シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆ボランティア連携福島レスキュー活動 11月14日・15日 ☆保護しています。飼い主さんは、いらっしゃいませんか。
2014年11月16日 (日) | 編集 |
【TOP固定】

※福島被災猫救済活動 応援ありがとうございます。ボランティア連携福島レスキュー活動 次回は、11月28日~
大熊町、双葉町 海側の国有化予定区域 + 山側の帰還困難区域の捕獲保護に着手。26カ所のポイントに捕獲器設置。





※natsumintさんブログ
11月21日出発、22~24日 給餌用フードのご協力をお願い致します。




ボランティアさん、お待ちしています。お気軽に、お問い合わせください。  メールフォーム
logo41.gif


拡散!! 開催中
東日本大震災・被災動物の為のチャリティーショップ
『出来る事ことを、少しづつ。』

dekirukotowo.jpg
     バナーリンクフリー




ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!

  banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif



☆ボランティア連携福島レスキュー活動 11月14日・15日

福島の活動を終えて、無事、戻りました。
全国の皆様の、応援ご協力のお陰です。ありがとうございました。


●現地レスキュー参加メンバー
犬猫救済の輪 二台
またたびさん&ねこかつさん 一台
ニャンダ-ガード特餌隊    二台
    皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。
 

二日間しか立入許可がとれない中での活動でしたが、五台の車が各区域で全力でレスキュー、給餌給水を行いました。
素晴らしい連携がとれたと思います。
捕獲器の設置個所を、国有化予定区域19台に加えて、
大熊町双葉町の帰還困難区域の広範囲に広げ、11台を追加設置できました。
合計30台の捕獲器を設置した結果、成果を上げることができました。

授乳中の猫さん、おっぱいが、さほどはっていなくても、ギュッと強くつまんで、白いおっぱいがでる子は、とても辛いですが、子猫が生きていることを信じてその場で放しました。
たとえ子猫がごはんが食べられる大きさまで成長していても、目の前に毎日ごはんをくれる人がいるわけではない、この特別な場所では、自力で狩りができるようになるまで母猫だけが頼りですから。
付近に、子猫が食べられる低い位置にフードを置きます。他の動物に食べられてしまってもすぐになくなってしまわないようにどこかを探せばあるように、小分けにして何カ所かに物の下に滑り込ませるように置いてきます。

活動の詳細は、後日、ご報告させて頂きます。

震災原発事故後から、三年八カ月を経て、救出されました猫達です。
今回、特に凶暴であったり野良猫っぽいこはいません。
あきらかに、飼い猫であったと思われる猫さんもいます。


現在、犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院に保護致しました。
ワクチン、去勢手術、ウィールス検査、健康状態等確認後、ニャンダ-ガードさんや猫のマリアさんと相談の上、保護場所を決めて移動予定です。



●救出保護
国有化予定区域      三匹
帰還困難区域        二匹
避難指示解除準備区域  一匹    計 六匹






国有化予定区域 大熊町
大熊町寺下
仮名 こうじ君 茶トラ オス
DSC03980.jpg

IMG_0084.jpg



国有化予定区域 双葉町
双葉町郡山
仮名 ルビーちゃん グレー縞 メス
IMG_0083.jpg

IMG_0067.jpg




国有化予定区域 双葉町
双葉町新山下条
仮名 新太郎君 茶トラ白 オス

IMG_0195.jpg




帰還困難区域 大熊町
大熊町旭台 
仮名 たちばなちゃん グレー縞 メス
DSC04039.jpg

IMG_0158.jpg



帰還困難区域 大熊町
大熊町旭台 
仮名 紅子 茶トラ メス  
IMG_0170.jpg

IMG_0171.jpg



避難指示解除準備区域 来春以降帰還予定
楢葉町名古屋町営住宅
仮名 ミユキちゃん 黒白 メス
DSC03987.jpg

DSC03993.jpg




☆東急電鉄・管理会社(東急ステーションリテールサービス)
 建物の隙間に落ちた猫について



初めに、困難なレスキューのSOS発信に、協力を申し出て下さいました皆様、お知恵をお貸しくださいました皆様、ご心配下さいました皆様に心からお礼を申し上げます。
頂きました多くのアイデアは、今後のレスキュー活動でも役立つ場面があると思います。大切に致します。
沢山のメールや、留守電を頂いております。誠にありがとうございます。また、ご返信ができませんこと、この場より深くお詫びを申し上げます。


さて、救出が急がれる建物の隙間に落ちた猫ですが、
激動の一日となりました。
転落事故発生以来11日目に当たる12日(水)、やっと管理会社(東急ステーションリテールサービス)が建物壁面の一部に穴をあけて猫を救出することに決まりました。

私は、工事や他の事はできませんが、猫の習性を理解して、保護する技術と経験だけは、東急関係者のどなたより確実にできると思っております。穴をあけるときは大きな音もするだろうし、猫が驚いて不測の事態が起きてはいけないと万善を期すつもりでその場に立ち会うつもりでした。
工事の前に、穴をあける音に驚いて飛び出さないようにまず建物の表側も裏側も塞いだり、小さな穴から猫の様子が見られるようファイバースコープを用意したり、保護する時の専用ネットやシーツ、広めのケージも必要ですから用意しました。

ところが、東急電鉄東急ステーションリテールサービスの担当者は、「猫を保護する専門業者?もよんでいるので大丈夫です。」と、動物愛護団体を排除して、おそらく駆除業者をいれました。私は、「その猫を確実に保護するには、エサやりさんが一番で、次は、私愛護団体、或いは行政の動物愛護センターの人、他には消防のレスキューです。専門業者とはなんですか。」と申し上げましたが、聞く耳持たず専門業者だから大丈夫、人の建物なのであなたは入れられませんと。必要な人は入れるのではないでしょうか。気にいらないから愛護団体は入れないということでしょう。

その結果・・・・壁面に穴をあけ、専門業者が中に入ったところ、穴あけの音で恐怖の絶頂だった猫は、捕まえに来た知らない男の人に驚いてパニックになり、最後の力であの怖くて登れなかったのであろう7メートルの差し込み棒の高さまでコンクリートにあたりながら一気に上がって外に飛び出していってしまい、行方がわからなくなってしまったとのことでした。住んでいたのは店舗の裏側の車も入ってこない静かなところ、飛び出したところは表側駅前通り人の流れが激しい飲食街、目の前が大きな道路、行ったこともない場所です。

猫のことがわかっている人間なら当然、飛び出しを防ぐため塞いでから工事に入ります。駆除業者ならやらないでしょう。悪い予感があたってしまいました。
私が車を飛ばして到着した時には、すべて終わったあとでした。

東急電鉄さん、なぜ私を立ち会わせて協力させてくれなかったのですか。せめて一番慣れているエサやりさんに保護をさせて下さらなかったのですか。穴が開いたら立ち会わせて下さるようにと何度もお願いしていたそうです。
会社のメンツですか。・・・それとも愛護団体を疎ましく思ったのですか。
最後の最後になぜ猫の安全救出を第一に考えてくれなかったのですか?

この2日間ほとんど眠っていない頭の中は悔しさと割り切れなさでいっぱいになりました。
猫の専門業者がいるから大丈夫といわれたのですが、男性一人で粘着ボードのようなものも持っていたそうです。
便利屋ですか。駆除業者ですか。
保護救出作業をする人間は何事も注意して、一度しかないチャンスを確実に成功させるために慎重に行います。命がかかっているからです。

東急電鉄さんは、愛護団体を排除して何の専門業者に依頼したのですか。

猫が飛び出したという方向は交通の激しい道路です。事故に会わないか、またどこかに身をひそめて出てこれなくなっているのではないかなど、苦しくてたまりません。
エサやりさんの呼ぶ声に反応して、ずっと鳴いていた猫です。
深夜に道の向こうまで聞こえるように大きな声で呼び続けて下さい。きっと、聞こえます。戻ってきますからと言って、またたびの粉などもエサやりさんに渡してきました。



皆様、御心配いただき本当にありがとうございます。
東急電鉄さんが命に優しい企業になっていただけますよう、皆様もご意見を是非おとどけください。
言葉を持たない猫に代わりどうかよろしくお願いいたします。

御意見はこちらから

https://ssl.okweb3.jp/tokyu/EokpControl?&fKType=kwd&fSType=a&fSLog=false&fKeywords=&fChk=&tid=&mode=&uid=&cid=&page=&wid=&event=DE0001&fType=all&eokpSessionId=6B4F8E539ABE1123729864ED4C521FDC.sc-ap14-1&method=




◆支援物資のお願い 川崎
現在、特に必要なもの順に書いています
・トイレの猫砂
・ペットシーツレギュラーサイズ・ワイドサイズ

・処方食a/d缶
・チャオカップ入り(福島捕獲用)
・透明ポリ袋(20リットル・30リットル福島フード移し替え用、薄すぎないもの)
・半透明または乳白色ポリ袋(20リットル・30リットル福島フード移し替え用、薄すぎないもの)
・処方食キドニーケアドライフード(腎臓の悪い保護猫多数の為)
・処方食イースター腎ケアドライフード(腎臓の悪い保護猫多数の為)
・猫缶種類問わず フリスキー  はごろもイエロー缶

・猫草の種(シェルター用)
・猫草栽培用土
・100円洗面器(福島給餌用ボール)
・ロッテホカロン(里親会用)
・処方食i/dドライフード(離乳後の子猫の下痢に、効果があります)
・洗濯用粉石鹸・液体石鹸ご不用のものがございましたら
・塩素系ハイター
川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード(福島給餌用種類問わず)
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・100円洗面器(福島給餌用ボール)
・猫缶各種
・トイレの紙砂
・箱ティッシュ
福島 指定日なし午前着指定  
受入先住所 〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)


アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら



◆支援金のお願い 
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




Ayami Watanabe(Pianist)Piano Channel
https://www.youtube.com/user/ayamipianoforte



■ 求人 獣医 TNR日本動物福祉病院
動物に優しい熱意ある獣医さんを募集しています 
・正社員 2015年新卒獣医  中途採用も募集
・アルバイト・パート(週1日~ 長期・短期可) ・研修医も歓迎
詳細お問い合わせは、お気軽に メールフォーム にて



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。

スポンサーサイト