FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 3-19
2007年03月19日 (月) | 編集 |
★動物管理センターをめぐる問題(アニマルクラブさんより)
★またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム
アークエンジェルズさんのずばり一言が更新されています。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

今日もまた中村さんがシェルターに里親希望の方を連れて来てくださいました。そして、ミューちゃん、お試し飼いとなりました。お届けの途中で病院によりウィ-ルス検査をし、エーズ、白血病とも陰性で一安心。中村さんがお届けに行って下さいました。膝に乗るのが大好きな甘えっこですので、きっと上手くいくと思っています。中村さんも同じ位忙しいはずなのに、本当にありがたいです。行動力のある方です。1匹決まりました。でも、また、後に3匹がシェルター空き待ちです。
hhikaru.jpg
ひかる君 ♂
ron.jpg
ロン君 ♂ 
don.jpg
ドン君 ♂
今月の捕獲で5番ー労働会館横で捕獲器に入りました。手術もワクチンも駆虫も終わりました。
どうみてもこれ以上シェルターには入れません。しばらく待ってもらいます。幸い、3匹とも元気です。大きな猫さんは食事の量も2倍以上です。缶詰二缶ぺロッとたいらげ「もっとくれー」といってます。恐いし、食べたいし、怒りながらガブガブ食べるドン君は頼もしそうです。このては、いづれなつくでしょう。でも里親決定はいつの日か.

★里親会
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』
宮城県東松島市ー動物たちと人間が共存できる社会づくりを目指します
市が動物愛護に関する公式見解を示す
http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/special/070201/doubutu_aigo.html
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック