FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
  ☆1.16~1.19ボランティア連携福島レスキュー活動終了 福島から戻りました ありがとうございました。
2015年01月20日 (火) | 編集 |
☆1.16~1.19ボランティア連携福島レスキュー活動終了 
  福島から戻りました ありがとうございました。


私も、三日目、四日目と福島入りしておりましたので、連携ボランティアさんたちとの細かいお話はこれからです。
ボランティアさんの報告もこれからお伝えしたいと思っています。

今回は、私の福島入り一日目の朝。国有化予定区域大熊町双葉町に入る前に立ち寄った富岡町の様子です。
去年いっぱいで福島活動を終了されましたニャンダラーズ二号さんが、活動して下さっていた場所に残る猫さん、
また、食べ物を求めてポイントをまわって彷徨う猫さんがいると思いますと、これ以上はできないと思っても、やはり気になってなりません。
大熊町の気になる場所は、桜ママさんが行って下さるというので甘えさせていただいて、
私は、富岡町の数か所を回ってみました。


IMG_0783.jpg



IMG_0779.jpg



IMG_0777.jpg
お腹が空いて、冷たいあんよで歩いて歩いて、おいしい焼きカツオの匂いで辿り着いたんだね。
猫のマリアさんからスタートした連携ボランティアさん達によってホカロンと毛布で温かくくるんだ捕獲器。
覗いて見たら、可愛いキジトラ猫さんでした。
また後で、暖かいお部屋でいっぱい食べようね。
IMG0772.jpg




IMG_0780.jpg



IMG_0786.jpg





IMG_0784.jpg



給餌器の場所を覚えて、ペコペコのお腹でやっと辿り着いた、その給餌器が空っぽだったら、この子達はどんなにどんなに悲しいでしょう。
だから、力足りないけど、一生懸命できるだけのこと頑張るね。
IMG_0788.jpg



不安に思っていた富岡町のポイント。でも、いい事がありました。
福島の他の区域で活動されていらっしゃるボランティアさんに、偶然初めてお会いできました。やはり、ニャンダラーズ二号さんの後を心配され来て下さったようです。またあとでゆっくりお話ししましょうと。
それからふるここさん。大熊町の牛のお世話でお忙しいのに猫の方も時々とおっしゃられていました。
そして、何より高円寺ニャンダラーズさん自体の福島活動がどうなるかでその影響は大きく、とても心配しておりましたが、ニャンダラーズ一号さんこと、佐藤さんから「大丈夫です。続けます。」との、力強い言葉がありました。
ありがとうございます。助け合って、まだ頑張れますね。

私は、雪で滑って頭打って危なかったけど、重たい物持てないし、足元躓いてばかりだけど、できるだけみんなに迷惑かけないように心がけて、少しでも動物たちの役に立つことがあるうちは続けたいと思っています。

それにしても、頭いたかった。血が固まってるし、まわりぶよぶよしてる。皆様も雪にはお気をつけて。私だけかな。
IMG_0768.jpg






TNR日本動物福祉病院、無事到着致しました。
具合の悪い子はいないようです。
では、詳細はまた。
IMG_0865.jpg


支援者の皆様、ありがとうございました。
参加連携ボランティアの皆様、大変お疲れ様でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト