FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆多頭飼育崩壊小田原77頭 経過
2014年06月28日 (土) | 編集 |
☆多頭飼育崩壊小田原77頭 経過

子猫8匹につきましては、TNR日本動物福祉病院にてワクチン接種後、タンポポの里様シェルターへ移動、里親探しになりますので宜しくお願い申し上げます。

「8匹の子猫は、里親を探します。」と、タンポポの里代表の石丸さん。
TNR日本動物福祉病院でワクチン接種中
CIMG0390.jpg





飼主さんとの話しを少しづつしています。
飼主さんは、猫への優しい気持ちはあります。
けれど、
増え続け69頭になり、更に子猫が生まれプラス8頭で計77頭となり、更に、お腹の大きい子が沢山いる。
「もうだめだ。」となりました。

不妊手術の結果、胎児は46頭。
生まれていれば、この夏123頭になっていました。

現在入院中の猫やこれから検査する病気の猫も、最終的に全て飼主さんの元へ戻ったとして、全部で68頭になります。
この数はとても多いですが、飼い主さんが健康であれば年齢的には最後まで見届けられます。
その意味では、ホッとされているようです。

当面、困っているのは、今までの動物病院(猫への気持ちはあり、病院にかけていました。月賦で支払っているそうです。)への借金と今後の治療費や処方食にかかる費用です。

入院中の猫がまもなく退院できそうですので、連れて近日中に小田原に行ってまいります。 
特に病気の猫の治療が急がれる為、そのようなことでよく話し合い、里親に出すかどうかも含めて方向性を出したいと思っています。
スポンサーサイト