FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 区民と行政の協力で
2007年11月26日 (月) | 編集 |
昨日の里親会で、カレンちゃんは里親さん決定。後は、12月3日のお届け予定です。
今日、保護した方から電話がありました。田舎から戻り、子猫の里親が見つかったか心配で電話がきたのかと思いましたら、それもありますが話しは二つ。

ひとつは、「警察から電話があって・・」 「ドキッ」 「南部公園事務所と連携して、子猫が捨てられていた公園にポスターを貼ってくださるそうです。それから、南部公園事務所がまた他にもそのような公園があったらポスターを貼りますから言ってくださいと言っていたそうです。」
「エーッ、すごいー。それ、川崎の人、みんなに聞かせてあげたい。イエー、全国の人に聞かせてあげたい。すごいですよ。それだけで大きな効果がありますよ。捨て猫減りますよ。手術してくれる人も増えるし、大人も子供も動物愛護法のポスター見て、動物を捨てることは悪いことなんだよ。」自然に啓蒙されてそれが当たり前のこととして皆に知られれば、遺棄も虐待も減っていきますよ。野良猫の不妊手術や世話をしている人も、怒鳴られるの恐れて隠れてなんてやらなくても、もっと堂々と活動しやすくなって一層地域の環境改善につながります。

とても、ステキな連携ですね。
区民、警察、保健所、南部公園事務所このパターンが定着するように努めましょう。
遺棄犯罪をなくすために、野良猫がいるためにおきる苦情やトラブルを減らす為に、動物愛護精神を高める為に、協力しましょう。
このために、この四者が対立しなければならないようなことは何もありません。
気持ちよく協力すれば、互いに助かり、地域環境はよくなります。
川崎区保健所が作成して下さったとても良い看板が出来ています。
それに警察の名前を入れていただいたり、問題の起きている公園に掲示して頂いたりして皆で地域をよくしていきましょう。
子猫を保護した一川崎区民の行動で救われたのは一匹の命にとどまらず、今後にも大きな影響を与えます。
警察や行政に電話することはとても勇気のいることですね。
でも、一度で駄目なら二度、きっと、通じるわかってもらえると信じて話して下さい。
私などは、わかってもらえるまで納得いくまで諦めません。
で、子猫を保護された川崎区民様、よくやって下さいましてありがとうございました。

で、二つ目の話とは・・「近くの〇〇屋さんところに野良猫がいっぱいいて、野良猫?のお母さんが子猫5匹位連れて来てるって・・」
それは、自分で行って事実関係よく調べてからですね。「猫がいっぱいいる所に無責任な餌やりあり」餌だけあげて不妊手術は中途半端、野良猫を増やしている事が多いですから。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
★次回里親会12月2日(日)会場・大田区蒲田ペットスマイル
★『シェルターの猫たち』
・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック