FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 命に、人道的な対応を
2012年03月07日 (水) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

o0450033811742904684.jpg


☆犬猫救済の輪主催 福島被災動物の里親会 雨天決行 
 

★3月10日(土)・11日(日)13:00~17:00
 川崎市川崎区大島4-23-13 
 TNR日本動物福祉病院内
(川崎は猫多数参加、ワンちゃんはジュニ君とフレブルのクロ君が参加します。)
 
★3月10日(土)12時~19時
★3月11日(日)10時~19時
福島県郡山にて被災動物犬猫里親会
&中川こうじ写真展(中川さんもおいでになります)

郡山市大町1-2-23 まざっせKORIYAMA
(福島は猫多数、子犬も参加します。後日お届け)

mazessekooriyama.gif
f54c56f9.jpg


~原発事故被害ペット飼い主の会~
http://ameblo.jp/genpatupet-kainusinokai/entry-11181158108.html


応援しています!!
あなたも、死の崖っぷちに追い詰められている警戒区域の牛たちの命を救うため応援しませんか。


ときぶーの時間様
http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo
東邦銀行 安積支店  普通644994  名義 がんばる福島 

YatteYaruのブログ様
http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/
拡散希望】米ぬかを、がりがりの牛のために、救済活動する個人・団体へ送付を
http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11164255326.html



http://www.takamura-tsutomu.com/archives/1551532.html
高邑勉議員HPより
2012年03月06日

委員会質問への回答・・・アーカイブにアップされました
昨日の質問では、「提案型」を心がけました。

特に、警戒区域の動物保護について。農水省のみならず、環境省にも提案させて頂きました。
言いたいことは山ほどあっても、ぐっと堪えながら、政府の対応を全否定したり批判ばかりをするのではなく、制約された条件の中でのこれまでの対応に一定の評価を与えつつも、足らざるを補うための提案をさせて頂いたつもりです。

中野政務官から、「安楽死だけではなく、前向きな選択を話してみる・・・すべてが安楽死ということではなく、時間をもらって研究させて頂きたい」と答弁を頂きました。また、楢葉町の柵囲いの過酷な状況にも、「かわいそうにならないように気を付ける」旨の答弁を得ましたので、さっそく、農水省に改善を促しました。

質問の中で取り上げさせていただいた、東北大学の佐藤教授から連絡をいただき、近々、関係者でこれからの打ち合わせを行うことになりました。このまま放置せず、知恵を出し合って、何とか「回答」を導き出したいと思います。

質疑の模様は、衆議院のホームページからご覧ください。


http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=TD



石破茂先生へ、お願いのメールを送りました。

牛たちの悲惨な状況に何とかできることはないかと考えています。
国会議員の石破茂先生が国会で涙ながらに警戒区域内の動物救済を訴えていらっしゃった事は皆様の記憶にも新しいことと思います。
石破先生は牛たちの写真をご覧になり、国会で訴えられました。
当会でも、牛たちを苦しめない施策をお願いしたいと思います。
皆様も石破先生の御活動を応援し、牛たちのことをお願いしてみませんか。
石破茂先生へのメールはこちらから簡単に送れました。
      ↓
http://ishiba.com/modules/inquiry/


当会から石破先生へのメール
前略、警戒区域内の主にペット救済のために活動しているTNR日本動物福祉病院、犬猫救済の輪の代表の結昭子(ゆい)と申します。警戒区域内の牛たちの過酷な現状を見聞しました。
柵の中に餌でおびき寄せられ、母牛子牛共に雪の畑で吹きさらしにされておりました。地面はぬかりどぶに足が埋まっています。給餌給水も行っているとの産業課の説明でしたがその形跡は見えないほどに、人道的な扱いとは思えませんでした。
この牛たちの姿に心を痛めている福島県民の皆様の声、国民の声に政府が答えて下さるよう、先生のお力におすがりしたいと存じます。
私達人間に肉や乳を提供するために生を受けた家畜であるからこそ、生きている間、人間として感謝と敬意を示さなければならないと思います。
そして、生かす道があるならば、生かすことを最優先としていただきたいと思います。
震災時だからと言って、苦しめるような扱いをすべきではなく、今こそ、家畜の福祉を国民全体で守ることこそ、再生日本を担う子供たちへの「命の教育」であると思います。
なにとぞ、牛たちの苦境をお救いくださるようお願い申し上げます。いわき家畜保健所、そして農水省にお声かけいただけましたら幸いでございます。



◆支援物資のお願い 
猫砂が沢山届いておりました。本当にありがとうございます。

川崎 保護猫数現在150頭 必需品が不足しています。
・猫トイレ用紙砂またはおからの砂(尿の色が確認できるなるべく白っぽいもの希望。保護数が多くなり大量に必要としています。)
・子猫用ワンラックキャットミルク
・a/d缶
・成猫缶詰種類問わず ・レトルトパウチ種類問わず 
・保護猫用おやつ(ホシカマ・かつお節・にぼし)
・食器用洗剤・箱ティッシュ・トイレットペーパー
・中古厚地カーテン(長さ180㎝位・半間用または一間用)不要なものがございましたらお譲り下さい。シェルター使用後、里親会ケージカバーなどに使います。レースカーテンは不要です。
受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設2012年夏の実現を目指します。ご支援お願い申し上げます。

目標額5,000,000円 現在2,799,508円
ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
sie1.jpg

振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルタ ・ 例 被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ)とご記入下さい。



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●消えていく命 ●ココニャン一家の縁結び
  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター
富士見公園シェルターボラ石猫さんブログ
●「猫トモへの道」
一時預かりボランティア サエさんのブログ●「サエの縁結び」


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


1kanban1.jpg

TNR日本動物福祉病院 獣医師募集(週1日以上)
お問い合わせは メールフォーム にて




スポンサーサイト