FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 遺棄虐待犯罪は警察へ通報を!
2007年11月23日 (金) | 編集 |
11月22日、川崎区内でご近所の野良猫等の不妊手術や世話をされている方から、帰郷している間保護した子猫を預かって欲しいと頼まれ引き受けました。今週、近くの公園に捨てられた1ヶ月位の子猫で目がぐしゃぐしゃだったのですぐ病院に連れて行って治療したそうです。
みるみる元気になって貰い手さん見つかりませんかと相談されました。
「どれどれ、どんな子でしょう。」
karen071123.jpg

「あらー、たまみちゃんにそっくり。」
たまみちゃんは6月に里親に恵まれたおちびちゃん、立派に育てていただいて今月もう不妊手術を受けました。写真を引っ張り出してみると、
tamami.jpg

「ほらー、そっくりでしょ。」まさか、たまみちゃんのお母さんがまた次の子を生んで、また子猫が捨てられたんじゃないでしょうね。
子猫だけ捨てられているのはおそらく不妊手術をしない無責任な飼い主によるもの。
繰り返される場合が多いから何とか遺棄した犯人を突き止めたい。

今度の子は、「かれんちゃん」と名付け、里親さんを探すことになりました。
保護された方はご自身で川崎臨港警察署に電話をして地域課の担当者に「子猫が遺棄された公園に貼り紙などをして欲しい。」と申し入れたそうです。

ちょうど10日程前に私が猫の遺棄の扱いについて申し入れたばかりでしたので、きちんと対応して下さったかなと期待したのですが・・・ 残念。
「警察では、それはできません。」と言われたそうです。
ムッ、何もしないってこと。警察として出来ることは、川崎区保健所や南部公園事務所と連携してやるって言ったばかりなのに。
保護した方も納得できずまた翌日電話したそうです。よしよし、みんなが声を上げないと動かない。相談課の方が対応したそうです。
私の時と同じ順番、私の時と同じ担当者かしら。
もしかしたら動物愛護法なんてないみたいなこと言った同じ担当者か、違う人かわかりませんが、今度はきちんと丁寧に対応して下さり、連携してやりますと感じよくおっしゃったそうです。
それで、保護された方、「田舎から帰ったらどうなったかまた確認の電話をします。」と言っておいたそうです。私より、よくやりますね。

犯罪は許さない。動物遺棄は、警察に通報しましょう。みんなの声が必要です。

沖縄古波蔵交番の「犬のお巡りさん」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000017-ryu-oki

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
★次回里親会11月25日(日)会場・品川区 詳細後日掲載します
★『シェルターの猫たち』
・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック