FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 8-20
2007年08月20日 (月) | 編集 |
川崎市港湾局千鳥公園の15匹の猫の手術は無事終わりました。ノミ駆除、耳掃除は麻酔の効いている間に済ませました。麻酔が完全に醒め食欲が出たら、お腹の虫を落とす薬、ドロンタールを餌に混ぜて飲ませます。三毛ちゃんが食べている黄色の玉は、とろけるスライスチーズに薬を4分の1に割って包んだもの。このチーズ玉4個食べたらOKです。耳の後ろ側の傷はまだ完治していませんがまもなく治るでしょう。不妊手術の印は耳カット、オスは左、メスは右耳の先を少しカットしています。水入れ、フードの入れ物に使用しているパックは、全国の皆様から届く支援物資のひとつです。また、お送りいただきました美味しい缶詰も捕獲用や薬を飲ませる時などにとても重宝しています。皆様の協力にとても感謝致しております。この場から、ありがとうございます。
mike3.jpg

gure.jpg

そして、千鳥公園の駐車場で来る人来る人にスーリスリーの「たけし君」。富士見公園の「寅さん」とよく似た大きなキジトラの猫さん、あー、捨てられたんだろーね。人間が好きなんだね。どなたか、里親になってくださる方はいないでしょうか。
takesi.jpg

富士見公園のボランティアさんのAさんご夫婦は富士見公園敷地内から出て、その道路脇に住んでいたホームレスさんが置いていった猫達の世話もして下さっています。1匹づつ捕獲し不妊手術をすすめています。川崎市の助成金が受けられるようになって不妊手術を積極的にやって下さる方が市内に随分増えています。捕獲器も借りるのでなく購入を頼まれることが多くなりました。良い傾向です。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』
・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック