FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 島根県タヌキくくり罠捕獲撲殺処分即刻中止を!
2007年12月14日 (金) | 編集 |
12.13
島根県各県議会議員宛にFAX致しました。


知夫村タヌキ駆除の即刻中止のお願い、及びご提案

「不妊去勢措置を無償で請け負います」


日頃の県政へのご尽力に感謝いたします。
知夫村のタヌキ駆除の模様がテレビで放映され、多くの国民が心を痛めております。
村おこしのために、わざわざ村へ連れてこられたタヌキが繁殖し、農作物をあらすので捕獲して殺すという報道でした。

人里に下りてきたタヌキを殺す方法では永久にこの問題に終止符を打つことができず、毎年農作物に被害が出続け、殺し続けなければなりません。行き当たりばったりの駆除はまさに税金の不毛な用い方といえると思います。不妊去勢措置と防御策を同時に行う事こそ抜本
的な解決策です。農作物を守りながら、タヌキの数をコントロールする方法を検討すべきです。

こうした折、11日の読売新聞に村長が「生活もタヌキも守るようなアイデアを提案してもらえたらありがたい」と訴えました。が、その発言の一方で昨日も処分が行われました。こうした発言がある以上、一旦処分を中止し、早急に専門家や一般から提案をもとめ、善後
策を検討すべきだと思います。

当会では、神奈川県の山口武雄獣医師と協力の上、今後、捕獲したすべてのタヌキの不妊去勢手術を無償で提供する用意がございます。またこれまでも山口獣医師は海士町で猫の不妊手術を行っている実績があります。現在の殺処分に係わる予算はたとえば電気柵などの農作物の保護に回していただくことが可能です。

先生には、ご多忙のこととは存じますが、知夫村に対し、一旦処分を中止し、当会の提案を検討すべくご指導くださるようお願い申し上げます。



平成19年12月13日
犬猫救済の輪 代表 結 昭子


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック