FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 6-27
2007年06月27日 (水) | 編集 |
6月26日、南部公園事務所からは、誤解を招くこともあるのでまた来ていただきたいとの電話を頂きました。月末その他あまりの多忙で時間調整ができませんでした。

南部公園事務所小川所長殿
         荒川様
お電話いただきましたが時間が取れず、申し訳ございません。
只今、自宅におりますが、私事でございますが90才の痴呆の進んだ母を抱え取り込んでおります。私の喘息の為声を出すのが辛いことなどもございます。なるべくメール、FAXにてお願い申し上げます。代理の者を立てることも可能ですが、私含め、ボランティア皆、仕事を休んで行かなければならないということにもご配慮願えましたら幸いに存じます。のちほど、落ち着きました時、また少し詳しくご連絡させていただきます。

犬猫救済の輪 結 昭子


里親会で決まった子猫のお届けに東京都多摩市までまいりました。仕事と動物たちの世話を一段落させ、夜10時お届けの約束で多摩川沿線道路を車を走らせ1時間ほどしますと、風景も空気も全く変わります。道幅は広く緑に挟まれた坂道を登っていくと東京、神奈川とは別の所に迷い込んだような気分になります。霧に覆われた夜道はちょっと不安になるような静けさです。でも、私は、こんな感じがとても好きです。今、住んでいる川崎は嫌いではありませんが、もうこうした良さを取り戻すことはないでしょう。大きなマンションがまだまだ次から次へとできています。とどまる事を知らない開発は、失うものの方がはるかに大きいと思えてなりません。以前、やはり里親さんのところを訪ねたのは湘南の方だったでしょうか。確か、国際村と言ったように記憶しておりますが、やはり坂道を上ると霧に覆われ、霧か雲かすぐ手の届くようなところにあるのがとても不思議でした。雲の上に位置する所に住んでいるようでした。体が悪いので空気の良いこの場所に引っ越されたとおっしゃっていました。本当は、私も緑の多いそんな所に住んですがすがしい空気をいっぱい吸って暮したいです。でも、もうそれはできません。川崎に住んで人間のエゴが生んだ小さな不幸な命が溢れる街。見捨てて自分だけが行く訳にはいかない。喘息は、呼吸がいつも苦しいけれど、私は、この子達をおいては行けない。それよりもこの子達を1匹でもここから送り出してあげなくては。
たどりついた家は、ご夫婦と男の子が二人、先住猫3匹の本当に家族の温もりを感じるご家庭でした。先住猫さん達も外から保護された子達でした。まだ、3ヶ月ほどの子猫は、ご主人が発見した時目が見えていなかったそうですが、すっかり健康を取り戻し元気そうでした。情操教育と申しますが、こうしたご両親を見て育つ子供達は、動物が好きで自然に命の大切さも学ぶでしょう。ご主人が入れてくださったお茶を美味しく頂き、チビ子猫の幸せを思い、私も幸せな気持ちで霧の坂道を下り、待っている子達のもとへと急ぎました。野良猫さんの給食の後に川崎の富士見公園動物シェルターについたのは日にちも変った深夜1時。今月は、とても残念なことに富士見公園から保護した成猫2匹が亡くなってしまい気落ちしています。気になって健康チェックも更に細かく1匹づつ健康チェックシートをつけるように致しました。しかたないというようなことも現実ありますが、その子にとってはたったひとつの命で幸せを知らず死んでいったことの不幸を思うとやりきれません。やはり気持ちとしては幸せにしてあげなくては、里親に送り出してあげなくてはとしか思えません。またご紹介で里親さん希望の方がシェルターに会いに来て下さるという話もきています。日々、やれることをやるのみです。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
私も無力と思うことしばしばですが、小さな力でも確実に救われている命があります。大きな事をしようとしなくても多くの方が自分にできることに手を差し伸べていただければ、もっと多くの不幸な命をすくうことができますね。尊いのはひとつの命。それが、救えたら大きなことです。
2007/07/02(月) 19:11:35 | URL | yui #-[ 編集]
こちらでは)初めてお便させていただきます。毎回、瞼の奥がツーンと熱くなる思いで読ませていただいております。私自身の無力さに…何ともはがゆく、情けく思います。結さんに足を向けて眠れません。身を粉にして尽していらっしゃる方がいるのだという事を、私も子供達にずっと伝え続けていきます。とても律儀な結さん。直接お便りをすると、どんなに遅くなっても必ずお返事下さるのでこちらにお邪魔しました、すみません。少しでも、5分でも長く、どうか睡眠を取ってください。またお邪魔します(^^)
2007/06/30(土) 10:45:28 | URL | 1号 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック