FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 8-22
2007年08月22日 (水) | 編集 |
知ってほしい、動物の笑顔

今日、里親さんからメールが届きました。
もう、すごく嬉しいです。相模原に行った「ロク君」です。里親さんにはとても強い印象が残っています。と申しますのは、はじめてロク君に出会ったご夫婦は、何の迷いも無くロク君を里親に迎えてくださったのです。私達は、そのご夫婦をとても気に入りました。そして、今日届いたこの写真です。何て嬉しい、何て幸せいっぱいの、何て優しい、何て可愛い笑顔でしょう。

hukusima-roku.jpg

hukusima-roku2.jpg

あー、そういえば1年前、このわんちゃんも川崎市港湾局の敷地内で保護されて当会に来た子です。そこで仕事をされていたKさんが保護したのですがその男性が川崎市港湾局の敷地内から当会につれて来たワンちゃんはこの子だけではありません。材木置き場から弱りはてて救いを求める最後の鳴き声で発見されたポメラニアンは、全身を虫にむしばまれて助けようが無く近くの病院で安楽死せざるを得ませんでした。今月18日の千鳥公園の捕獲の時には、Kさんが連れて来て不妊手術をした2匹のわんちゃんの散歩に出会いました。ホームレスさんが飼っていると聞いていましたが、今は、仕事もしているしこうして散歩もしているということでした。約束を守って首輪に電話番号もちゃんとついていましたので安心しました。新しい首輪とリードを2匹にプレゼントする約束をしました。今また、傷ついた猫達が溢れる川崎市港湾局千鳥公園。
笑う犬、笑う猫、笑う人、すべての生命に喜びの笑顔が溢れる日が訪れますように。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

環境省「動物の殺処分に関する指針」等、パブリックコメント協力お願い!(9月7日迄) 詳細は、犬猫救済の輪トップページ
★『犬猫救済の輪』
★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』
・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック