FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 5-25
2006年05月25日 (木) | 編集 |
午後、4時半過ぎ。結果を聞くため、公園課に電話。犬猫シェルター設置場所検討中とのお返事に、進展なるかと思いきや、材料から建設まで費用は全てボランティア持ちですと。私達は、全国の皆様の善意の支援に支えられ、100匹の猫の不妊手術を進めています。まだまだ、やらなければなりません。
シェルターの建設費用も出せなんて。行政がやるべきことという認識ができていないのか、わかったけれど、立場上、上司に言えないのか、担当者は、困りきっている。困っていることについては、協力するし、議員さんからも言ってもらいましょうといっても、返事が返ってこない。本当に、困りきっている様子で無理そう。5時をすぎ時間もあるので、電話を切って、飯塚先生に電話。担当者は、気の毒なほど困っているようでここを超えられそうにないと思うと話した。私から、また、話して見ますとお返事を頂きました。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック