FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 6-29
2007年06月29日 (金) | 編集 |
犬も歩けば、『猫』にあたる
公園のパトロールはいつも夜になってしまいます。仕事一段落、午後の6時半。7時まではまだ明るい。急げー。ボランティアさんと明るい時間に富士見公園へ。緑の芝生の上、楽しそうに犬の散歩の人達もいっぱいでした。そして、当会のファミリー犬も芝生をクンクンしながら歩きます。と・・・
IMG_8312.jpg

IMG_8310.jpg

ガ~ン  ナ・ン・ト   ネコですか・暗くなってはきましたけど、どう見てもネコですよねーIMG_8300.jpg

IMG_8303.jpg

IMG_8314.jpg

三毛猫もいます。夜はあまりに真っ暗で危険なので入って行けない裏側です。これは、居ついているという感じです。お腹は空いている様に見えません。民家からは近くですので誰かが餌をあげに来ているのでしょう。南部公園事務所には、新しい猫を見かけたらすぐ教えて下さいと話したばかり。気付いていないのでしょうか。今こそ、公園事務所には管理をどうするかはっきりした具体策を示していただきたいです。この猫が出産したらまた基の黙阿弥でしょう。これからどうするか考えるようでは困ります。1年見てきて、もうどうしたら良いかはわかるはずです。猫は公園管理に入らないでは困ります。あらゆる公園に起きる問題に対処できて管理できていると言えるのです。動物愛護法も熟知して頂けたでしょうか。お考えをお聞かせ下さい。

また、先日、「富士見公園動物シェルターは違反」なので撤去するようにと国から通達が来ているのでという件ですが、当会から公文書開示をお願い致しましたところ、再度27日にメールでお返事を頂きました。
他の事案でメールを繰り返しているうちに互いに誤解が生じてしまったこともあり、文字だけでは伝えることができないものがありますので8:30~17:00で川崎区内、場所については配慮しますのでとのことでした。

私も、必要に応じできる限り話し合いの時間も作りますが、今回、申し上げましたのは、誤解を招くとかいうことではありません。誤解を生じないためにも、国から富士見公園動物シェルターは違反、撤去しなさいと言ってきた通達そのもの、その事実を提示して下さいと言っているのです。再度、ここに、お願い申し上げます。開示して下さい。

メールやFAX、また、公文書などの文字であっても、電話での会話、直接面会しての会話であっても正確に伝わらないことや誤解を生むことはありえることです。そう感じた時に、訂正しましょう。平気で嘘をつく人もいます。当会は、話し合いの重要性もよくわかっております。昨年、この問題発生から何度環境局とは話し合いをしてきたことでしょう。貴重な時間を費やしました。最後の話し合いには南部公園事務所7名が立ち会いましたね。そして、そのあと、すべてひっくり返されたのです。何のために話し合って詰めてきたのでしょう。それこそ、その最後が肝心なのです。話し合いも説明もなく信じられないことでした。行政内も公園のネコをどうするかなど大勢の方が何度となく会議をされたでしょう。いったいそれは何の役に立ったのでしょう。どんな素晴らしい案がでたのでしょう。話し合い、会議、前向きな意見や案を持って望んでいただきたい。その場へ行ってからどうでしょうか。何か案はございませんでしょうかなんて考えて、何も進まずまた次回へ。こんなところにどんどん人件費が使われて問題解決のための予算はないなんて税金無駄使い、本当に止めていただきたいです。
南部公園事務所様とは、今までの経験を踏まえてこれからシェルターの猫、今日発見された猫、川崎の公園に存在する猫問題をどうしていくのが一番市民に喜ばれる公園になるのか、動物愛護になるのか同じ目的をもって協力していきたいものと切に願っております。うわべだけでは駄目です。もう少し、信頼関係はできないものでしょうか。

時間もなく、固い文章はなかなかかけません。このまま、お手紙として、南部公園事務所小川所長様、荒川様にメール致しました。

2点
①公園に猫が居ついています。この猫は不妊手術等、緊急に対処しませんとまた5匹10匹出産し大変なことになります。どう解決なされますか。
②国からの通達の件は、事実のみ確認しませんとかえって誤解を生じますので、再度通達そのものの開示を請求致します。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
文書化するのがベストだとおもいます。私の勤務している会社でも、特別事案に対して口頭で引継ぎしたものは、担当者が変わると、「聞いていない・知らない」です。担当者が変わらずとも、まずい雰囲気になると「指示したおぼえはない」などと逃げの一手です。こんな、無責任な男たちがトップにいると思うと、国であれ会社であれ先行きを憂いてしまいます。文書化する際も、玉虫色表現はさけてもらいましょう。
2007/07/02(月) 19:12:07 | URL | きらり #AL7M2C0M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック