FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆札幌市パブコメ締切25日 ☆またたびさんより、所沢さくらねこ診療所11月14日の様子と次回11月29日手術日のお知らせ ☆塩村あやかさん 東京都議会議員 殺処分の現場へ
2015年11月24日 (火) | 編集 |
【トップ固定】
☆次回ボランティア連携福島被災動物救済活動 11月27日(金)~11月29日(日)
給餌用フードご支援ご協力お願い申し上げます。川崎多目希望です。

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・センサーカメラ取替用単三アルカリ乾電池
被災猫保護用美味しいフード
・焼きカツオ ・焼津のまぐろ各種 ・チャオ各種 
※また、保護されている多頭猫の維持のために、トイレの砂のご支援を頂けましたら助かります。・猫の紙砂  ・猫の紙砂 



logo41_20151105163446146.gif


(2015年11月1日正午12時より販売開始)
dekirukotowo_20151031191945983.jpg



ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!
 banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif



☆子犬子猫被災猫里親会

11月28日(土)・29日(日) 雨天決行
13:00~17:00
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内

1kanban1_201511110202174f8.jpg
福島・茨城より多数の救いたい命。どうか、温かいお家に迎えてあげて下さい。

♪ねこのおうちさがし♪

DSC04821.jpg DSC04801.jpg
llll_2015112417092155f.png
jjjj_20151124170920b5b.png




☆札幌市パブコメ締切25日、
まだ出されていない方、すぐにお願い致します!!


札幌市が動物の愛護及び管理に関する条例(案)についての意見募集、11月25日(水曜日)【必着】
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/aigojorei.html

野良猫の世話をする市民にばかり義務を押し付ける内容です。
言葉を持たない弱い立場の動物たちの代弁者になって下さい。


意見例 (ご賛同いただけます方はご自由にお使い下さい)
飼い主のいない猫に餌を与える者の遵守事項を削除してください。飼い主のいない猫の繁殖制限は市の公共事業なので、まずは市が無料で不妊去勢手術を提供してください。


意見の送り先
〒063-0869 札幌市西区八軒9条東5丁目1-31
ファックス:011-736-6137
電子メール: inuneko#city.sapporo.jp

 (#の部分に@が入ります。)
お名前・ご住所とともに、ご意見を記載し送付してください。




☆所沢さくらねこ診療所11月14日の様子と次回11月29日手術日のお知らせ
http://ameblo.jp/nyancoouchisagashi22/

o0410036213491488552.jpg

前回はあいにくのお天気でまだ外の対策が出来ていないのに(雨に濡れないよう思案中です。)どうしたものか。。と思いましたが
(ご不便をおかけしておりまして申し訳ございません。)
11月14日の所沢さくらねこ診療所
39頭のさくらねこさんが誕生いたしました。

o0480064413492082679.jpg


この日はTNR日本動物福祉病院さんから
磯崎先生もいらしてくださりとても助かりました。

o0480064413492080552.jpg

次回の手術日にも 神奈川から駆け付けてくださいます。
ありがとうございます。


o0480064413491485852.jpg
大西先生がこの日の最後の仔を執刀です。


o0480064413492086720.jpg


受付もやる事がたくさんありますが、ボランティアスタッフさんたちの気配りで、手術の方もスムーズに進んでゆきます。


o0480064413492113901.jpg


もうこの仔たちから、不遇な命は生まれません。

こうした命を、見守ってもらえる地域社会の実現には、繁殖制限や適正管理が必要です。

触れない仔の手術や通院のための捕獲器の貸し出しも行っております。


o0480064413492096300.jpg


手術日にはお泊まりの仔たちもいます。

とても気になりますので、その日の夜はする事を済ませて
再度診療所へ戻り、仮眠をとりながら手術を受けた仔たちの様子見や、ペットシーツの交換などをし、朝が来る頃に診療所を出ます。

日中にはまた、ボランティアスタッフさんが来てくれます。


ありがたいことに、診療所に来てくれた仔たちの、その後の様子を時折保護主さんよりご連絡いただきます。

私たちボランティアスタッフや、先生たちにとっても、とても励みになっています。

写真の仔たちは現在、優しい里親さんに恵まれてお家の仔になれたそうです。



所沢さくらねこ診療所
次回手術日は
【11月29日(日)】です。


9時~13時までにお連れいただければ、当日の手術が受けられます。
各種オプション(ワクチン接種やウイルス検査など)のみだけでも、どうぞいらしてください。


手術のご予約は
080-6845-0422

所沢市狭山ヶ丘2-28-12
所沢さくらねこ診療所




☆東京都議会議員 塩村あやかさん ブログより
殺処分の現場へ(処分の写真を含みます)


http://shiomura-ayaka.com/2015/10/30/report-1340.html

※処分の様子の写真があります。

(掲載するか悩みましたが、動画ではないことと、皆さんに現状を知り命の大切さと重みを考えて頂きたいと思い、書きました。その思いが皆さんに伝わりますように)




TOKYO ZEROキャンペーンにて、某自治体の視察。殺処分の様子も視察をさせて頂いた。本日この自治体で殺される犬は10。



自治体にもよるが、収容をされてから大体3~7日で処分になる。それまでに譲渡先が見つからなければ、殺処分という運命を辿る。ごく一部の犬はセンターのPRを担当するPR犬となったりするが、これは奇跡に近い話・・・。

2015-10-30 09.27.19

9号機。

ここが処分を迎えた犬が待つ檻。

2015-10-30 09.19.50

時間になると、職員が檻の中にある水と最後の餌の器を下げに入る。犬達は職員を威嚇することもなく、視察メンバーの私たちをジッと見たり、近づいてきたりする。どの子も普通にそのあたりで飼われてそうな様子で、胸が痛む。どうして、ココにいるの、こんな運命になってしまったの・・・と思う。

2015-10-30 09.21.23

首輪が約半数の犬についていることが確認できた。飼われていた子達。無責任な飼い主のせいで、「今日、死んでもらう」ことになってしまった。私はどんな事情があるせよ、新しい飼い主を探すことや、信託を用意しておく、鑑札や名札、マイクロチップの挿入など、出来ることがあったにも関わらずしていない飼い主に言いたい。「殺される責任は飼い主に大いにある」と。



檻の中の物が撤去されたことを確認すると、奥の扉が開き殺処分機へ続く廊下が現れた。右奥に進むと処分機がある。次に手前の柵が奥に動いて、犬達を処分機に追い込む。臆病な犬は奥の扉が開いた途端に、人間の目に触れない先にある処分機に駆け込んでいった。

全ての犬が追いやられて、処分機に入った。

2015-10-30 09.25.39

狭い処分機の中で、震えている子。

ガス注入のボタンが押された。犬達がどんどんと苦しそうに上を向き、喘ぎ始めた。

2015-10-30 09.27.54

2015-10-30 09.27.58

(崩れ落ちる瞬間。こちらを、扉の外の私たちを見ていた)

2015-10-30 09.28.00

(倒れた)

2015-10-30 09.28.01

(苦しさか、少しの間、のたうち回った)
2015-10-30 09.28.05

(黒い犬も静止した。白い犬にも注目して欲しい)



二酸化炭素ガスなので、どんどんと空気がなくなる。そう、窒息させているのと同じはずである。人間も首を絞められたら苦しい。その状態。個体差があるようで、他の子が倒れても苦しそうに喘いでこちらを見ている子がいた。そして、最後にこちらを見ながら倒れた。窒息で意識を失った。全ての子が倒れたあと、確実に致死させるために、扉をしめたまま15分ほどガスの濃度を保つ。

2015-10-30 09.28.05

この間に痙攣をしている子がいる。このときはもう、苦しくはないはずである。しかし、それ以前の倒れる前後はどうなのだろうか。私にはとにかく苦しそうに見えた。「安楽死」では決してないはずである。「死亡」の瞬間は意識がないので苦しくないかもしれないが、それまでは苦しいはず。

2015-10-30 09.28.07



15分経つと、係員が1頭ずつ確実に死んでいるかどうか確認をし、処分機の中に安置した。写真を見て欲しい。口から血を流している犬がいる。口の中を噛み切るほどに苦しかったのではないか。

2015-10-30 09.48.30



処分機(ガス)の床が開き、数メートル下に10頭の犬がドッと音を立てて落ちた。首輪をしており、子犬の時には人間と一緒に幸せに暮らしていた犬たちの最後の最後は「モノ」のように、システマチックに処理されていく。落ちた先の扉も閉まり、犬達は焼却されていく。飼う⇒捨てる⇒行政で処分する。人間の身勝手の連鎖。

2015-10-30 09.51.30

2015-10-30 09.52.09



犬舎の見学では、純血種も多かった。

(その後に視察をしたこのセンターから主に引き出しをしているシェルターにも多くの純血種がいた)

つまり、純血種が捨てられる今を変えていけば、処分やむなしの雑種の譲渡も進んでいくはずである。

2015-10-30 09.05.05

2015-10-30 09.05.14



その為には、やっぱり行政殺処分を行わなくて済んでいる国を見習うことが一番であると思う。どうして、ペットショップで売っていないのか。販売の禁止ではなく、販売されるのであれば動物の福祉を一番に考えた方法でないといけないことが根本になった規制がある。そうすると、日本の悪しきビジネスの「パピーミル」も撲滅に向かう。



今後、日本は生体小売業の問題をどう解決していくのか本格的に話合わないといけない。消費者が賢くなる事が一番であるが、先日の高校の講演会で鋭い指摘をされた。

「【行政殺処分の数に表れてこない】原因を作っている、ペットショップパピーミルや、闇の引取屋、繫殖屋が商売できる現状にメスを入れない政治家が悪いじゃないか。法律を作って厳しく守らせるべき」

その通り。私は地方議員だからという逃げのコメントは通用しない。「その通り」としか答えられなかった。



最近の持込で顕著なことは「老人ホームに入ることになった」「飼い主が高齢で亡くなってしまった」事なんだと職員さんは強く言っていた。つまり、高齢者が犬猫の寿命を責任を持って鑑みずに飼ってしまうケースがかなり増えている証左である。業界団体もインターペット博などを通して、飼育数や販売数が落ちる事について、かなりの警戒を持っており販売を煽るような発言が公式(式典などで)に相次だとの報告を複数団体より受けている。

ペットと入れる老人ホームがあるからと販売を進める商売と政治を憂慮する。

高齢者にとってペットは癒しであることは間違いない。しかし、自分が残された後にペットはどうしますか? 全員がペット連れのホームに入居できる資金がありますか。



実例を紹介しておきます。

実家でセンターからジョニーという老犬を引き取ったことがあります。老犬ですが、とってもいい子でした。しかし、手入れは(うちが引き取る前にボランティアさんにしてもらっていましたが)かなりの間、手入れがされていない状態で、重篤なフィラリアに罹っていました。



不思議に思ってYさんに聞いてみると、ジョニーはお婆ちゃんが大切に飼っていたそうですが、世話は息子夫婦に託していたものの、息子夫婦は飼い切れなくなって保健所に処分の為に持ってこられたとのことでした。その時は絶句しました。おばあちゃんもさぞかし無念だったろう、とうちの家族で話をしました。



ペットをとりまく状態をみると、先進国にあるまじき状態になっている。

近視眼的な施策はビジネス優先の日本社会と政治において、ダメにされてしまう。多くの愛護の方はいい人であり、そこを利用されていると感じる時も多い。

本質を見抜き、抜本的な施策を展開していかなくては次回法改正は手遅れになってしまう。そして、今日「処分された罪なき命」が報われない。







動物いけにえ虐殺ネパールのガディマィ祭りが無期限禁止
世界も頑張っています。
諏訪大社は、日本を世界最後の生け贄文化を守る国にしたいのでしょうか。

日本からも「いけにえ」を無くそう!

ご意見を諏訪大社TEL 0266-52-1919へお願いします

2016年元旦に諏訪大社に、ご一緒に行かれます方は、こちらまでご連絡を。



メール Fwin5675@nifty.com

ikenie_20151124034617923.png




◆支援物資のお願い 川崎
☆次回ボランティア連携福島被災動物救済活動 11月27日(金)~11月29日(日)

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・センサーカメラ取替用単三アルカリ乾電池
被災猫保護用美味しいフード
・焼きカツオ ・焼津のまぐろ各種 ・チャオ各種 

川崎現在在庫不足品・・・・・子猫用ドライフード種類問わず ・猫砂・a/d缶・ちゅーる・成猫用缶詰種類問わず 
●シェルターのオチッコカーテンを年末に取り換えたいので、中古カーテン不要な物ございましたらお譲り下さい。大小可。洗濯済であれば、古くてOKです。レースカーテンは使いません。

・猫の紙砂  ・猫の紙砂 
・子猫用ドライフード種類問わず
処方食a/d缶

・多頭保護猫用ドライフード種類問わず
・銀のスプーン腎臓配慮  ・腎臓食スペシフィック
・キュキュッと詰換え用 ・猫トイレ拭き取りクリーナー ・箱ティッシュ 
・ポリ袋30L透明(福島給餌フード詰換え用) ・45リットルゴミ袋 白   ・塩素系ハイター 
・セラプトfmお口の痛い子用サプリ
・魚正  ・黒缶  ・たまの伝説 ・子猫用ちゅーる ・子猫用パウチ各種
・猫の爪みがき・猫の爪みがき取替用  ・90Lポリ袋 ・ペットシーツワイド
川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
福島給餌用ドライフードご協力ください 次回11月27日~11月29日川崎多目希望
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

福島新受入先 指定日なし午前着指定  
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)

アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら


◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。物資・支援金 御協力をお願い申し上げます。
犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター犬猫支援 ・例 被災動物支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ ・例 ヒサイ ・例 イッパン・例 シェルタ)とご記入下さい。





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト