FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 4-3
2007年04月03日 (火) | 編集 |
1番ー駐車場脇で、ボランティアさんに保護されたキジトラ白の「夕君」が、昨日入院先の病院で亡くなりました。白血病を持っていたこともわかりましたが、あの大きな傷口は何だったのでしょう。公園にいられなくなりすぐ近くの駐車場付近をうろつき、ボランティアさんが運んでくれる給食を一番最後に恐る恐る食べに来ていた子。怪我さえなければ少しづつなついたかもしれない。人間たちの少しの優しさがあれば、こんな不幸な短い命ではなかったはずなのに。元気になって欲しいと皆様から送られたバザー品を出品して先日、二人だけで頑張ったバザーの収益は¥35000。この子を助けたいから、もっと頑張るつもりだったのに。 合掌
 そのあと、河川敷ホームレスさんに飼われている茶トラ白の猫は、驚くほど悪かった肝臓の数値が正常に戻り、食べるようになりました。麻酔に耐えられる状態に回復したと思われますので、今日、耳の大きなできものを切除する手術を受け、細胞検査に出します。悪性でなければ良いのですが。

★またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム
★アークエンジェルズさんのずばり一言

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif

一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック