FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆常総市署名提出のご報告とお礼( 賛同者:14,743人)☆茨城いろいろ ☆言葉を持つ、私達に出来る事・・・それは、動物たちの代弁者になる事。たとえ一言でも、勇気を持って。
2015年11月23日 (月) | 編集 |
【トップ固定】
☆次回ボランティア連携福島被災動物救済活動 11月27日(金)~11月29日(日)
給餌用フードご支援ご協力お願い申し上げます。川崎多目希望です。

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・センサーカメラ取替用単三アルカリ乾電池
被災猫保護用美味しいフード
・焼きカツオ ・焼津のまぐろ各種 ・チャオ各種 
※また、保護されている多頭猫の維持のために、トイレの砂のご支援を頂けましたら助かります。・猫の紙砂  ・猫の紙砂 



logo41_20151105163446146.gif


(2015年11月1日正午12時より販売開始)
dekirukotowo_20151031191945983.jpg



ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!
 banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif



☆子犬子猫被災猫里親会

11月28日(土)・29日(日) 雨天決行
13:00~17:00
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内

1kanban1_201511110202174f8.jpg
福島・茨城より多数の救いたい命。どうか、温かいお家に迎えてあげて下さい。

♪ねこのおうちさがし♪



☆常総市署名

署名提出のご報告とお礼( 賛同者:14,743人)

平成27年9月鬼怒川水害により被災された常総市民のための避難所・公営住宅に、ペット同居可能な建物をご準備ください。

Tsuruta Sakamoto Makomi
日本

2015年11月17日 — 署名にご協力下さいました皆様に、要望書提出のご報告と心からのお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

**********************

11月13日(金)に、常総市長、関東財務局つくば出張所、県知事宛に、当要望書を提出して参りましたことをご報告申し上げます。

当日の朝9時に、お世話になっております中村議員、岡野議員、堀越議員の立ち会いのもとで、常総市役所にて高杉市長に直接要望書とご署名をお渡しをすることができました。安全安心課の齋藤部長、都市建設部の小林部長もご同席くださり、私たちは被災者と被災動物の同伴入居に対するご理解を求めました。これまでの被災動物をめぐる問題や、先進的な自治体の取り組み、環境省の指針についてもお話しをするお時間を頂きまして大変ありがたかったです。被災者支援の市民団体、吉野サポートセンターから、染谷修司様も駆けつけられました。動物同伴家族の被災者であるYさんご夫妻とT様も、飼い犬の老犬シーズーを同伴されて、ミーティングの場に出席されました。あくまでもルールを守り、建物ごと、棟ごとの棲み分けを行うことにより、動物が嫌いな方にも迷惑をかけることはないことを強調いたしました。

13時には関東財務局つくば出張所に移動し、所長宛に、要望書をお渡しいたしました。ここでは人と動物との共生に理解がもたれ、公務員住宅では、すでに福島からの被災者に対し、ペット入居に柔軟な措置がとられております。同じ茨城県民にも同様のご理解をお示しくださるよう私たちは要望をいたしました。そして、県の要請があれば財務局としては公務員住宅を提供する用意があることを確認できました。老朽化しているために問題はあるがそれさえ清掃などでクリアすれば戸建ての公務員住宅に、被災動物同伴家族への入居の道が開かれていること、被災者へのサポートの姿勢があることをうれしく心強く感じた次第です。人道的な解決に踏み切って頂けましたことに、心より感謝を申し上げます。

そして、すぐに水戸へ移動しました。避難所の3人の方も最後まで同行され、住まいの確保をご自身で訴えられました。
15時半に県庁(水戸)にて茨城県保健福祉部生活衛生課鈴木課長、土木部都市局住宅課中村課長、皆様との話し合いの場が設けられました。御多忙の中、ほんとうにありがたいことでした。おふたりを通して橋本知事宛に、全国の皆様から寄せられた14638筆の署名を添えて、要望書をお渡しいたしました。「ペットも家族の一員」「4年前に学んでほしい」等の皆様からお寄せ頂きましたコメント多数も、併せて印刷して提出いたしました。鈴木課長は、それにさっそくお目通しをしてくださり、コメントも読み上げてくださいました。

そして、関東財務局と連絡をとってくださり、公務員住宅に入居の道が開けるよう、お取りはからいくださることになりました。

さっそく、16日(月)に動きがあり、被災者の方は常総市役所に呼ばれ、今後についての説明を受けられたようです。これからもしっかりと見守り、サポートを継続して参ります。

当日のご報告は以上でございます。

************************

動物同伴避難者の常総市民には、公的な住まいが準備されておりませんでした。避難所閉鎖により行き場を失う方が出てまいります。公務員住宅も県営住宅も、犬猫を抱えた方は入居を拒否されています。また、現に、常総市内の今ある避難所には、動物を入居させるところがなく、小型の老犬がこの寒空に、外に置かれております。

多くの方が友人や親戚に動物を預けて生活されていますが、その預かりに関する相談は当会に寄せられ、昨日も避難所「あすなろの里」から新たな犬(トイプードル)の預かり依頼があったばかりでございます。

常総市の避難所に支援物資を置かせて頂こうとすると、「動物の餌は邪魔だ、犬猫の問題は常総市には存在しない、人間で手一杯だ」と所長や職員から言われました。避難所に同行避難で連れてこられた犬猫は、数も多くはありません。 

 しかし、ほんとうに犬猫の問題はないのでしょうか。 物資を配りながら歩きながら、被災当時の状況を伺っていると、犬猫が置かれた状況というのが浮かび上がってきます。

多くの方が最初から同行避難を断念されているのです。電話をしたら役場に断られた、という方。どうせ避難所に入れてもらえないだろうから犬は自発的に残してきた、という方。避難所に犬猫をつれていけないからいっしょに心中を覚悟で家に残られた方。こうした方がほとんどです。避難所に来ないからといって、動物の問題はないわけではないのです。親戚や友人に預けてある方もいらっしゃいます。避難所にいらして、昼間だけ犬の世話をしにご自宅に戻る方もおられます。その家には畳もなく、住めないのです。

水死した犬を思って嘆き悲しむ方もいらっしゃいました。決壊の直前に首輪をはずした犬をいまだに探していらっしゃる方にもお会いしました。明らかに飼い犬であると思われる犬猫が徘徊する話もいろんな方から伺いました。

 しかし問題があることを認識をしてもらうことすら、常総では難しく、動物たちの被災状況すらつかめていません。

このようななかで、全国の皆様からの貴重なご署名とコメントにより、大きなサポートを得ることができましたことに、心よりお礼を申し上げます。

今回、避難所にいらっしゃる方にはかろうじて緊急の同伴入居先が確保できることになる見通しです。が、すべての動物飼育者の被災者に、国家公務員住宅への入居の道が開けることになるわけではありません。戸数にも限りがあるからです。また、新たに仮設住宅・復興住宅を建てる、との計画は現段階ではないそうです。そうなると、すべての被災住民に対して平等に、動物の入居可能な家屋を準備することは実際には困難であり、同行避難の問題は、結局のところ解決されぬままに放置されることになります。

これは、おかしなことです。

私たちは、避難所や公営住宅に、動物たちのための居場所が当たり前に確保されるようになるまで、粘り強く交渉を重ねていく所存です。

いまは人と動物の共生が謳われる時代であり、人間社会のなかにいかに動物を位置づけるか、いかに扱うべきなのか、動物とは法律上そもそも何であるものか、飼い主の権利とそれに付随する義務・責任は、等の議論がなされるときです。

地域社会から愛護動物を簡単に切り捨てる、避難所というひとつのコミュニティーから、それまで飼われていた愛護動物を「人間が大事」「嫌いな人もいる」のひとことで排除する、という発想じたいが、弱いものや命そのものへの軽視を生み出しており、行政による「不要」動物の殺処分につながっているものと、感じられてなりません。「不要」な命はどこにもないのです。人間の努力で、いくらでも場所は作れます。

これからも、常総水害の被災動物たちの見守りとサポートを、そしてご指導を、どうかお願いいたします。

ありがとうございました。

http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12095800684.html

全国動物ネットワーク
NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク 
代表 鶴田 真子美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ペット飼える住宅を無償提供へ 常総の被災者につくばの旧公務員宿舎
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201511/CK2015112002000196.html


飼い犬とテントで生活する柴田さん=常総市で
写真

 関東・東北水害により常総市内の自宅が被災したものの、ペットを飼っているため、新たな住宅の確保が思うように進まない市民がいる。そんな被災者に対し、関東財務局筑波出張所は、つくば市の旧国家公務員宿舎「並木3丁目住宅」の一戸建て住宅約三十戸を無償で提供する方針を固めた。 (増井のぞみ)

 県と常総市は、被災者向けの仮設住宅を建設しないことを決め、自宅が全半壊した世帯に、県営住宅や国家公務員宿舎など公営住宅約百十戸を無償で提供してきた。仮設住宅を建設しない理由について県住宅課は「被災者に、なるべく早く入居してもらうため」と説明する。東日本大震災では、ペットが飼える仮設住宅も建設されたが、今回、こうした公営住宅でペットを飼うことは禁じられている。

 大震災で自宅にペットが取り残された教訓から、環境省はペットを連れて避難する同行避難のガイドラインをつくったが、市内でペットを飼う世帯は、住宅の公的支援から外れる形になっていた。ボランティアなどによる一時預かりは一、二カ月が限度で、常総市内には、ペットが飼える民間のアパートもない。

 常総市原宿の晝間(ひるま)きよ子さん(67)は、床上浸水した自宅の二階に猫四匹を残し、避難所から餌を与えに帰っている。今月十五日、市から今月末を目途に避難所の閉鎖を通告されたが、自宅は住める状況になく「猫は家族の一員。もう少し時間的な余裕がほしい」と訴える。

 同市相野谷町の自宅が床上浸水した日系ブラジル人三世の柴田キヨシさん(35)は、避難所の敷地内にテントを張り、犬五匹と暮らしている。午前二時ごろ、寒さで目が覚めるが「犬は子どもと一緒」と笑う。「外国人なのでアパートを見つけるのも難しい」

 こうした状況を知った動物愛護団体が、関東財務局筑波出張所に住宅の提供を要望、財務局が県に連絡し了承を得た。東京電力福島第一原発事故による福島県からの避難者が入居しており、県動物の愛護及び管理に関する条例に基づきペットを飼うこともできる。

 一九七六、七七年に建てられたもので、設備は古いが、約三十戸のうち十数戸は比較的、早く提供できるという。入居期間は二〇一七年九月までを予定している。県は、住宅の詳細な情報を把握後、入居者を募集するという。

 筑波出張所の居城(いしろ)光雄所長は「ペットの受け入れについて県から照会があれば、もっと早く提供できた。国有財産を活用し、被災者の役に立ちたい」と話している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆被災ブリーダーを通報しました
http://ameblo.jp/capin-blog/


このところ、CAPIN鶴田さんとは、ずっと連絡がとれておりません。
お互いに、忙しすぎるのはよくないですね。すれ違いばかりですが、近日、話せると思います。

このブリーダーの件、過去に沢山の動物がどれだけの苦しみと絶望の一生を強いられたことか。このブリーダーの犠牲になったのか。警察のするべきことはあきらかなはず。
ダメなことはダメ、何も譲れるところはありません。

勿論、茨城県動物指導センターにもこの状態になった事に責任はあるはず。
指導をしたが現状がこのとおり。センターのやるべきこともあきらか。



命にこんな扱いをして、どんな言い訳ができるのでしょう。
o0800142213481373178.jpg

o0800142213481373239.jpg

o0800142213481373381.jpg

o0800142213481373571.jpg

o0800142213481373795.jpg

o0800045013481374695.jpg

o0800045013481374893.jpg

o0800045013481374962.jpg

o0800045013481375694.jpg

o0800142213481375625.jpg

o0800142213481375914.jpg

o0800142213481374058.jpg

言葉を持つ、私達に出来る事・・・それは、動物たちの代弁者になる事。たとえ一言でも、勇気を持って。



◆支援物資のお願い 川崎
☆次回ボランティア連携福島被災動物救済活動 11月27日(金)~11月29日(日)

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・センサーカメラ取替用単三アルカリ乾電池
被災猫保護用美味しいフード
・焼きカツオ ・焼津のまぐろ各種 ・チャオ各種 

川崎現在在庫不足品・・・・・ ・猫砂・a/d缶・ちゅーる・成猫用缶詰種類問わず・子猫用パウチ 
●シェルターのオチッコカーテンを年末に取り換えたいので、中古カーテン不要な物ございましたらお譲り下さい。大小可。洗濯済であれば、古くてOKです。レースカーテンは使いません。

・猫の紙砂  ・猫の紙砂 
処方食a/d缶

・多頭保護猫用ドライフード種類問わず
・銀のスプーン腎臓配慮  ・腎臓食スペシフィック
・キュキュッと詰換え用 ・猫トイレ拭き取りクリーナー ・箱ティッシュ 
・ポリ袋30L透明(福島給餌フード詰換え用) ・45リットルゴミ袋 白   ・塩素系ハイター 
・セラプトfmお口の痛い子用サプリ
・魚正  ・黒缶  ・たまの伝説 ・子猫用ちゅーる ・子猫用パウチ各種
・猫の爪みがき・猫の爪みがき取替用  ・90Lポリ袋 ・ペットシーツワイド
川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
福島給餌用ドライフードご協力ください 次回11月27日~11月29日川崎多目希望
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

福島新受入先 指定日なし午前着指定  
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)

アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら


◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。物資・支援金 御協力をお願い申し上げます。
犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター犬猫支援 ・例 被災動物支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ ・例 ヒサイ ・例 イッパン・例 シェルタ)とご記入下さい。





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





スポンサーサイト