FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 長野県 諏訪大社生きカエル串刺し神事の廃止を! 諏訪大社よりの返信と、本日、犬猫救済の輪より強要望書発送
2014年06月15日 (日) | 編集 |
☆長野県 諏訪大社生きカエル串刺し神事の廃止を! 
諏訪大社よりの返信と、本日、犬猫救済の輪より強要望書発送


ブログカテゴリー
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-52.html


●平成26年1月7日 諏訪大社 蛙狩神事についてのお尋ね                
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20140106.html



●平成26年2月5日 諏訪大社より返信


img075.jpg





●平成26年6月15日 犬猫救済の輪より強要望

諏訪大社代表役員                 平成26年6月15日
北島和孝様               川崎市川崎区大島4-23-12
                 犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院 
                           代表  結 昭子

            蛙狩神事につきまして

前略、過日は大変な御多忙の中、標記神事についてのご回答を賜り御礼申し上げます。御回答では、1)鎌倉時代編纂の書物などにも記載されている歴史ある神事であることと、2)氏子崇敬者の皆様とともに守り伝えた伝統文化であること。3)これらにより今後も継続されるとのことをお知らせいただきました。御回答を拝読し、貴社の歴史、否神道そのものに対する知識が私どもにあまりにかけていることを恥じました。
このたび、ご回答に対する当会の返信が大変遅れました理由として、福島県被災地における救護活動と並行して、ご回答中の「諏訪大社物忌令事」翻訳を拝読し、一方で、貴社が執り行って来られた数々の神事について私どもなりに知識を得るために時間を費やしたことを、先ず申し述べたいと思います。

理由は以下述べたいと思いますが、当会としましては貴社の蛙狩神事(生きたままカエルを串刺しにする)が現代を生きる私達の神社として不適切な神事なので、カエル型の人形や絵馬などを用いたり、所作だけとし、「生き物にむやみな苦痛を生きたまま与えて死に至らしめること」の代替えにしていただきたいと再度、強く要望申し上げます。なにとぞよろしくお願い申し上げます

蛙狩神事についての当会の考察は簡略に申しますと以下の通りです。
1)「諏訪上社物忌令事」の古伝承・記録、七不思儀事に蛙狩神事が記載されていますが、この神事が持つ本義は様々な解釈があるものの不明とされています。
2)長野県生島足島神社でも蟇目鳴弦(ひきめめいげん) 蛙狩神事 がありますが、橋の上から弓を射る所作だけで実際にカエルを殺生していません。
3)諏訪開諏訪神社(京都市下京区)は、金井典美著『諏訪信仰史』によれば、「陶器製」の蛙を境内に据えて蛙狩神事を形ばかり行っているということです。
4)貴社の御頭祭の歴史を調べると、以前は少年を柱にしばりつけ(生贄の形)ていたが今はすたれているとのことで人々の意識とともに貴社でも改めてこられたという既成事実があります。 残酷な神事が神事自体の廃止あるいは生贄となる人間や生物を他のもので代用する経過をたどることは他の伝承文化でも行われている「真に文化や伝統を残す術」であると思います。                草々





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。

TNR日本動物福祉病院
愛護精神のある獣医師を募集しています 
・正社員
・アルバイト・パート(週1日~ 長期・短期可)
・研修医も歓迎致します

詳細につきましてのお問い合わせは、どうぞお気軽に メールフォーム にて



スポンサーサイト