FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 本日、里親会
2007年03月04日 (日) | 編集 |
本日、富士見公園シェルターの猫達の、里親会を実施しました。駅前の広場に車を止めて台車で猫達を会場に運んでいる間に、えっ!駐車違反!貼られちゃいましたー。ショックですー。と落ち込んでいられない。気をとりなおして、猫達も頑張ってるんだから、こちらも頑張ってあげなくちゃと気合いを入れるのですが・・・。どうにも、成猫にはお声がかからず、だんだんと気持ちが沈んできます。なんとも、まざまざとこうした現実に直面しながも、それでも、1匹でもと願い、回を重ねています。里親会に臨むボランティアさん達の気持ちは、それぞれに言葉に出さなくてもわかります。今日の里親会の結果は、キジトラの「コンちゃん」1匹が決まりました。富士見公園4番ー自立支援センター前でホームレスさんに飼われていたオスの猫です。決まったことは喜ぶべきことですが、里親さんになって下さった方は、マイケル君の里親さんだったご夫婦です。マイケル君を病気で亡くし、残ったメリーちゃんが仲良くできる子をとおっしゃって、マイケル君、メリーちゃんが居た同じ場所で保護された「コンちゃん」を新たに里親に迎えてくださることになりました。

昨日、暗くなる頃に、犬のテツ君の飼い主だったホームレスさんが、すみませんでしたと挨拶に来ました。3ヶ月間、警察のお世話になっていたそうです。体が悪いらしく随分痩せていました。テツは、飛び跳ねてそれはそれはすごい喜びようです。でも、生活が安定しない状況でテツは返せません。まだ、富士見公園が改修工事の話しが出る前のことでしたが、テツのいた辺りでホームレスさんが飼っていた犬の殆どを飼い主を説得して引き取った時がありました。テツの飼い主は、まだ、若く仕事もしていて犬への愛情は持っていました。こちらから見て、ちょっと話し下手といいますか、人とのコミュニケーションを上手にはかれない損するタイプかなと感じました。テツの飼い方は好ましいものではありませんでしたが、飼い主本人は、テツを一生みる気はその時も今も変わらずのようです。テツの喜びよう、飼い主を待つ犬の忠実な心、こんなヤツと言いたいような飼い主でも帰り際の目には涙で、3日間考えさせて欲しいと・・・。一時の感情に流される訳にはいかない。テツの一生もまた、関わった人間によって決まる。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう

★里親会
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』

宮城県東松島市ー動物たちと人間が共存できる社会づくりを目指します
市が動物愛護に関する公式見解を示す
http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/special/070201/doubutu_aigo.html


またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム
アークエンジェルズ日誌
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
とらきち様
はじめまして、人間も生まれた環境や育った環境が恵まれなかったりすると、世間一般の暮らしから一寸外れてしまうこともあると思います。でも、大人になりますと、なかなか同情もしてもらえませんし、世の中、そんな甘くないってことになります。私も、そうした方達に思うこともありますが、自分でどうすることもできない更に弱い立場の動物たちを助けることで精一杯です。人間は、動物たちに比べたら恵まれています。ですから、人は、強い気持ちを持って自立してほしいと本心願っています。犬は特に、飼い主に対する忠誠心はすごいです。人間よりずっと生き物らしい豊かな感情をもっていると思います。犬を見ると嬉しさも悲しさもその表情で人目でわかります。ですから、どんな理由があろうと人間の都合で犬を裏切ってはいけない、悲しい思い、淋しい思い、辛い思いをさせてはいけないと思います。テツを幸せにしてあげたいです。でも、テツは、飼い主を忘れはしないでしょう。
とらきちさん、ありがとうございました。
2007/03/06(火) 04:02:19 | URL | yui #-[ 編集]
きらり様
ブログには、沢山の猫達の名前が出てきて現場を見ていない方にはわかりづらいでしょう。なのに、マイケル君の経過を覚えていて下さってありがとうございます。年賀状の写真にも登場した元気で人懐こかったマイケル君、せっかくつかんだ幸せだったのに、これからずーっと続くはずの幸せだったのに、あまりに短すぎました。マイケル君の仲間、一生懸命、良い里親さんを見つけてあげなくては。ありがとうございました。
2007/03/06(火) 03:44:36 | URL | yui #-[ 編集]
はじめまして。

飼い主に会えて喜ぶテツくんの気持ちを思うと涙が出ます。
動物にとって、飼い主の存在とはそれほど大きなものなんですね。
良い飼い方ではなかったとはいえ、自己都合で犬や猫を手放す人が多い中で、テツくんの飼い主は気持ちだけは温かい人なんだなあと感じました。

でも気持ちだけでは、動物を幸せにはできない現実もあります。テツくんの幸せが一番大切なんですよね。
2007/03/05(月) 21:23:50 | URL | とらきち #-[ 編集]
マイケル君、せっかくやさしい里親様にめぐりあえて、もっともっと生きていたかったはずです。老齢なら仕方がないけど、まだ1.2歳の若い猫さんなのに、くやしいです。やはり外での暮らしは人間が考える以上に過酷なんでしょうね。今度生まれ変わるときは家猫さんか、人間に生まれ変わっておいで。今生で苦労したんだから来世で優先的に幸せになれるはずだもん。マイケル君のしあわせは「コンちゃん」が引き継いでくれるから安心して生まれ変わっておいで。
2007/03/05(月) 20:55:24 | URL | きらり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック