シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 緊急!!大拡散!! 署名のお願い 川に猫を沈め殺した犯人に厳罰を!
2014年07月16日 (水) | 編集 |
【TOP固定】

☆緊急!!大拡散!!署名のお願い!!

change.org 署名は、 こちらから

川に猫を沈め殺した犯人に厳罰を!

lsJiZynzQgRVkoY-556x313-noPad.jpg





ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆次回 子猫・被災猫の里親会 

 7月20日(日)12時~17時 雨天決行 
 品川区戸越2-6-6
 戸越銀座商店街
 ペットスマイル 戸越銀座店店頭


togosip.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボランティアさん、募集!!
お気軽に、お問い合わせください。    メールフォーム
logo41.gif

●川崎
あなたも、多数の保護猫達のお世話に手を貸していただけませんか。
週1回、1日3~4時間程お手伝いいただけますととても助かります。





緊急!!大拡散!!
署名のお願い(複数の動物愛護団体発信)

川に猫を沈め殺し実況中継した犯人を許してはいけません

長野県内の動物愛護8団体&全国動物ネットワーク他複数の動物愛護団体発信の署名がスタートしました!

すでにほかの署名サイトに署名なさった方も、再度こちらの署名もお願い申し上げます!
英文もついていますので、海外のお知り合いや愛護団体などにもお声掛けお願いします。

動物虐待のない日本へ!




長野県で猫が捕獲機のまま川に沈め殺された事件で、長野県内の8つの動物愛護団体様と全国動物ネットワーク様他複数の動物愛護団体が犯人に厳罰を求める署名を集めています。
犬猫救済の輪も署名呼びかけ人となっております。すでにほかの署名サイトに署名なさった方も、再度こちらの署名もおねがいもうしあげます、
この署名は日本の社会全体の問題として長野県警、検察だけではなく、環境省、県知事などの公的機関にも効果的に働きかけをして行くことも視野にいれています。


change.org 署名は、 こちらから

署名はこちらから
https://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E5%A4%A7%E7%94%BA%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E7%BD%B2%E9%95%B7%E6%AE%BF-%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E6%9C%AC%E9%83%A8%E9%95%B7%E6%AE%BF-%E9%95%B7%E9%87%8E%E5%9C%B0%E6%96%B9%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%BA%81%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%94%AF%E9%83%A8%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AE%98%E6%AE%BF-%E5%B7%9D%E3%81%AB%E7%8C%AB%E3%82%92%E6%B2%88%E3%82%81%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%81%AB%E5%8E%B3%E7%BD%B0%E3%82%92-urging-a-severe-punishment-of-a-man-who-killed-a-cat-by-drowning-2?recruiter=90830079&utm_campaign=mailto_link&utm_medium=email&utm_source=share_petition




川に猫を沈め殺した犯人に厳罰を!
Urging a severe punishment of a man who killed a cat by drowning

長野県大町警察署長殿、長野県警察本部長殿、長野地方検察庁松本支部検察官殿
状況により、署名提出先に環境省、長野県知事、長野県議会等の公的機関が加わる可能性もあります。

長野県小谷村のアルバイト男性が6月29日昼過ぎに川に猫を沈め殺した事件で、私達はこの男性に厳罰を望みます。
男性は捕獲機に閉じ込められ殺害される猫の様子を動画で公開し、多くの国民がその残酷さに震え、怒り、猫のために悲しみ、苦悩しました。
小さな命とはいえ野蛮に扱うことは許されないのだとはっきりさせることで、命が軽んじられ犯罪が多発する世相を食い止めてください。
この事件が大きく報道されている今、真似ようとする人間が出るのも常のことです。
厳罰に処すことで、とりわけ幼い世代に善悪の区別をしっかりと示してあげてください。
全国で増加している悪質な動物虐待にストップをかけてください。そして命を大切にする国民性を取り戻してください。
法による厳しい処分を重ねてお願い申し上げます。

**************


署名呼びかけ人:
(一社) ゆめまるHAPPY隊 代表理事 国本和哉
一匹でも犬猫を救う会 代表 日比英子
こちら肉球クラブ 代表 千葉理絵
ハッピーテール 代表 東野律子
こねこの会 代表 田中洋子
Kuny’zoo 代表 藤森邦水

ネコと動物愛護 代表 藤田慶美
ラッキーフィールド 代表 森順子

(以上、長野県の動物保護団体)

東京都動物愛護推進員  中村 光子

犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院 代表 結 昭子

人と猫の共生を図る対策会議 代表 内田 明

NPO法人 ねこけん 代表 溝上 奈緒子

全国動物ネットワーク 運営委員 鈴木 敬子

猫と友達 地域猫 東久留米 代表 川井 登志子

NPO法人 しっぽのなかま 代表 佐藤 陽子

宮崎オンブズマン(宮崎県) 野中 公彦

アニマルエイド 大富 直樹

いのちのネットワーク江東 代表 栗田 智恵子

NPO法人 アニマルフレンズ新潟 代表 イザベラガラオン青木

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN 代表 鶴田 真子美 

ほか全国動物ネットワーク賛同団体一同


One terrible incident took place on June 29 2014 at Otani village, Nagano Japan, which one male part-time worker drowns a cat to death in the river. We urge severe punishment of this man. He uploaded a video of cat, captured and killed, on the internet. Many of us feel trembling with anger to hear the news at such cruelty, and feel sad for that cat. We think that it is not allowed for anyone to treat even one small innocent life wrong. We would like you to think that sometimes some particular person makes light of “Life”, and would like to stop such crime by those people. Because lately this case is reported and covered on TV or other media largely, we can easily imagine that a copycat crime occurs, modelled or inspired by previous crime reported. We believe that we can show and teach people, especially young generation, right from wrong by imposing a severe punishment on this man. We would like you to support and help us to stop rapidly rising vicious animal abuse or cruelty nationwide, and think about our national identity that is to value “Life”. We also push a severe punishment of this man and for this kind of crime under the law. Thank you very much for your help in this matter. 


             ( 英訳:岩崎 友理子)






*************
7月9日付で、大町警察署に告発状を送付しました。
告  発  状
               平成26年7月9日
長野県大町警察署長 殿
告発人     
                         (別紙告発人目録記載のとおり)
                   上記告発人ら代理人      
                           弁護士 坂  本  博  之
住  所       不  明   
被告発人   氏 名 不 詳
第1 告発の趣旨
   被告発人の下記所為は、動物の愛護及び管理に関する法律第44条1 項前段の犯罪行為に該当すると考えますので、被告発人の厳重な処罰を求めるため、告発をします。
第2 告発事実
被告発人は、平成26年6月下旬ころ、長野県北安曇郡小谷村付近の河川において、猫1匹(白)を捕獲器に入れたまま水中に沈めて衰弱させたうえで溺れさせ、以てみだりに殺したものである。
第3 告発の理由
1 動物の愛護及び管理に関する法律(以下「動物愛護法」という)第44条第1項は、「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する」と規定している。そして、同法同条第3項第1号は、猫が前記の「愛護動物」に該当する旨規定している。
動物愛護法は、猫は飼い猫と飼主のいない猫とを問わず、全ての猫が愛護動物に該当するものと規定している。
2 平成26年6月29日ころ、インターネット上の「ニコ生」というサイトに、「野生猫を川に沈めに行く生放送」という、生中継を行っていると思われる動画が流された。動画を流している者は、ハンドルネーム「ぷりお」という者であった。
3 その動画には、一人の男性によって、白い猫が1匹、捕獲器に入れられたまま、流れのある川の中に沈められ、溺死させようとしている様子が映されていた。川は、捕獲器全体を水没させられるほどの深さはなかったので、猫は、全身ずぶ濡れになりながら、必死に捕獲器から逃れようともがいていた。その者は、捕獲気を沈められるような深い場所を探そうとして、捕獲器を鉄の棒であちこちと動かしていた。やがてその者は、上記猫の入った捕獲器を、比較的水深があり且つ流れの速い箇所に置いたまま、車に乗ってその場を立ち去った。
猫は、全身濡れたまま、水中に置き去りにされたので、早晩衰弱して力尽き、溺死したものと考えられる。
4 上記のような行為の態様は、猫を捕獲器に閉じ込めたまま水没させようというものであり、行為自体から確定的な殺意を以て行ったことが明らかである。また、その動画に同時に入っていた音声によると、その者は、「殺したかあねえけど」、自分が住む古民家に入ってきて、その者の食物であるスパゲティやそうめんを散らかされたため、「こっちも困るんだよ」、「近所、悪さする猫、ぶっ殺さねえと、ダメなんですよ」などと自ら述べており、上記の猫を確定的に殺害する意図があったことは明らかである。
そして、その行為の態様は、徐々に衰弱させて遂には溺死させるというものであり、長時間をかけて苦しめながら死に至らしめるというものであって、極めて残酷なものである。
5 従って、その者の本件行為は、上記の猫を、確定的な故意を以て殺害したものであり、動物愛護法44条1項に該当する犯罪を構成するものであることが明らかである。上記の「その者」が、本件の被告発人である(以下「被告発人」という)。
なお、上記の動画によると、被告発人は、上記の猫を野良猫であると言わっているが、このことは、同犯罪に該当するかどうかを左右しない。
6 被告発人は、動画の中で、本件は害獣駆除であると述べており、害獣は殺しても構わないという認識を有していることが明らかである。また、被告発人は、「今度からはこういうのは放送しないようにしますわ」「地元のお偉いさんにも許可取ったしさ」「警察に伝えたって、何もしねえよ」などとも述べており、同種犯行を繰り返す意図を吐露している上、本件のような行為を行っても咎められるところがないと考えている。そして、被告発人は、自らの犯行を動画に撮影してインターネット上で公表するという行為を行っており、自らの行為を誇示しようとしている。このこともまた、同種犯行を繰り返す可能性を徴表するものである。その上、上記のようなその者の発言からは、被告発人の周囲にも同様の考えを有する者がいることを物語っている。
そのため、本件を見逃して放置してしまえば、今後も被告発人や被告発人の周囲の者らによって同種犯行が繰り返される可能性が極めて高い。
また、上記動画を見た者らの反応を見ると、本件のような行為が犯罪行為ではないという認識を持っている者も多数いることが分かる。そのような者らに対して、本件が犯罪行為であることを知らしめることが、一般予防に資することになる。
従って、本件犯行に対しては、厳罰を以て望む必要がある。
7 なお、被告発人についてであるが、元白馬村で「○○」という名称のペンションの経営を行っていたものであり、Hという氏名のものである可能性が高い。同ペンションのブログが「○○」という者が作成したものであるところ、同ブログに被告発人であると考えられる者が写った写真が多数掲載されており、その写真に「自分」という説明が添えられている。このペンションの住所が、○○である。また、同じ氏名の者がスノーボード委員会のHPに掲載されているが、上記動画の中で、被告発人はスノーボードの話題を述べている。なお、被告発人は、現在は同郡小谷村に住んでいるという情報がある。
8 また、既に述べたように、被告発人は、「地元のお偉いさん」から猫殺害の許可を取ったなどと述べているが、被告発人に対して「猫を殺していい」などと述べた者については、本件犯罪の教唆犯が成立するものと思われるので、この点についても捜査を遂げられたうえ、厳重な処罰をされたい。
第4 証拠資料
資料1の1、2 動画からキャプションした写真
資料2の1~3 ペンション○○の公式ブログ
資料3の1~3 同公式ブログに掲載されていた写真の拡大したもの
資料4     同コテージのHP
資料5     スノーボード委員会のHP
資料6        陳述書
第5 添付書類
1 証拠資料 各1通
2 委任状   9通
   *  *  *
愛護動物をみだりに殺すことは犯罪です。家猫でも野良猫でも、猫は愛護動物であり、害獣ではありません。
殺された猫のためにも、声をあげていきましょう。二度とあってはなりません。
動物の溺殺は許されません。警察にも、行政にも、この虐待事件を厳正に受け止め、再発防止にご尽力頂かねばなりません。
この種の弱い動物に対する虐待は連鎖することも多く、また放置しておくと過去には殺人事件のようなさらに凶悪な事件に発展する事例も見られます。
猫は、豊かな感情と知性を備えた愛護動物です。「汚い」のは捨てた人間のせい。薬できれいになります。野にいる猫でも、投薬や介護をすれば、病気も治ることがあります。捨てた人が悪いのです。猫たちに罪はありません。
たくさんの野良猫が、手術やごはんの世話を受けていることを忘れないでほしいのです。
見守っている人がいます。勝手に捕まえないで!勝手な捕殺は決して許されません。
______________ANJ事務局





拡散希望!!
☆川に沈められて虐殺された猫のために!
長野県動物愛護会会長・萩原清県議に応援メッセージをお願い致します。




6月29日に長野県でアルバイト男性によって猫が川に沈められて虐殺されるという痛ましい事件がおきました。
犬猫救済の輪ではこの犯人に厳罰を望んでいます。

恐怖におののく無抵抗な猫を「そうめんを散らかした」などという理由でいたぶって殺し、その様子を中継するという言語道断の所業は動物愛護団体でなくても許すことができません。
県内、県外、海外からも怒りと悲しみの声が湧き上がっているなか、長野県動物愛護会会長であらせられる「萩原清」県議にこの問題を重く受け止めていただき、二度とこのような事件が起きないようアクションを起こしていただきたいと思います。萩原先生は長野県の動物愛護の推進のために尽力してくださっておりますことからも期待しております。

犬猫救済の輪では、はぎわら先生に以下のような文書をお送りしました。

長野県議会議員・長野県動物愛護会会長
萩原清先生

当会は神奈川県および福島県の被災地で主に飼い主を失った犬猫の保護や付属病院にて治療や不妊去勢手術をおこなっている「犬猫救済の輪」と申します。
日頃、先生の長野県動物愛護会会長としてのご尽力に大変感謝申し上げます。
早速ですが、6月29日には長野県下で発生した「猫を捕獲機に入れたまま川に沈めて殺した事件」はマスコミやフェイスブックなどで大きく取り上げられておりますので、先生もご存じとは思います。犯人に厳罰を求める署名はすでに15000筆を超えており、世間の関心の深さがうかがえます。動物虐待は人間への犯罪の序章としても見逃すことができません。警察や検察がこれらの世論をしっかり受け止め、犯人が厳罰に処せられることを望む声が高まっている中、長野県動物愛護会会長として先生にはぜひとも関係各所(特に警察や検察)への厳罰要望のお声掛けと問題解決に向けての施策をお願い申し上げます。
長野県はコムキャットという全国に先駆けてのいわゆる地域猫の試みがなされたことで著名です。長野県の動物愛護行政の名にかけましてもこの件についての先生のご指導をお願いする次第です。          

2014年7月15日
犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院
代表 結 昭子(ゆい)


※あなたからも、長野県動物愛護会会長の萩原清先生への応援メッセージを一言でもお願いできませんか。

応援メッセージ例
「猫を川に沈めて殺した事件の犯人を厳罰に処すことを求め、動物虐待のない安全な長野県になるよう頑張ってください」







sennsei.jpg
長野県動物愛護会会長として挨拶をなさる萩原清先生







萩原先生へのメッセージの宛先
〒390-0303
長野県松本市浅間温泉2-2-16
FAX:0263-46-6637

長野県自民党県議団への意見メールはこちらから(萩原先生のメールアドレスではありませんが、こちらにもご意見をお願いします)
http://jimin-nagano.net/contact/




☆多頭飼育猫小田原

多頭猫小田原現場にて、15日夜ボランティアさんと待ち合わせ、二度目の掃除、環境整備を行いました。

飼主さんより猫の健康管理ができないとのSOSがはいっておりましたが、これほどまでに状態が悪くなっているとは。6匹の衰弱しきった猫を再びTNR日本動物福祉病院に搬送入院となりました。脱水栄養失調衰弱が酷く瀕死の状態の子もいます。ドライフードは前回沢山届けてあります。缶詰は確かに70匹からの猫にあげるには1日1匹に半缶づつあげても35缶、当会でも医療費も追いつかない状況で少しの支援がやっとです。水を沢山置くように言っているのですが習慣なのか部屋に一つしかなく、みんな脱水状態です。
入院していた結石の猫や、肝臓の悪い猫は、安定しましたので退院となり、ご支援いただきました処方食を持って送ってまいりました。よく説明してきました。

里親に出せそうな子は二匹位しかいません。
心配がいっぱいですが、片道1時間半往復3時間の小田原、作業や猫の健康チェックも加えたら8時間程もかかってしまいます。私も沢山の動物を抱え、福島の活動ややらなければならないことが多すぎて通いきれません。
小田原の子達が落ち着くまでサポートしていただけます方(10日に1度くらい状況を確認に行っていただき必要あらば病院搬送していただける方)はいらっしゃいませんでしょうか。
※多頭猫小田原 緊急支援物資のお願いです
・猫缶・レトルト種類問わず
・a/d缶 入院中の猫、栄養不足の猫用

・トイレの猫砂
・ジョイペット 天然成分消臭剤
ペット用 ファブリーズ 370ml
・大判つめみがき

・リッチェル コロル ネコトイレ F60色問わず
・処方食肝臓サポートドライフード
・猫用トイレの紙砂 種類問わず
・成猫用ドライフード 種類問わず 
 

・食器用洗剤 ・掃除用洗剤 ・塩素系ハイター

支援物資送り先はブログ下の方に記載
前回お届けしましたたまの伝説等の缶詰は猫達が飛びついて食べているそうです。ありがとうございました。

多頭救済活動ご寄付報告 後日収支報告も致します(不妊手術等医療費と、緊急につき一部ボランティアさんの活動交通費に使わせて頂きます。)
このレスキューに必要な費用推定額は、約¥966600です。
不妊手術 70頭×¥6000 453600  ワクチン 70頭×¥2500 189000  他入院治療費等324000

ご寄付を賜りまして誠にありがとうございます。
6/23 MH様 MT様 6/24TY 様 YT様 6/25YS様 匿名様 TT様 HK様 YF様  6/26YU様 MK様 EM様 TI様 HS様 YM様 KM様 MA様 KA様 NY様 ST様 I様 RS様 MH様 6/27 IT様 KS様 MK様 TK様 MK様 KI様 KY様 KI様 SS様 YI様 6/28M様 SK様 7/1YS様 7/3 MO様 7/4AK様
多頭ご寄付合計額480,127円




渡辺綾美ピアノリサイタル 東京&ヨーロッパ公演チケット販売中
http://blog.livedoor.jp/pianogarden/archives/37198517.html
http://ayami-pf.com/concerts.html
214254a6.jpg

被災動物チャリティーコンサート2013記録
被災動物チャリティーコンサート2012記録
全身全霊のピアノ演奏で、2012年、2013年、あの苦しかった時を、沢山の被災動物救済に手を差し伸べて下さった渡辺綾美さん。
いつも、応援下さっている皆様、ときには、優しい音色に心をお安めになりませんか。



※福島給餌活動は次回は、7月25日26日(金)(土)の予定です。
引き続き、川崎、福島共にフードご支援を宜しくお願い申し上げます。

◆支援物資のお願い 川崎
現在、特に必要なもの順に書いています
・トイレの猫砂
・成猫用ドライフード種類問わずお安めの品で

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/
・子猫用カルカンレトルト(種類問わず)
・成猫用カルカンレトルト(種類問わず)
・ちゅーる まぐろ
・猫缶在庫わづか(たまの伝説・黒缶等種類問わず)
・薬用ハンドソープ
・ペットシーツ(レギュラー)

川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード(福島給餌用種類問わず)
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/
・子猫用缶詰・レトルト・ドライフード
・ペットシーツレギュラー

福島 指定日なし午前着指定  
受入先住所 〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)


アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら



◆支援金のお願い 
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。

TNR日本動物福祉病院
愛護精神のある獣医師を募集しています 
・正社員
・アルバイト・パート(週1日~ 長期・短期可)
・研修医も歓迎致します

詳細につきましてのお問い合わせは、どうぞお気軽に メールフォーム にて
スポンサーサイト