FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 福島警戒区域内保護給餌活動/千葉県個人ボラさんTNRにご支援を!
2012年07月02日 (月) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

o0450033811742904684.jpg


犬猫救済の輪主催次回犬猫里親会

★7月07日(土) 川崎駅東口川崎銀柳街
市役所通りより入口 ロぺステーション前

★7月08日(日) 川崎駅東口川崎銀柳街
新川橋通りより入口 堀口薬局前

時間 12:00~16:00 雨天決行 

☆里親会 今後の日程 

動物愛護センターより引取りの子猫30匹参加
福島被災地保護、飼い主さんが避難先で引取れない成猫達多数参加   
子猫の譲渡は、川崎区・幸区・中原区・鶴見区・大田区・(港北区・品川区の一部)在住で在宅の方、他条件を満たす方に限ります。(エーズキャリア等の猫の里親をご検討頂けます方は、お声をかけて下さい。アドバイスさせて頂きます。)

里親会参加の猫達の写真一部ご紹介
子猫&被災猫多数・犬はサクラちゃんが参加

112014687467.jpg
これから、春生まれた子猫たちが生後二か月を迎え、譲渡対象になる数がピークになります。
被災地の子猫も少しでも保護してあげたいと思っております。
猫を飼える環境にあられます方はどうか里親になることをご検討下さい。
7月は一層、里親会を活発に行います。私達ボランティアもとても体力的にもきついです。
7月の里親会予定をご確認いただき一日でもお手伝いが可能な方は是非お手伝いに来て下さい。

ボランティアお問い合わせは メールフォーム にて


福島警戒区域内保護給餌活動
放浪犬も何頭も見かけました
行動されているボランティアさん達


いつも皆様に被災地用支援物資を送っていただいている福島県の玉川ペット霊園。
警戒区域から車で1時間50分。
夜のうちに翌日用の支援物資1、5トンを車に満載します。

DSC01222.jpg


DSC01218.jpg


DSC01213.jpg

警戒区域内は、どこも水がありません。雨水が空いた容器などにわずかでも溜まってくれているかどうかだけです。
ポリタンクで出来る限り持ち込みます。それでも足りませんので、それぞれの給餌ポイントに置いてあるドロドロに汚れた水入れ用のボールを古いタオルで拭き取って3分の1位きれいな飲み水を入れて、あとはまた庭などに置き命を繋ぐ雨水が溜まってくれるようにしておくしかありません。

車で走ると道路の脇に水用のボールが置いてある場所が時々あります。
ここに、猫がいます。命があります。という目印と理解します。
車を止めて、給餌場所があれば餌を追加したり場所を工夫して置くようにします。
以前に飼い主さんかボランティアさんが与えてくれたと思われるフードの空き袋が目に付けば、猫がいたことは明らかで、空き袋を片付け新しいフードを置きます。

住民の方の許可がとれれば良いのですが、どこに避難されているのかもわかりませんし、役場に聞いて教えてもらえる訳もなくとにかく通常の地域での活動とは全く違う別世界ですので、すべて活動される方の判断と自己責任で行うしかありません。
その沢山の重圧を背負いながらも今もなお活動して下さっている方々に私は深く感謝しています。

ある場所で給餌活動をしていたところへ、車が止まりました。
ドキッ! 警察が来たかと、
 
すると、車体に、 「動物救護 ニャンダ-ガード」
あー、びっくりした。

そこは、当会でずっと給餌を続けてきた場所ですが、時々、自動給餌器にフードが追加されていたので誰かが気付いてやって下さっているのはわかっていたのですが、そうだったんですね。ありがとう。
聞けば県外から来て下さっているボランティアさん達だそうです。

今回の一番の目的は、母子犬の保護だそうです。
今、警戒区域に取り残されている犬の保護は本当に難しいですね。
当会も、放浪犬を数頭見かけましたが、逃げていきます。時間をかけなくては保護は無理です。


被毛は毛玉になったり、抜け落ちて皮膚病であったリ、その姿が過酷すぎる状況を訴えています。
ポメラニアンが混ざったような小さ目の、逃げていこうとする犬に急いで車の窓を開け、猫用の焼きカツオを沢山投げました。
1279.jpg


お腹が空きすぎている犬は、振り返り戻ってきて、
1290.jpg


食べました。
1284.jpg




「食べてね、焼きカツオ」



今回の活動で、圏内他の町でもこの 「動物救護 ニャンダ-ガード」が走っているのを見かけました。
広い範囲を駆け回って下さっているのですね。
改めて私たちも、頑張らなくちゃと。




千葉県、個人での野良猫のTNR活動
小さな協力も集まれば、動物たちの不幸をなくし尊い命を救います。


個人で大きなご負担をされてもまだTNRが必要な野良猫がいます。
不妊手術を早くすることで野良猫が増えないようにしたい!
一度だけのご支援でもとても助かるそうです。宜しくお願い申し上げます。

千葉 ふえ続ける不幸な命を たすけて!

http://blog.goo.ne.jp/funabasinoneko/e/c2c8d42f693aa9ae220a6ed52e0a446a

http://blog.goo.ne.jp/funabasinoneko/d/20120628

http://blog.goo.ne.jp/funabasinoneko/d/20120630







拡散希望!!行方注目!!
横浜市動物愛護センターにおける野良猫への無料不妊去勢措置提供の必要性について(提言)



飯舘村の放浪犬。一斉捕獲&飼い主さん不明の子は処分へ
被災地動物情報のブログ様より
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11287651775.html

これ以上、動物達が犠牲にならないよう救済のためのご協力を!


犬猫救済の輪では、私たちと共に被災地で活動できる方を募集しています。
給餌や捕獲保護に慣れている方、車が出せる方、 メールフォーム 
よりお声をかけてください。

犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
110308_093805_20110324015518.jpg

◆支援物資のお願い 川崎
・塩素系ハイター(消毒用に用います)・洗濯用粉石鹸または液体洗剤
・猫用ドライフード(被災地で沢山使うため現在主食がゼロです。種類問わず)

・マタタビ粉末ボトル入り(被災地で使用)
・猫用缶詰・レトルト(種類問わず)
・猫用おやつ(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・子猫の数がピークの時期に入りました。子猫用缶詰 ・カルカンレトルト・カルカンまぐろゼリーカップ等のウエットフード
・子猫用ドライフード(ロイヤルカナンベビーキャットまたはキトン)
※只今、センター収容の犬猫の命を繋ぐため、子猫用フード等の一部をセンターにお届けさせて頂きますことをご了承ください。ご協力宜しくお願い申し上げます。

受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設、2012年夏の実現を目指します。


5月31日、無事に新シェルター物件の本契約が完了いたしました。
お世話になっております皆様にご報告とお礼を申し上げます。


本契約成立までに必要な資金は3000万円、オープンまでの内装工事等が300万円と想定いたしております。シェルター設立基金は、実現後はシェルター運営のためのシェルター基金として続けてまいります。まずは、シェルターの実現、その後は沢山の動物達がそこに保護され命が守られていきますように今後とも皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。心からの感謝の気持ちを込めて、お礼とご報告をさせて頂きました。        2012.5.31 犬猫救済の輪 結 昭子

ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
 ◆現在 6,784,581円
sie1.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




※7月中旬より新シェルター稼動の予定です。第1段階で50頭の猫が入所予定です。沢山の猫達が快適に過ごせるようあなたの手をお貸しいただけませんか。
※TNR日本動物福祉病院の保護室には、30~50頭の動物が保護されています。子猫の保護が増え、7月は保護数もピーク、里親会活動も年間を通してピークになります。人手が必要です。猫たちのお世話に来て下さいませんか。

保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!
 

o0350026311320954821.jpg

お問い合わせは メールフォーム にて



1kanban1.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師募集(週1日以上)
お問い合わせは メールフォーム にて






スポンサーサイト