FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 7-7
2007年07月07日 (土) | 編集 |
ボランティアさんとの今日の会話「あれっ、今日、七夕だった?」「あっ、そうですねー。じゃ、せめて、明日の里親会、いっぱい決まりますように。」「何、それ?」「えっ、七夕で短冊に願い事でしょ。短冊つくる時間ないからせめて口で言っとこうと思って。明日、里親さん、決まりますように。」「じゃ、私も、右に同じく、明日里親さん決まりますようにお願いします。」

去年の今ごろは、中村さんと、富士見公園50匹子猫の捕獲と里親探しに汗だくの毎日でした。今年今月の里親会は、当会から参加する子猫は4番ー自立支援センター前で保護された1匹のみ、あとはシェルターの成猫たちです。不妊手術の効果はこれほど大きいのです。今、シェルターにいる猫達が不妊手術がされていなくてこの春も皆出産していたらと考えるといかに不妊手術が重要かおわかりいただけるでしょう。明日は、ボランティアさんたちがそれぞれ保護した子猫たちが多数参加します。この元となった母猫達の不妊手術に皆、苦労されています。川崎市は、今期より野良猫に助成金が適用され、市民の皆様も積極的に不妊手術に取り組んでくださる方が非常に増えています。とてもよい傾向です。不幸な猫達の発生は確実に減少します。野良猫助成金適用は、川崎市の動物愛護の向上に大きな成果をもたらすでしょう。更なる動物愛護行政の発展で、目指す所は、「殺処分ゼロ」川崎市動物愛護センターは、やる気になれば達成できるはずです。市民の協力者はいます。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
後退することなく、一歩一歩、確実に前進すること。

そして、『不妊手術は、動物愛護の第一歩』

「動物たちの会」の代表がおっしゃった言葉です。
2007/07/09(月) 19:24:12 | URL | yui #-[ 編集]
日々お疲れ様です。
私もずっと見守り続けさせていただいてる中でこれほど顕著に結果が出るとは・・・
ホント確実に避妊・去勢を推進してきたこと、結さんたちが訴えられてきたことが形となって見えてきたように思います。

このことで野良たちも市民の皆さんもそして行政も誰一人嫌な思いをした人はいません。
公園をきれいになりました。
本来なら行政が先頭に立って市民(ボランティアさんも含め)がバックアップするのが本筋ではないかと思いますが、仮に今回のように逆になってもいいです。
後は行政がしっかりと結さんたちが作って下さった道を行政の力でよりしっかりしたものにして頂きたいものです。

「上からの指示が・・」とか「国からのお達しで・・」なんてことよりも川崎市にとって何がいいのか、どうなることが市民にとっていいのか考えていただきたいものです。
どうか動物愛護の意識が進みだした日本の良い例となるように願うばかりです。
2007/07/08(日) 09:49:49 | URL | しんのすけの母ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック