FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 拡散! 横浜市動物愛護センターでの野良猫無料不妊手術を開始を実現させよう!
2012年08月15日 (水) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

全国動物ネットワークANIMAL NETWORK JAPAN
●愛護法改正に向けて意見書・署名をお願いします!
動物愛護法・実験動物の法改正の申し入れ・意見書




o0350026311320954821.jpg
新シェルターオープン!!
保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!
 

お問い合わせは メールフォーム にて


o0450033811742904684.jpg


☆推定3才、福島よりミックス犬、里親募集!!

サクラちゃん、推定3才 中型犬 大き目
甘えっこさんです。無駄なきの無い飼いやすい子です。
室内飼い、散歩等十分なお世話ができるご家族の方へ。
3612126095026.jpg

☆生後5か月、ミックス犬、里親募集!!
犬メス ワクチン 不妊手術済 マイクロチップ挿入済
<特徴>
中型犬、大き目 無駄なきのない飼いやすい甘えっこさんです。
室内飼い、散歩等、十分なお世話ができるご家族をお待ちしています。
honda1.jpg
里親会に参加いたします。会いに来てください。
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/satooyakai.html


子猫の譲渡は、川崎区・幸区・中原区・鶴見区・大田区・(港北区・品川区の一部)在住で在宅の方、他条件を満たす方に限ります。

参加猫一部紹介
イシネコさんのブログ「猫トモへの道」より
http://ameblo.jp/kenko323/day-20120810.html

預かりボランティア「猫伴生活」さんのブログ
http://catdog.blog.shinobi.jp/Entry/900/

川崎市動物愛護センターも子猫30匹以上が収容されているそうです。
子猫たちの里親になっていただけます方は
川崎市動物愛護センター電話 044-766-2237

http://www.city.kawasaki.jp/35/35dobutu/home/index/index.html



1kanban1.jpg

獣医師募集 (アルバイト・パートも可)
 お問い合わせは メールフォーム にて


拡散!!
横浜市動物愛護センターでの野良猫無料不妊手術を開始を実現させよう!

皆様からご協力いただいておりますが、このたび、「環境維持と動物愛護の両立を目指す会」様が横浜市獣医師会に要望書を提出なさいました。
http://www.ota-masataka.com/

横浜市健康福祉局は市獣医師会と調整しなければ(市獣医師会の許可がなければ)センターで野良猫の不妊手術を提供できないとしております。
そこで「環境維持と動物愛護の両立を目指す会」様が市獣医師会としてセンターで不妊手術を開始するよう市に申し入れしてほしいと要望されたのです。

あなたも、どうか横浜市獣医師会に対し、「横浜市動物愛護センターに野良猫無料不妊手術を提供するよう申し入れてほしい」と意見をお出しくださいませんか。

横浜市獣医師会へのご意見は
• 社団法人横浜市獣医師会
• 〒235-0007
• 神奈川県横浜市磯子区西町14-3
• 神奈川県畜産センター内
• TEL 045-751-5032
• FAX 045-752-1014
メール http://www.yvma.or.jp/about/contact.html




横浜市獣医師会会長 越久田 健 様

横浜市健康福祉局は動物愛護センターで野良猫に不妊去勢手術を市民に提供するには横浜市獣医師会と調整しなければならないと言っています。野良猫の不妊手術をセンターで提供することは公式の意見募集で市民からの要望のトップです。市議会での若林議員(現、県議)の質問に対し、桐ケ谷部長(現、理事)は「民業圧迫になるのでできない」と回答し、現在問題になっています。改めて理事に「圧迫される民業とは何か」と質問したところ「市獣医師会会員をはじめ、開業している獣医師」と回答がありました。
また人と動物の共生推進よこはま協議会の太田成江委員はセンターで手術をすれば「まちの獣医師が干上がる」と発言し、市民の反発を買い現在動物愛護団体より委員勇退勧告をうけております。
以上の経緯から、市民のセンターに望む最大の要望である「センターにおける野良猫の無償不妊手術提供」は市獣医師会への健康福祉局の利益供与ともとられる発言が健康福祉局側から出ており、市民として、大変遺憾に思います。 一方で、兵藤先生など市獣医師会の多くの先生方が「野良猫の不妊手術をセンターでするべきだ」とおっしゃっていることもあり、市民としては獣医師会のほうから正式に健康福祉局に対して「センターで無料で野良猫の不妊手術をおこなってもかまわない」と申し入れしていただくことを要望いたします。
ご参考までに センターで手術が民業圧迫にならないとの見解が以下、大学法学部教授および、他自治体幹部公務員より寄せられております。

     動物愛護センターで野良猫の不妊去勢手術をすると民業圧迫になるか?
             法学者(大学法学部教授の見解)
              桐ケ谷理事発言をめぐって


野良猫の不妊去勢手術は、「民業」ではなく「公共事業」です。

「民業」というのは「商売」に関して言われることですが、野良猫という飼い主のいない猫に不妊手術を施すことは「商売」の範疇にはいりません。猫の飼い主でもない市民が不妊去勢手術に出費をする義務もないので商売として成り立ちません。

野良猫が増えないように、あるいは減らすために不妊去勢手術をすることは。ある意味「駆除」の一形態といえます。
地域の環境を改善するために動物愛護に配慮した形で野良猫の数を減らしていくためには、不妊去勢手術という形で「駆除」する以外に方法はありません。

野良猫の不妊去勢手術はその公益性の高さからいって行政がやるべき公共事業であり、市民がしてよいのはせいぜい「捕まえる」ところまでです。

動物をゴミに例えるのは問題があるかもしれませんが、たとえば野良猫を誰かに「不法投棄された大ゴミ」と考えてみた場合、住民はそれらを自分で処理する義務はありませんしできません。処理するのは行政です。
野良猫も誰かによってその地域に遺棄されたものであり、しかも放置すればさらに増えるものなので行政が公共事業として不妊去勢手術をするほかありません。

(結論)そもそも野良猫への不妊去勢手術は「民業」ではないので動物愛護センターで無償で手術提供しても「民業圧迫」にはなりません。提供することには何ら問題がありません。


関東地方中核市幹部公務員の見解
   桐ケ谷理事の「動物愛護センターでの野良猫の不妊手術は民業圧迫」をめぐって


まず政令指定都市横浜の担当部局の理事の発言として耳を疑いました。

結論として野良猫の不妊去勢手術をセンターでしても民業圧迫にはなりません。
私自身、民業と重なる部分の多い事業を提供する部署に長く勤務していたので、どの様な圧力があるのか大体の流れは想像がつきますが、それにしても公務員というものは市民のために公明正大であるべきだと申しあげたい。

行政の野良猫の扱いには三種類あります。すなわち、殺処分、譲渡処分、そして環境省や全国各地で推奨されているTNRという形の処分です。
動物愛護法により、みだりな殺傷が禁じられているため、殺処分は最後の最
後の手段であり、動物愛護の精神にのっとり譲渡やTNRという活かす手段に各自治体が工夫を凝らしています。
遺棄や迷子などにより本来の所有者の手を離れ、主を失っている猫の責任は本来の所有者以外の市民にはありません。野良猫は行政が上記三種類(本来は譲渡かTNR)の手段を用いて扱うべき存在です。
放置自転車は最終的には行政の責任で片付けるのと同じことです。

飼い猫の手術をセンターで提供すれば民業圧迫になる可能性が高いですが、
野良猫の手術をセンターでしても民業圧迫になることはありません。
住み分けるという言葉を我々はよく使います。桐ケ谷理事も盛んに住み分けという言葉を発しておられますが、本来の住み分けは「飼い猫はまちの獣医(民)で、野良猫は動物愛護センター(官)で」という住み分けが正しい形です。
桐ケ谷理事が公務員として迅速に誤った見解を撤回されることを望みます。

