FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆緊急災害時動物救援本部には震災後、7億円近い義援金が寄せられた。約2億円が残っているが・・・・
2014年01月16日 (木) | 編集 |
犬猫救済の輪 子猫成猫30匹里親会

☆1月19日(日)13時~17時 雨天決行
  TNR日本動物福祉病院内 川崎区大島4-23-13

P1000215.jpg


ボランティアさん、募集!!
お気軽に、お問い合わせください。    メールフォーム
logo41.gif

●川崎
あなたも、多数の保護猫達のお世話に手を貸していただけませんか。
週1回、1日3~4時間程お手伝いいただけますととても助かります。





TNR日本動物福祉病院_ハート
TNR日本動物福祉病院 獣医さん(正社員・アルバイト・パート大募集
愛護精神のある獣医さん、どんどん来て下さい。
お気軽に、お問い合わせください。    メールフォーム



これが、私たち人間がしてきたこと。 

アニメ「人間」





緊急災害時動物救援本部には震災後、7億円近い義援金が寄せられた。約2億円が残っているが・・・・


震災後、犬猫救済の輪は、団体さん個人ボランティアさん達と力を合わせ、全力をあげて福島第一原発周辺及び帰宅困難区域の犬猫の保護、不妊手術に取り組んでいます。
まだまだ飼い主さんとはぐれた被災動物が残っています。そして不妊去勢手術をしなければ、この記事にあるように不幸な命が次々と生まれていきます。しかも立ち入りの難しい場所も多く、大変な難儀を強いられています。
しかし、本来これらは国がやるべき公共事業ではないでしょうか?

犬猫救済の輪では 緊急災害時動物救援本部に対し、義捐金の残金2億円を原発周辺に取り残された犬猫の保護や不妊去勢手術に出金するように要望してまいります。
救援本部は動物のために全国の皆様から集めた貴い義捐金を「投資」に費やし、損失を出したことを報道されたことも記憶に新しいところです。
近日中に要望書を提出する予定です。
どうか皆様も。
この件につきまして、また掲載致します。




朝日新聞より

http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140114150150002.html


野生化進む犬猫 届かぬ保護の手

麻酔を打った後で毛をそり、不妊や去勢の手術の準備をする=福島県白河市
震災後に生まれたとみられる子猫。小雨の中、道の脇から様子をうかがっていた=福島県南相馬市

 福島第一原発の周辺では、震災から3年近く経ってなお、飼い主とはぐれた犬や猫がさまよっている。震災後に生まれた犬猫も多い。不妊去勢手術を施して悲劇の拡大を防ぐ活動が続くが、義援金を活用できないなどの壁もある。
 福島県白河市にある「フクシマスペイクリニック」に土曜夕方、静岡県伊豆の国市の獣医師、遠藤文枝さん(50)が到着した。「子どもを生んで5週間くらいかな」。猫3匹に麻酔を打って手術台に載せ、不妊や去勢の手術する。子どものオスなら1匹数分で終わるが、妊娠中のメスは20分近くかかることもある。
 立ちっぱなしの手術を2時間半続けて、遠藤さんはようやく飲み物を口にした。「ずっと診てあげられるわけじゃないから、丁寧にできることをやりたい」。週末ごとの来県で40~50匹ほどを手術し、日曜夜の新幹線で地元に戻る。
 クリニックはNPO「アニマルレスキューシステム基金」(神戸市)が一昨年9月に開設した。代表の山崎ひろさん(45)は、避難者への聞き取りで、繁殖した犬や猫が山中や川に遺棄されている現状を知り、開業を決意した。野良猫や被災者のペットを対象に、通常は数万円かかる手術を状況に応じて低負担・無料で受ける。昨年末までに1448匹を手術した。
 基金のスタッフ2人以外は、遠藤さんや全国から駆けつけるボランティアが無償で担う。麻酔の準備や犬猫の移動などを手伝う横浜市都筑区の日向千絵さん(40)は原発事故直後からペット保護を続けてきた。「人間のせいで失われる命を一つでも減らしたい」。問い合わせは同基金(0248・21・9391)へ。
 クリニックに連れられてくる犬や猫の多くは福島第一原発から20~40キロ離れた地域で捕獲される。
 東京都稲城市の会社員山口幸子さん(36)は月2~3回、避難指示解除準備区域として寝泊まりが禁止されている福島県南相馬市の小高地区などで餌やりと手術のための捕獲をする。土曜未明に捕獲器をしかけて日曜にクリニックへ持ち込み、手術後に戻す。
 人家はあるが人影は見えない。イノシシの子どもが道の真ん中を走る。線量計は高いときで毎時1・57マイクロシーベルトを表示した。横浜市の基準(同0・59)の約2・7倍の数値だ。
 道の中央を歩いていた白い子猫が車に驚いて、飛びのいた。「最近手術をしたメスです。生後数カ月くらいかな」。この週に捕獲した7匹のうち妊娠中と授乳中のメスが1匹ずついた。山口さんは「もっと多くの人に目を向けてほしい」と話す。
 日本獣医師会など4団体でつくる緊急災害時動物救援本部には震災後、7億円近い義援金が寄せられた。約2億円が残っているが、野生化した犬や猫の2世代目以降の繁殖制限活動に活用する予定はないという。東海林克彦本部長は「義援金は被災して困っているペットや飼い主のために集めた。野生の犬や猫の保護に義援金を使うことは、寄付者の意思に沿うかどうか難しい」と話す。
 福島県や県獣医師会でつくる県動物救護本部も、立ち入りが厳しく制限される帰還困難区域では自治体と繁殖制限の方法を協議しているが、その周辺地域での活動予定はないという。
 こうした姿勢に対し山崎さんは「新たな繁殖による遺棄や処分の悲劇を予防するため義援金を使うことに、全国の寄付者が反対するとは思えない」と疑問を投げかけている。
■動物保護 ボランティア頼みに限界
 震災の3カ月後、警戒区域周辺を取材したことがある。あばら骨が浮き、目つきが険しい犬や猫を数多く見た。3度目の冬、生き延びて繁殖した動物たちに新しい問題が起きている。
 避難時に置き去りにされたペットは、被災動物として保護されてきた。しかし、それ以後に生まれた世代は野生動物として扱われている実態がある。避難指示区域の再編で行政と民間、いずれの保護活動も及びにくい空白地帯も生じている。
 放射能の影響が消えない以上、動物保護は息の長い活動になる。だがボランティアだけでは、人手も資金も足りない。義援金の活用や、新しい募金などの知恵が求められる



犬猫救済の輪や吉田美恵子さんたち、他にも震災原発事故後から今現在もずっと被災動物の救済をつづけているボランティアさんたちがいます。緊急災害時動物救援本部からの義援金を受けることはできませんでした。小さい団体や個人のボランティアさんは事務員がいるわけでもなく大災害の混乱の中、自らが現場に飛び込み、溢れる被災動物の保護に精一杯で、難しい時間のかかる書類をそろえることもできなければ、行政が協働の活動でなければ認められないなどの条件付きでは、義援金の申請も不可能でした。そうした現地の状況や活動するボランティアを速やかに調査把握して、人手や物資や資金等のフォローをするのが本部の役目なのではないでしょうか。保護動物の維持や、不妊手術治療費、先の長い活動での交通費、ボランティアさんたちの負担が大きすぎて十分な活動ができません。
山崎さんは「新たな繁殖による遺棄や処分の悲劇を予防するため義援金を使うことに、全国の寄付者が反対するとは思えない」私も、そう思います。



こちらは、南相馬の猫おばさんを応援する会のブログです。人のいない町で新たな繁殖を防ぐための不妊手術はとても大切なことですが、活動経費の確保は困難を極めています。これからも、吉田美恵子さんを応援していただけましたら幸いです。
http://ameblo.jp/cat-yoshida/
郵貯銀行 記号18220 番号16389911 吉田美恵子
他行   店番828ハチ二ハチ 普通 口座番号 1638991




※福島原発20キロ圏内 に取り残されている猫達のためにドライフードのご支援を宜しくお願い申し上げます。
◆支援物資のお願い 川崎
・猫用トイレの紙砂種類問わず
・成猫用ドライフード(多頭ではドライが主食になります。種類問わず)
・成猫用缶詰(たまの伝説・黒缶等種類問わず)
・レトルト(カルカンレトルト等種類問わず

・子猫用ドライフード(種類問わず)
・子猫用缶詰・レトルト(種類問わず)

・20・30リットル透明ポリ袋(やや厚地希望)
・塩素系ハイター(消毒用に使用)
・箱ティッシュ
 川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
・被災地成猫用ドライフード不足大募集種類問わず
・猫用トイレ用 固まる猫砂種類問わず
・成猫用缶詰種類問わず
・レトルト(カルカン他)
・ネズミ避け
・30リットル透明ポリ袋(やや厚地希望)
・45リットル透明ポリ袋(やや厚地希望)

福島 指定日なし午前着指定  
受入先住所 〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)


アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら






◆支援金のお願い 
●生きているうちに・・・  被災動物救済活動 ご支援のお願いです
 http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20130728.html
●「動物達の家」シェルター

不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!2013.9月現在、猫95頭が入居しています。被災地に取り残された猫達が命を落とす前に、一頭でも多く救いに行きます。皆様のご支援をお願い申し上げます。

ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。

sieru.jpg


支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




TNR日本動物福祉病院
愛護精神のある獣医師を募集しています 
・正社員
・アルバイト・パート(週1日~ 長期・短期可)
・研修医も歓迎致します

詳細につきましてのお問い合わせは、どうぞお気軽に メールフォーム にて



スポンサーサイト