FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 3-24
2007年03月24日 (土) | 編集 |
・3月19日から、26日に持ち越された審議、多くの人にとって苦しい時間でありましょう。けれど、一番苦しいのは、罪無き動物たちではないでしょうか。人間により、まさに生と死を分けられる決定まで後わづかな時間。まっすぐに犬達の置かれている状況を想い、いま、私が、あなた達の命が助かりますようにとできることなら何でも致しましょう。残された時間に、もう一度、私の声を届けましょう。あなたたちを想い救いたいと願う多くの人達の声と一緒になって、大きなうねりとなって一変して良い方向に流れが変わりますように。

 遠くにいながら犬達を救済するために、今できることは、あなたの思いを伝えることです。
●大阪府 秘書室総務課
  Tel:06-6941-0351(代表)  電話交換手に室・課名をお伝えください。
●環境農林水産部動物愛護畜産課
  Tel:06-6941-0351(内線 4658・4659)
  メールアドレスdobutsuaichiku@sbox.pref.osaka.lg.jp
●環境農林水産部環境農林水産総務課
  Tel:06-6941-0351(代表)(内線 2713)
  メールアドレスkannosomu@office.pref.osaka.jp
●大阪府メールアドレスwebmaster@sbox.pref.osaka.lg.jp

 
★またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム
 ★アークエンジェルズさんのずばり一言
banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

またまた、捕獲器に入った白黒ジャンボ君は、すごい勢いで怒りまくっています。ケージの中から襲い掛かってくる勢いなのでトイレや食事の取替えには汗・汗・・。それだけ、人間が恐いのでしょう。早く安心してくれると良いのですが。さて、5番ー労働会館横、王子君で最後の1匹となったはずの場所でしたが後から4匹捕獲されました。どうするのが良いか考えましたが、王子君捕獲後に、その場所に放そうと思います。勿論、手術をしてからです。この場所に住んでいた猫達ではなく、この季節は、♂猫の行動範囲が広がる為、一時的にこの場所に来たものと思われます。見た限りでは健康そうに見えますし、食べ物を得る場所も十分ではないにしろ確保していそうです。何より、一番の理由はシェルターがいっぱいということで、決してそうすることが理想と思っているわけではありません。今日も、ボランティアさんが頑張ってやってくれたポスターを見たという方がシェルターを訪れ、これまた、ボランティアさんが上手に説明、アドバイスしてくれて、1匹、成猫の里親が決まりそうです。救済活動は順調です。けれども、あまりに数が多すぎるのです。春の訪れで昼間は少しおひさまの暖かい日差しが野良猫たちを優しく包んでくれるでしょう。富士見公園メインの場所をゼロにしたら、これから捕獲の猫達は、捕獲ー不妊手術-元いた場所に戻し地域猫として管理しながら共生していくという方法しかないでしょう。一寸、自分が薄情にも思えるのですが、猫さん、ごめんなさいね。
kega.jpg


 さて、1番ー駐車場脇で保護されたキジトラ♂の猫ですが、どうやら、歩けないようです。少し、身体を持ち上げてトイレに入ろうとしたりしますが倒れてしまいます。まだ、よく触れないので治療が難しいかと思われますが、何とか来週、病院に連れて行ってみたいです。傷口も縫わないとだめかもしれません。とにかく、痩せすぎていて筋肉がありません。体力が心配です。食べようとしますが、舐めている程度です。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック