FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ぎんちゃん2号永眠(犬猫救済の輪 )/ジャパンケンネルの永村氏の発言に山崎委員が補足説明
2012年03月16日 (金) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

o0450033811742904684.jpg

☆犬猫救済の輪主催 被災動物犬猫里親会 雨天決行  
★3月20日(火)13:00~17:00
 川崎市川崎区大島4-23-13 
 TNR日本動物福祉病院内

参加犬猫一部ご紹介
http://ameblo.jp/kenko323/entry-11172360956.html
wan.png


1kanban1.jpg

TNR日本動物福祉病院 獣医師募集(週1日以上)
お問い合わせは メールフォーム にて

o0350026311320954821.jpg
保護された猫達のお世話をする手があれば、凍てつく寒さの中からまた何頭かでも助け出せます。生かすために、あなたの手をお貸しください。川崎までお手伝いに来ていただけます方、ボランティアさん大募集!!
お問い合わせは メールフォームにて 


3月16日(金) 調布 
にゃんだーガードさんのサポーター 倫仔さんライブのお知らせ

http://porkporkpork.blog120.fc2.com/blog-entry-1378.html

3月9日 ぎんちゃん 永眠 (犬猫救済の輪)

http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/P59.22-01gin.html

早朝に、ぎんちゃんが亡くなりました。
急死でした。

いつも朝方まで起きている私は、パソコンに向かっていました。
突然、ゲッ、ゲッ、と   だれか吐いてる。
それが3回続いて、  だれ、どうした、探してみるとぎんちゃん、ベッドの下にいました。

吐いた液体に少し血が混じっていました。
毛玉を吐いたりした時と違うのは、呼吸がすごく早くて、それからもう動けませんでした。
タオルケットで包むようにしてケージに移動しましたが、それから間もなく息を引き取ってしまいました。

なんでなの、わかりません。

2月21日に撮った写真、
DSC01035.jpg

特別に怖がりだったぎんちゃんが最近になって足元まで来てくれるようになってそれが嬉しくて、ぎんちゃんが側に来るのが楽しみだった。逃げないで食べている姿を見て喜んでいたのに、あまりに突然逝ってしまった。
もっと仲良くなりたかったのに。最後に抱かせてもらいました。

10日から福島で9日の夜には出発しなくてはならなかったから、留守の間にぎんちゃんが苦しむようなことにならなくてみとどけてあげられました。でも、やっぱり、やってあげられなかったことが多すぎて悔いが残ります。
ごめんね。ぎんちゃん。

私の手元にいる子たち、シェルターにいる子たち、それぞれ十分ではないけれど、シェルターの子たちの方がボランティアさん達が一生懸命手をかけてくれるからなつくのが早いです。その分、猫の短い一生楽しく過ごせる時間が多くなります。
ですから私の手元には病気の子が殆どなのですが、なついていない子は、シェルターでボランティアさんたちに手をかけてもらえるようにしなくてはと改めて思いました。
その為にも、1日も早くシェルター新設をと思います。新しいシェルターができたら、ぎんちゃんも一緒に楽しく暮らせたのに、ずっと考えていたけど実現できなかった。間に合わなかった。本当にごめんね。ぎんちゃん。

ぎんちゃんのフォスターペアレント様は、富士見公園シェルターのぎんちゃんを里親に迎えて下さった方です。
そしてよく似たぎんちゃん2号のフォスターペアレントにもなって下さいました。
今年の初めに、健やかに変りなく過ごしてくれるようにとご支援いただきましたのに、ぎんちゃん長生きさせてあげられず、申し訳ございませんでした。
お世話になりましてありがとうございました。



ジャパンケンネルの永村氏の発言に山崎委員が補足説明

議事録を全部読んでみると、ジャパンケンネルの永村氏の発言を受けて山崎委員が補足説明をしてます。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-22a.html
確かに山崎委員の言うように英国のRSPCAでは銃による安楽死はありますが、永村氏が想定しているような健康であるにも関わらず同行避難できないペットや家畜を対象としたものではありません。
「治る見込みがなくかつ、苦痛が非常に大きく、生かし続けておくことは虐待になるような状態であるときに限って安楽死が行われますが、日本のように苦痛を伴う方法なのに安楽死と言ったり、治る見込みがあるのに簡単に殺したりはしません。」元R.S.P.C.A(英国王立動物虐待防止協会)査察官のトニー・クリッテンデン氏の講演より
http://annesdiary.blog50.fc2.com/blog-entry-277.html

議事録
【永村委員】 さっき、私が申し上げたことは、やや誤解を招くかもしれませんけれども、私が申し上げたかったのは、例えば豚とか牛とか、いわゆる同行避難にはとてもなじまない大きな家畜がたくさんいるわけですね。こういう家畜については、およそ近い将来、救済できないという判断がその場でできれば、直ちに安楽死として銃殺を是非させてほしい。保定をして毒物で殺すなんていうのは、大変な労力と時間がかかるわけですから、ペットでも、とても今、人間と同行避難ができないというときは、何らかの特殊な人に銃を持たせて、どんどんどんどん銃殺をしていくと、安楽死という意味で。
そういうことを法律に盛り込むのであれば、災害時には、今回のような場合でも非常に有効だと思います。もちろん、それが動物愛護にかなうという理解が得られた上でということであります。そういうことです。
【林委員長】 動物愛護管理法は、かなり理念的な面が強いので、今、永村委員がおっしゃったようなことが、もっと下位のレベルでできるようなためにも、何か災害対応、つまり災害についての条文をきちっと入れておくべきだと、こういう意見になるのだろうと思うのですね。
 山委員、どうぞ。
【山委員】 今の永村委員がおっしゃったことの誤解がないように、私の方からもちょっと加えたいと思うのですが。
これが可能になる一つの礎というのが、安楽死方法に関する、きちっとした何かドキュメントをつくるということですよね、獣医師会が。
実際問題として、ボルトガンや小銃を使うという安楽死に関しては例えば英国のRSPCAのインスペクターなども、きちっと一つの選択肢として持っております。しっかりした金庫のようなものを車に積んで、銃を持って歩いております。

ですから、これは決して動物を軽視しているということではなくて、安楽死とは、そもそも何かという礎があった上で、今、永村委員がおっしゃったようなことというのは、我々が考えなければいけないことだと思います。


犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。 
110308_093805_20110324015518.jpg
◆支援物資のお願い 
・中型犬子犬用ドライフード少々(ユカヌバ・ヒルズ等)
・中型犬子犬用缶詰少々(種類問わず等)
・成猫用ドライフード 種類問わず
・保護猫用おやつ(焼きカツオ)
・中古フェイスタオル(リサイクルに心がけています。緊急以外リサイクル品で)
・アイリスオオヤマ 大ケージ(二段または三段)
・ペットシーツワイドサイズ
・ハイター塩素系少々(消毒用に使用)
・首輪(小型犬用・中型犬用)
受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設2012年夏の実現を目指します。ご支援お願い申し上げます。

目標額5,000,000円 現在3,178,508円
ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
sie1.jpg

振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルタ ・ 例 被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ)とご記入下さい。



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●消えていく命 ●ココニャン一家の縁結び
  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター
富士見公園シェルターボラ石猫さんブログ
●「猫トモへの道」
一時預かりボランティア サエさんのブログ●「サエの縁結び」


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




スポンサーサイト