FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 福島県に要望書
2012年02月29日 (水) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。
o0350026311320954821.jpg
保護された猫達のお世話をする手があれば、凍てつく寒さの中からまた何頭かでも助け出せます。生かすために、あなたの手をお貸しください。川崎までお手伝いに来ていただけます方、ボランティアさん大募集!!
お問い合わせは メールフォームにて 


マツケンさんのブログより
What is Love?  愛って何?

3月4日(sun) pm5start  チャリティーオークション

http://ameblo.jp/fedorbonpileo/day-20120227.html




o0450033811742904684.jpg

☆犬猫救済の輪主催 福島被災猫の里親会 雨天決行 
★3月3日(土)13:00~17:00
 川崎市川崎区大島4-23-13 
 TNR日本動物福祉病院内

●里親会参加の犬ご紹介

★3月4日(日)12:00~17:00
ペットスマイル 蒲田店店頭
東京都大田区西蒲田7-66-12
蒲田西口1分 サンロード商店街 

★福島県郡山にて被災動物犬猫里親会

中川こうじ写真展(中川さんもおいでになります)
日時:3月10日 (土)12時~19時
   3月11日 (日)10時~19時



応援しています!!
あなたも、死の崖っぷちに追い詰められている警戒区域の牛たちの命を救うため応援しませんか。


ときぶーの時間様
http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo/d/20120227

東邦銀行 安積支店  普通644994  名義 がんばる福島 

YatteYaruのブログ様
http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/


野良猫基金 代表 杉本 等様より、福島県知事と福島県生活衛生課に、要望書が出されました。
何度も声をあげてきましたが、国や県の対応は絶望しそうになるようなもでした。
それでも、残された命がある限り、できる限りのことをし続けるしかありません。
諦めずに、今もう一度、訴えましょう。私もやります。
             



  要 望 書      平成24年2月28日  
                   野良猫基金
                   代表 杉本 等
          

 福島原発事故警戒区域内に取り残されている犬猫の救済について

前略、昨年3月11日に発生した大災害にあたり、福島県職員様におかれましては大変なご苦労をされていることと存じ上げ、心からお見舞い申し上げます。

以下、警戒区域内に取り残されている犬猫等ペットの保護についていくつか要望を申し上げます。なにとぞ早急にご検討下さるようお願いいたします。

1)昨日NHK等で福島警戒区域内に取り残されているペットの自治体職員による保護活動が3月に行われるとの報道がありました。大変ありがたく存じますが、数百匹取り残されているとのNHKの報道とは違い、実際には千単位の命が取り残されております。
到底、職員の方々だけでは遂行できないことは明らかであり、協力を惜しまない民間のマンパワーを有効に利用していただきますようお願い申し上げます。
昨年末に許可済みのNPO団体に再度、警戒区域内で活動していただくよう、環境省にもお声かけいただき民間による保護活動の再開を早急にお願いいたします。

2)保護活動は、本来は道義的に原発事故を起こした東京電力が行うべきであると考えます。今後の保護活動においては、東京電力も関与すべきであり、特にシェルター運営費などの必要経費を負担すべきであると考えます。この旨を原発事故被害県である福島県として、東京電力に強く求めていただく必要があると思います。

3)2)の費用負担について東電側で決裁に時間がかかるようであれば、警戒区域内に入ることができる東電及び東電関係者に取り残されている犬猫等の保護、給餌等の一端を担うよう福島県として依頼していただけますようお願いいたします。
ちなみに、警戒区域内に住居があった東電社員家族が避難の折にやむを得ず放置した犬達を民間団体が救出・保護し返還しているという事実にも配慮をいただきたいと思います。
住民が帰宅できるまで給餌給水ポイントを決めてフードと水を補給すること、保護救出出来る個体は連れ出し保健所に届けること等、東電としては比較的容易な作業です。国に問い合わせるまでもなく、福島県として東電と早急に折衝していただきたく強く要望致します。3)を最優先要望事項としてお願いいたします。

以上の要望にどのように対処されるか、福島県の見解を早急にご連絡下さい。


犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。 
110308_093805_20110324015518.jpg

◆支援物資のお願い 
・猫トイレ用紙砂またはおからの砂(尿の色が確認できるなるべく白っぽいもの希望。保護数が多くなり大量に必要としています。)
・成猫缶詰種類問わず ・レトルトパウチ種類問わず
 
・モンプチテリーヌ缶(歯のない子たちに、食べやすいので好評です)
・シーバ各種(嗜好性が良いので元気のない子用に使用します)
受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設2012年夏の実現を目指します。ご支援お願い申し上げます。

目標額5,000,000円 現在2,547,508円
ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
sie1.jpg

振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルタ ・ 例 被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ)とご記入下さい。



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●消えていく命 ●ココニャン一家の縁結び
  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター
富士見公園シェルターボラ石猫さんブログ
●「猫トモへの道」
一時預かりボランティア サエさんのブログ●「サエの縁結び」


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


1kanban1.jpg

TNR日本動物福祉病院 獣医師募集(週1日以上)
お問い合わせは メールフォーム にて




スポンサーサイト