略)可決しました。区では「餌やり自体を禁じている条例ではありません」と繰り返し述べて非難の回避に必死です。
その後、この条例は「荒川区餌やり禁止条例」としてマスコミ等で大きく報道され適正な餌やりでさえ禁じられたかのような印象を与えてしまった結果、大勢のボランティアが活動できなくなりました。ボランティアが手を引いてしまうと、不妊措置も講じられなくなり、野良猫問題の解決は遠のきます。

この様な条例がもたらす悪影響はこれだけではありません。
昨今、動物虐待特に猫への虐待や殺傷が人間に対する犯罪へ移行するパターンが多く報道されています。幼少期に身近な動物とどのように接してきたかは人間の精神形成に大きな影響を与えるといわれています。
荒川条例制定直後、野良猫に餌を与えている老婆に向かって小学生達が罵倒したという記事が新聞報道されていました。お腹を空かせ、夏の暑さ冬の寒さの中、外暮らしを余儀なくされている野良猫に、食べ物を分け与えようという感情は人間として自然で貴いものです。部分的な規制であってもいったん「餌やり禁止条例」として広まれば、子供たちは「餌やりはいけないこと、犯罪」ととらえてしまいます。この様な社会では子供達は弱い者への思いやりを育むことはできません。
勿論、餌をやる際のマナーを教えることも大事な教育ですが、条例で云々することではありません。条例になった場合のマイナス面の方がはるかに大きいとと言えます。餌やりに起因する問題があればあくまで地域ごとに区役所主導で啓蒙、指導していくべきだと考えます。

大阪市は『罰則付きの餌やり禁止条例』は考えていないと一部伝える情報がありましたが、どんな形にせよ、たとえ餌やりマナーのような条例でも、制定すれば「餌やり禁止条例」として独り歩きしますので注意が必要だと思います。
これらのことから、餌やりについてのマナー条例の様なものの制定には反対です。よろしくお願いいたします。






拡散希望
川崎市動物愛護センター、セッター他、相次いで老犬が収容され救いの手を待っています。
引取り可能な方、ご検討お願いいたします。問合せは、直接、川崎市動物愛護センターへお電話で。
セッター オス 推定12才他
http://www.city.kawasaki.jp/35/35dobutu/home/index/index.html
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237



特定非営利活動法人 横浜アニマルファミリー 
☆福島警戒区域 保護猫情報☆


12/21~12/27迄、警戒区域内での保護活動で保護した69頭の猫の写真と情報を一覧にしています。
(富岡町・大熊町・双葉町・浪江町)
保護猫一覧は、こちらをクリックして下さい

yokohamaanimaru.png

飼い主様のもとに戻れますようバナーリンクのご協力をお願いいたします




お知らせ
渡辺綾美ピアノ名曲コンサート
東日本大震災被災動物チャリティコンサート

日時2012年2月10日(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:松戸・森のホール21(小ホール)

image15.jpg
http://ayami-pf.com/concerts.html

渡辺 綾美さんに応援コメントよろしく!
http://pianogarden.cocolog-nifty.com/piano/




<重要連絡、飼い主さん必見>
警戒区域ペットの保護救出方法


警戒区域ペット救出方法.pdf

飼い主さんへ・・・ペットの給餌や救出に関するご相談は
相双福祉事務所 電話番号 0244-26-1351 
            担当直通 0244-26-1339 



次回の福島被災地での給餌用として、1月27日まで必着にて猫用ドライフードのご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。メーカー問わず。
◆支援物資のお願い <川崎 現在不足品です>
・猫トイレ用紙砂またはおからの砂(尿の色が確認できるなるべく白っぽいもの希望。保護数が多くなり大量に必要としています。)
・成猫缶詰種類問わず ・レトルトパウチ種類問わず ・a/d缶
・猫用毛布(洗濯してあれば古いもので十分です)
・消耗品  (ポリ袋45L 70L 90L あまり薄くない物)

受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
◆不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!犬猫救済の輪では各団体様とも協力して警戒区域内特に完全閉鎖が心配される原発付近の動物を救出しています。保護場所は現在、、福島ペットホテル、川崎TNR日本動物福祉病院、川崎仮設シェルターで繋いでいますが、まだまだ取り残されている多数の命を救出するためには、どうしても活動拠点としている川崎の近くに一戸建て中古物件を確保しなければならず、多忙な中、物件探しをしています。
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設にご支援お願い申し上げます。!


振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例ー被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(ヒサイ)とご記入下さい。


犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、小さな力ですが、
東北関東大地震による被災動物に手を差し伸べたいと思います。 

110308_093805_20110324015518.jpg

※署名にご協力ください!
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110702.html
世界に発進!福島県原発20キロ圏内 餓死していく動物を見殺しにしないで
原発区域の動物の命を助け出そうとする飼い主やアニマルレスキューチームが救出に行くことを認めてもらえるよう、日本政府に許可を求める署名を集めています。




被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●消えていく命 ●ココニャン一家の縁結び
  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター
富士見公園シェルターボラ石猫さんブログ●「猫トモへの道」


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


「TNRってなあに?」  Trap (捕獲し) Neuter(不妊手術を施し) Return(元の場所へ戻す)

1kanban1.jpg

TNR日本動物福祉病院 獣医師募集(週1日以上)

お問い合わせは メールフォーム にて


logo41.gif
不幸な犬猫達に、愛の手を差し伸べていただけるボランティアさんを募集しています。宜しくお願い致します。




 

スポンサーサイト