環境維持と動物愛護の両立を目指す会




110308_093805_20110324015518.jpg
犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
8月この後の福島被災動物地での給餌保護活動予定日
8月25日(土)・28日(火)29日(水)・30日(木)
給餌用フードのご支援ご協力をお願い申し上げます。


◆被災地用支援物資のお願い
福島被災地の給餌用猫ドライフードのご協力をお願い申し上げます。

被災地の猫達の給餌は残されている猫の数に対し、給餌に行かれる人の人数が大幅に足りていません。そのため犬猫救済の輪では、給餌に行く回数を増やすと共に、警戒区域解除になる場所は保護や不妊手術について飼い主さんとも相談しながら進めてまいります。フードの支援を常時受け付けてまいります。警戒区域解除になります場所は、少し時間をかけて丁寧に給餌ができますので缶詰も使ってあげたいと思っています。引き続き、被災地の猫達の命を繋ぐため、どうぞ、フード支援のご協力を宜しくお願い申し上げます。
フードは、種類問わず、福島・川崎共に日にち指定なしでお受けさせて頂きます。
 
◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・犬用缶詰 レトルト等(種類問わず
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル・フェイスタオル
・箱ティッシュ

・ペットシーツ(レギュラーサイズ・ワイドサイズ)
●福島 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒963-6315福島県石川郡玉川村大字中字後作田33-13
        玉川ペット霊園  ボランティア事業部宛 


◆支援物資のお願い 川崎
・成猫用ドライフード
・猫用トイレの紙砂(種類問わず)

・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・処方食a/d缶
・子猫用粉ミルク(森永サンワールドキャットミルク)

・犬用おやつ(さやビーフ味・スナックボーイ)
・猫用おやつ(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル
・ガムテープ(粘着力のある布製普通幅の物)
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
・ペットシーツ(ワイドサイズ)
※新シェルターまもなく稼働に伴いまして希望しております。
・フレッシュファウンテンコンパクト  ピンク 【ペット 給水器】10個程
http://item.rakuten.co.jp/pluxe1/10007055/

・フレッシュファウンテンコンパクト交換用フィルター 10箱程  
http://item.rakuten.co.jp/aquadiscount/11-02-00037/
・成猫用缶詰種類問わず
・成猫用ドライフード

http://item.rakuten.co.jp/pluxe1/10007055/
●川崎 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!

救えるのはみんなの愛!「動物の家」新シェルタースタート!
被災地は、活動される方の人数も減り残された動物達は厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現実です。犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちを一頭でも多く救出してまいります。引き続き殺処分ゼロを目指し、動物愛護センターとも連携し収容動物の引き出し譲渡にも力を注ぎます。
新シェルターの運営が始まりました。
多くの命を救い維持していくため、皆様には一層のご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。
                
ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。

 ◆現在 6,945,581円
sie1.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




拡散お願い!
この犬を知りませんか。
富岡町より行方不明!甲斐犬ミックスのメス、アキちゃん 情報求む!! 
情報提供 メールフォーム


警戒区域解除になった楢葉町、生き延びている猫達に給餌給水を
被災地の動物たちを想うあなたの愛を、行動に変えて、一度でも給餌給水に向かっていただけませんか。
少しのフード少しの水を持って、無理なくゆっくりと自分のペースで町を回ってみて頂けませんか。
尊い命を繋ぐことができます。
初めてで、やり方を知りたい方は、お問い合わせください。同行可能な場合もあります。お問い合わせは、犬猫救済の輪 メールフォーム にて


福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時


■NPO法人横浜アニマルファミリー様
「人と動物の共生推進よこはま協議会」委員・太田成江氏に委員勇退勧告書提出

■太田市議動物愛護掲示板
http://www.ota-masataka.com/



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ






スポンサーサイト