FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 給餌用フード2トンを圏内に搬入 福島より戻りました
2012年11月03日 (土) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。


o0450033811742904684.jpg


拡散!!
☆犬猫救済の輪主催 次回犬猫里親会
11月04日(日)12:00~17:00蒲田西口1分 
サンロード商店街ペットスマイル蒲田店

bosyu.png

参加猫一部紹介

ボランティアさんブログ「猫トモへの道」
http://ameblo.jp/kenko323/day-20121025.html


保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!
 
福島の被災地には、まだまだ、沢山の猫達が取り残されています。救いを待っています。
あなたの手をお貸し下さいませんか。初めての方も大歓迎です。
o0350026311320954821.jpg
ボランティアのお問い合わせは メールフォーム にて



福島より戻りました

給餌用フード2トンを圏内に搬入


フードは、いづれも犬猫救済の輪川崎・犬猫救済の輪福島
ニャンダ-ガード様福島本部 に
 全国の皆様より被災動物への支援物資としてお送りいただいた物です。
フードに関わらず、支援物資のご協力を頂いております皆様に深く感謝を申し上げます。



11月中に、更に数回、圏内へのフード搬入を実施致します。
活動されるボランティアさん達が、警察の警戒が厳しい圏内で、時間の無駄をなくし、より多くの命の救済活動がスムーズにできますように、ニャンダ-ガード様はじめ、活動されます個人ボランティアさん達と共に体制をととのえております。


立入が厳しくなる一方で、痛み苦しみ悲しみだけの命を見捨てることなどできない。
取り残されたままの命を守るために、活動される皆さん、必死の取り組みに、引き続き皆様の暖かいご支援ご協力をお願い申し上げます。



引渡し準備を整えて下さいましたニャンダーガード様、ありがとうございました。犬猫救済の輪よりボランティアが夜の内に、ニャンダーガード本部より警戒区域入口にあたる楢葉町拠点に運んだフードの山。小柄な女性一人で重たい荷を休む時間もなくせっせと移動。ありがとう。


NCM_0369.jpg


そして、川崎からの物資を圏内搬入後、続いてこの降ろしたフードを再度私の車に積み込み、これもまた小柄なボランティアさんが一人奮闘です。
私が、脳梗塞の後遺症から左手に力が入らずどうしても一人前の作業がこなせないのです。

CIMG9413.jpg



CIMG9408.jpg

大熊町・双葉町・浪江町へとそれぞれの町のストック場所に運び込みました。
今まで富岡町には、当会ではストック場所が確保できておりませんでした。
その為、富岡町で車に乗っているフードが尽きてしまうと大熊町まで取りに行くか、給餌するフードの量を減らすかあるいは断念せざるを得ないときもありました。

今回は、ニャンダ-ガード特餌隊のメンバーさんから前夜に電話を頂きまして、富岡町の使用しやすい場所を紹介していただくことができました。
お陰様で、今までなかった富岡町にもフードのストックが実現いたしました。


また、水の使える場所には活動者が必要な時に共有して使えるようにポリタンクの予備も確保しました。
その他の必要な備品も、圏内と入り口にあたる楢葉町拠点に常時置き、各団体個人数名で管理していくことで、ボランティアさん達の活動がやりやすくなると考えております。


沢山の命救われますように。


CIMG9415.jpg


フードを車に満載して、圏内へ4往復、5か所へのフードのストックができました。
私とボランティアさんは、その後、圏内一部の給餌と保護活動、楢葉町の給餌ポイント全ての給餌と保護活動を行いました。

暗くなった楢葉町、田畑道にポツン、ポツンと小さな猫が・・・いつものパターンです。
最後の一粒のフードまで与えて・・・  ごめんね。  見捨てないよ。



 
今回も、ねむかったです。
交代で運転をして、無事、川崎へ。TNR日本動物福祉病院到着。
成猫3匹をおろして、
子猫4匹は状態を細やかにみたいので私、結の自宅へ。

実は、大熊町で、ヒカリちゃんの兄弟を保護。
ヒカリちゃんにそっくり。女の子です。
名前は、「未来ちゃん」にしました。


今回の活動も、多くの皆様のご協力のうえにありました。
心から、お礼を申し上げます。


東日本大震災 被災動物救護シェルター『にゃんだーガード』/中川こうじ写真展
名古屋 11/21(水)~11/27(火)






「警戒区域」通過可能に 復興事業や自治体職員限定

http://www.minyu-net.com/news/news/1102/news1.html

 東京電力福島第1原発事故に伴う警戒区域が浜通りを分断している問題で、政府は1日までに、復興関連事業に携わる事業者や市町村職員の車に限って警戒区域の通過を認める方針を固めた。国道6号など幹線道路に限定、事前に登録した車に通行証を発行する案が有力。復興事業で大型車の交通量が増える中、浜通りの分断解消で復興を加速させたい考え。阿武隈山系の迂回(うかい)路で降雪が見込まれる冬季を前に、早ければ来月上旬にも決定する見通し。
 政府の原子力被災者生活支援チームなどによると、浜通りの物流網を確保するため、物資・資材運搬などの車両通過を認める方針。通行目的は復興事業関連に限る。通過ルートは、浜通りを縦断する国道6号、横軸の同288号と県道など複数案が挙がっており、政府が市町村などの意見を踏まえ検討している。
 一部の市町村では10月下旬から、通行証の発行を受けた職員を対象に通過が認められており、政府はこれをモデルに事業者向けの仕組みづくりを急ぐ。
 一方で、通行証の発行をどこまで認めるかなど課題は多い。住民は通勤・通学での通行を望んでおり、事業者らに限定する理由について丁寧な説明が必要だ。
(2012年11月2日 福島民友ニュース)










拡散継続!!
被災地、小高区の給餌ボランティアをお願いできませんか
吉田美恵子さんから再度、警戒区域解除となった小高区給餌ボランティア参加のお呼びかけです。
小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時





◆犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。

◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード
・銀のスプーン子猫用・成猫用(小粒で嗜好性も良いため、子猫や歯の無い猫が丸呑みもできて食べやすく人気です)
・焼きカツオ
・犬用ドライフード小粒
・犬用おやつ ビーフジャーキー等
・中古毛布洗濯済の物であれば穴あき等で十分使えます
・100円洗面器
・20L透明ポリ袋
・箱ティッシュ
●福島 午前着指定 (次回被災地用福島は、11月7日までに必着でお願い申し上げます。) 
受入先住所 〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861(福島の方のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい)


◆支援物資のお願い 川崎

・猫缶種類問わず
・処方食a/d缶
・主食成猫用ドライフード
・子猫用ドライフード
・子猫用缶詰
・猫用トイレの紙砂(種類問わず)
・防護服上下(Sサイズのみ)
・ペットシーツ ワイドサイズ・レギュラーサイズ
・ユニチャームペットケア オス用おしっこオムツ巻くだけMサイズ
・中型犬・小型犬用 布製首輪 布製リード
・中古毛布洗濯済の物であれば穴あき等で十分使えます
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
※新シェルター稼働に伴いまして希望しております。
・フレッシュファウンテンコンパクト交換用フィルター 10箱程  
http://item.rakuten.co.jp/aquadiscount/11-02-00037/
・主食成猫用ドライフード・成猫用缶詰種類問わず シェルターは50~100頭の猫が入居してきます。現在60頭入居済。まずは、主食のドライフードが大量に必要です。種類問わず。

●川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛




◆支援金のお願い 「動物達の家」新シェルター


不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!お陰様で、「動物の家」新シェルターがスタート致しました!

被災地は、活動できるボランティアの人数も減り、残された動物達は餌も水もない厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現状です。
犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの 皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちの救済に懸命にあたっております。
また、行政の殺処分ゼロを目指し、動物愛護センター収容の動物の引き出しにも 力を入れています。
2011.3.11震災と原発によって被災動物となった苦しみ彷徨う動物たちを、救出してほしいと願う全国の皆様から、現地で救出活動にあたる私共の元に沢山のご支援が寄せられました。第一にしなければならないことは何百頭もの沢山の動物を保護する場所の確保でした。シェルター設立基金に皆様の多大なご支援を賜りまして、また、被災動物支援金、一般寄付も投入させて頂きまして、生死の瀬戸際に置かれている待てない命を救うべく、動物保護シェルターの設立を実現いたしました。
「動物達の家」新シェルターの運営が始まりました。2012.10月現在、すでに猫70頭が入居しました。引き続き被災地に取り残された猫達の救出保護を全力で行います。

設立後、「シェルター設立基金」は、「シェルター基金」と名前を変えました。
この場所で沢山の命を守ってい けるようしっかり運営してまいります。今後ともシェルター基金に、ご支援ご協力を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。


7892925.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi



1kanban1.jpg

獣医師募集 (アルバイト・パートも可)
 お問い合わせは メールフォーム にて



あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ


スポンサーサイト