FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 新シェルター内装工事完了、稼働します /金沢「人と猫の共生を目指すシンポジウム」のご報告とレジュメ
2012年07月27日 (金) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

o0450033811742904684.jpg

★次回犬猫里親会

7月29日(日)13:00~17:00 雨天決行 
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内


参加猫一部紹介
イシネコさんのブログ「猫トモへの道」より
http://ameblo.jp/kenko323/entry-11258045112.html

預かりボランティア「猫伴生活」さんのブログ
http://catdog.blog.shinobi.jp/Entry/897/
DCF8836.jpg

sabi3.jpg




ネコトモノカイ様
dekirukotowo.jpg



1kanban1.jpg

獣医師募集 (アルバイト・パートも可)
  お問い合わせは メールフォーム にて



o0350026311320954821.jpg
新シェルターオープン!!
保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!
 

お問い合わせは メールフォーム にて


支援物資ありがとうございます。
AS様 MS様 ST様 TK様 ST様 TS様 FA様 YK様 KY様 HY様 TH様 MF様 TK様 MS様 YF様 YI様 AS様 YK様 MM様 HK様 KT様 TK様 HE様 KY様 RT様 MY様 YO様 KY様 MT様 HO様 SS様 YK様 TH様 SK様 YI様 MY様 ST様 YF様 YI様 MI様 SS様YI様 MT様 KS様 EH様 YI様 KF様 AY様 久山獣医科病院様 SN様 IY様 YN様 IT様KY様 AI様 SS様 JN様 ベルネッツご発送の方 他ショップよりご発送くださいました皆様 大変ありがとうございました。
また、長きに渡りまして支援物資をお送り下さっている方々には、一度のご挨拶も致せずにおりますこと心よりお詫び申し上げます。


被災地は、活動される方の人数も減り残された動物達は厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現実です。
犬猫救済の輪におきましては、お陰様で新シェルターの内装工事が7月29日で一旦完了いたします。
いよいよ保護猫の施設として稼働致します。
ご支援者様、ボランティアさん、多くの皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちを一頭でも多く救出してまいります。
引き続き殺処分ゼロを目指し、動物愛護センターとも連携し収容動物の引き出し譲渡にも力を注ぎます。
新シェルターの運営が始まります。
多くの命を救い維持していくため、皆様には一層のご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。
                 7月27日  犬猫救済の輪 結 昭子




THEペット法塾様より
http://thepetlaw.web.fc2.com/
金沢「人と猫の共生を目指すシンポジウム」のご報告とレジュメ


                                      2012年7月10日
                                  THEペット法塾代表
                                   弁護士  植 田 勝 博

  平成24年7月8日、下記集会、シンポジウムが開催されました。
   名 称:絆-殺処分0を目指して!-
       人と猫の共生を目指すシンポジウム 2012 in いしかわ
   主 催:NPO法人猫の避妊と去勢の会

 山野之義金沢市長の挨拶がされ、その中で平成18年が犬引取数66匹、内譲渡21匹、殺処分46匹。猫引取数636匹、内譲渡31匹、殺処分605匹。これが平成23年では犬引取数30匹、内譲渡13匹、殺処分17匹。猫引取数287匹、内譲渡60匹、殺処分227匹と引取数、殺処分数ともに大幅に減った状況の説明があり、今後更に零に向って頑張っていかれるとの力強い挨拶をいただきました。
 なお、私の基調報告と資料(A4、54枚)の内基調報告の配布がされませんでしたので、次に掲載致します。(なお、詳細は、発行責任者植田勝博の「動物法ニュース」に順次掲載をしていきます。)

          2012、7、8 金沢シンポジウム レジュメ
            「殺す行政から生かす行政へ」
                                   弁護士  植 田 勝 博
第1 動物を排除・駆除する社会・行政の殺処分の状況
1 日本の動物をめぐる状況
 ①商品として生産、販売し、要らなくなればゴミとして行政が引き取り、殺処分、焼却。
 ②不要となったペットは保健所に持って行き、殺処分。
 ③鳴き声、糞尿、ものや庭を汚されたとして、迷惑・被害を受ける動物は保健所に持って行き、殺処分。
2 日本社会の動物問題の処理
  犬ねこは、従来、年間50万匹余が行政で殺処分され、現在もなお20万匹余りが殺処分されている。
  野良ねこ、宮島しか、野生動物への餌やり禁止や駆除、農作物を荒らすサルなどの駆除、口蹄疫の牛の殺処分(信憑性はあるが治癒率は95%~98%)、人に危害が加わる可能性のある熊などの駆除殺処分。
  実験動物、産業動物は、動物愛護法の外に置かれて、おびただしい数の動物達が物として利用され廃棄される。
  動物の絶滅、南極観測で有名な樺太犬は、キタキツネの伝染病が樺太犬を通じて人にも伝染する可能性があるとして樺太犬の殺処分をした結果、現在、2匹の12才の樺太犬のみで、絶滅。
第2 動物の処分をめぐる法律問題
1 35条行政の取引義務(1項所有者、2項所有者不明)
  行政の取引義務・殺処分の法的問題。
(1) 動物愛護管理法の基本原則に反する。
 「動物の命」と「人と動物の共生」(同法2条)
(2) 人倫ないし日本の宗教感覚としての共生に反する。
(3) 地方自治体の条例:「やむを得ない理由があるとき以外は引き取らない。」(資料)
(4) 環境省告示(平成18年1月20日環境省告示第26号):「犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置」、「この引取り措置は、緊急避難として位置づけられたものであり、今後の終生飼養、みだりな繁殖の防止等の所有者又は占有者の責任の徹底につれて減少していくべきものであるとの観点に立って、引取りを行うように努めること。」
 (昭和50年7月16日総理府告示第28号)「犬及びねこの飼養及び保管に関する基準」において、「犬又はねこの所有者は、家族同然の愛情を持って終生飼養するように努める」
2 遺失物法違反
 ①所有権侵害(憲法財産権侵害)、②警察の扱いとの差、③遺失物法(5日~10日で殺処分)
3 狂犬病予防法違反
 ①違法な殺処分、②法の目的に反する。
4 人類と動物の共生
(1) 共生の意味
   共生とは生き物同士(人と他の動物)のケンカもある。害獣とは動物も生きることに必死である。迷惑を理由に殺処分は許されるか。
(2) 棲み分け、利益と争いの関係性
   協力、食糧、使役動物、環境の競合→人類の独占と他の動物の排除絶滅の危惧、他の動物を利用、排除することの限界。
(3) 他の動物を排除して、人間の存在は成り立たない。
第3 捨てねこ・ねこ餌やり問題
1 社会の現状
(1) ねこ餌やり、(2) 野良ねこによる社会の迷惑・排除
(3) 行政の役割 全てをゴミとして殺処分(「殺す行政」)
   ブリーダー(生産)、ペットショップ(販売)、消費者(消費)、最後はゴミ
2 ねこ餌やりとは
(1) 動物の命を救う。
(2) 個人的活動と社会の無理解
3 社会と行政の役割(所有者のいない動物に対して)
  行政政策(殺処分か、保護するか)。
  社会は(排除するか、愛護義務か)。
4 従来のねこ餌やりについて
A ねこ餌やり:動物の命の守ること、動物を生かすこと。それは、人倫にも合致し、動物愛護法の基本原則に沿う。
B 社会;ねこ餌やりは迷惑・被害であり、攻撃をし対立をする。
   加藤将棋元名人判決(東京地裁立川支部2010、5、13 判決)近隣被害者への損害賠償義務。条例の規制の例、全国各地の動き。
C 行政:動物愛護法35条の引取義務によりゴミとして殺処分。
5 問題解決の指針
(1) 殺さねば解決をしないことか。
(2) 迷惑を理由に、駆除・殺処分、撲滅は許されるか。
(3) 問題解決のための他の方法はないか。
  今生きているねこは生かす。不幸なねこを生まない。「地域ねこ活動」「TNR」などの活動。
6 野良ねこ等所有者のいない動物についての、行政、社会、国民の保護義務
(1) 行政の引き取らない動物
   各地行政の、①飼主の飼養義務、引き取り拒否、②地域ねこ、③TNR、④公園ねこなどへの支援の取り組み。
(2) 行政と国民の愛護義務、協力義務
  「動物の命」「人と動物の共生」は普遍性、倫理観。1人ねこ餌やりの責任とし、社会の迷惑として排除すること(遺棄か殺処分)は、人倫、動物愛護法に違う。
* 大阪市「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」の例
  実施要綱(H23.2.22)
サポーター制度の内容と意味:行政が、社会、ねこ餌やり者などと連携して、野良ねこの命を守り、共生する社会を創る。
  第1条 公園ねこの適正管理及び匹数の減少を市民との協働及び市民の相互理解のもとに行う。
  第2条 生命を尊重しながら公益にもとづいた適正な管理を行うサポーターの活動を育成する。行政・地域・利用者の理解と協働による取り組みを推進
  第3条 公園内に生息する所有者が不明なねこ
  第4条 公園ねこ適正管理推進サポーターとして認定。
      振興町会、自治会など、地域住民を代表する団体を通じて地域の了承を得る。
  第5条 活動内容は、避妊去勢手術の実施による繁殖防止及び匹数の減少。
  第6条 ねこを命あるものとして取り組む。責任をもって適正管理を継続的に実施する。サポーターであることを明治。
  第7条 公園管理者による連携、動物の遺棄・虐待の防止及び防止にかかる啓発活動に取り組む
  第8条 研修
  第9条 公園事務所長及び実施団体は、市民協働及び市民相互の理解によって取り組む。
  第10条 担当課長及び公園事務所長は、公益法人、NPO法人、その他の動物愛護管理に関係する団体に必要な協力を求める。
 (以下略





110308_093805_20110324015518.jpg
犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。

◆支援物資のお願い
福島被災地の給餌用猫ドライフードのご協力をお願い申し上げます。
種類問わず  福島、川崎共に7月31日までに必着でお願い致します。

受け入れ時間  毎日12時から17時
●福島受け入れ先住所 〒963-6315福島県石川郡玉川村大字中字後作田33-13
        玉川ペット霊園  ボランティア事業部宛 
●川崎受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援物資のお願い 川崎
・猫用トイレの紙砂またはおからの砂と、子猫、成猫用缶詰レトルトのご協力をお願い申し上げます。
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・処方食a/d缶

・子猫用粉ミルク(森永サンワールドキャットミルク)
・犬用缶詰 レトルト等(種類問わず
・猫用おやつ(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・消耗品中古バスタオル
・箱ティッシュ・ダブルトイレットペーパー
・ガムテープ(粘着力のある布製普通幅の物)・セロテープ
・乾電池単2
※新シェルターまもなく稼働に伴いまして希望しております。
・アイリスオーヤマ ステンレス製食器 猫用 SA-100 100枚
http://item.rakuten.co.jp/webbymono/50042709/
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・成猫用ドライフード
(歯のない猫もいるため、丸呑みできる小粒の物、銀のスプーン等も少々ありますと助かります)
(慢性鼻炎や、食の細い子用に、シーバ箱入りが嗜好性が高く少々ありますと助かります)
・薬用ハンドソープ ・食器用洗剤
受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設、2012年夏の実現を目指します。


本契約成立までに必要な資金は3000万円、オープンまでの内装工事等が300万円と想定いたしております。シェルター設立基金は、実現後はシェルター運営のためのシェルター基金として続けてまいります。まずは、シェルターの実現、その後は沢山の動物達がそこに保護され命が守られていきますように今後とも皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。心からの感謝の気持ちを込めて、お礼とご報告をさせて頂きました。        2012.5.31 犬猫救済の輪 結 昭子

ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
 ◆現在 6,784,581円
sie1.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。





社)アニマルエイドさん 里親さん探しをしている猫達の情報ページです☆
http://ameblo.jp/anieisatogo/ 
被災地から沢山の猫を保護されています。まだまだ、取り残されている猫達を救出するためにも、もう一度、猫を迎えることを真剣に考えてみて頂けませんか。アニマルエイドさんは、埼玉県です。特に、埼玉方面の方宜しくお願い申し上げます。
愛に気付くさんでは、警戒区域動物レスキュー隊員を募集されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/iihiroi324/14022649.html


福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時


★お知らせ
Low Position 様より
「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」先行試写会のご案内 & 完成記念上映会決定!
http://lowposi.jugem.jp/?eid=320
「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」製作費ご寄付のお願い
http://lowposi.jugem.jp/?eid=319
http://lowposi.jugem.jp/?eid=323

<お振込先>【郵便振替】
口座番号:02220-8-112225 
加入者名:「犬と猫と人間と2」製作上映を応援する会
(他金融機関からお振込の場合:二二九店 当座 0112225)



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ






スポンサーサイト