FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 8-6
2007年08月06日 (月) | 編集 |
川崎市動物愛護センターや他の動物愛護センターから、収容犬を一生懸命に引き出して下さっている横浜市在住のボランティアさんがいます。ケンの家
里親を探したり、障害のある犬や老犬については治療をし看取るまでお世話をします。知り合ったきっかけは、当会が川崎市動物愛護センターから引き出した老犬の里親さんになって下さり、寿命まっとうまでお世話いただいたことからでした。その後、センターで命を落とす犬達を1匹でも、老犬であってもせめて最後に少しでも幸せな思いをさせてあげたいとボランティアさんと協力して数多くの命を救っております。一年目は当会が少しアドバイスをしたり里親探しの募集にネットで協力したりしてきたのですが、二年目の今期は、ご自身でホームページも作り、当会以上にセンターから多くの犬達を引き出しています。互いに、あまりにも忙しく電話連絡もままならないのですが今日は久々に話しをしました。勿論、内容は、川崎市動物愛護センターでの殺処分をなくすためにどうしたらよいか。私の頭の中では、川崎市の殺処分数は限りなくゼロに近付けることが可能なのですが、それが、当会の一番の目標でもあるのですが足元の救済活動に追われ、なかなかセンターの問題に入っていけないのは本当に残念でなりません。しかし、急がなければと思っております。何といっても、生きるも死ぬもここの業務で決まるのですから。まずは、足元、富士見公園動物シェルターの問題、非常に気分がすぐれません。やる事が多すぎて思うようにすすみません。時間が欲しいです。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会
 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます
☆横浜方式のねこ引き取り制度見直しを求める署名 署名用紙  横浜アニマルファミリー
ケンの家 里親募集中
二子玉川いぬねこ里親会ご紹介ー毎月第4日曜日
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック