FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 島根県タヌキくくり罠捕獲撲殺処分即刻中止を!
2007年12月13日 (木) | 編集 |
横浜のら猫同盟 代表 高橋様より

*12月12日 知夫村役場 産業課 矢田氏に電話

 Q 12月11日付読売新聞(大阪版)に村長のコメントがでていました。10日午後5時現在の捕獲数はゼロとあったが10日夕方TV朝日放送で放映されたタヌキはいつ取材されたものなのか?

 A 9日、10日に取材されたものです。11日は6頭捕獲した。

 Q 全国から抗議が来ている中でなお続けているのですか?やるか、やめるかの決定権はだれにあるのですか?
 
 A 課で決めるが、最高責任者は村長である。
 
 Q 今回の予算はいくらですか?

 A 105万円である。

*その後、島根県、鳥獣対策室へ電話

 Q     知夫里島のタヌキ殺害について県の判断はどうなのですか?

 山下氏  鳥獣害対策については各市町村におろしている。指導も国の基本方針に基づいてやっている。

* ここから本来の担当者、大国氏に替わる。

 Q    私たちはタヌキをくくり罠で捕獲して撲殺する行為は虐待だと判断していますが、県(担当者)はどうですか?

 大国氏 できるだけ苦痛を与えない方法で捕獲するよう指導している。現場で捕獲した後、選択の中からできる限り苦痛を与えない方法で殺すようにしている。 

 Q    撲殺というのは苦痛を与えない方法なのですか?

 大国氏 個体についてルールに基づいてやっている。できる限り苦痛を与えないという。

 Q    これは虐待ではないのですか?

 大国氏 虐待の定義は何ですか。何を持って虐待というのか。

 Q    県はやめさせることができないのですか。

 大国氏 知夫村の判断による。


村長のコメントが載っています。
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/20071211kn03.htm


banner_03.gif

http://www.jimin-animal.net/


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック