FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 島根県タヌキくくり罠捕獲撲殺処分即刻中止を!
2007年12月14日 (金) | 編集 |
知夫村各村議会議員宛に郵送致しました。

知夫村議会議員              平成19年12月14日

      先生

タヌキ駆除中止のお願い、及びご提案
(不妊去勢手術を無償で提供いたします)

前略、神奈川県の動物愛護団体「犬猫救済の輪」代表 結 昭子と申します。

先生には初めてご連絡を差し上げます。

今回、貴村のタヌキ駆除の模様がテレビで放映され、それを見た多くの方から当会へ「何とかならないか」という問い合わせを受けました。早速、新聞記事などの情報を集め、村長様ほか村役場の方たちから、事情や経過をお伺いました。

そして、11日の新聞で、村長が「良いアイデアを提案してほしい」と訴えておられえたのを拝見しました。

当会では、神奈川県の山口武雄獣医師に問い合わせをいたしました。山口獣医師は先のスマトラ大地震の被災動物救護でも活躍され、国際的な評価を受けておられます。また、海士町においても、猫の手術に実績があります。

当会では山口獣医師の全面的なご協力を受け、今後、捕獲したすべてのタヌキの不妊、去勢手術を無償で提供させていただく用意がございます。

人里に下りてきたタヌキを殺す方法ではこの問題に根本的な終止符を打つことは難しいと思われます。毎年、農作物に被害が出続け、殺し続けなければなりません。農作物を守りながらタヌキの数をコントロールしていく方策を検討すべき時期に来ているのではないでしょうか。今まで、殺処分にかけていた費用をそのまま農作物保護策にまわしていただくことが可能です。

先生にはご多忙のことと存じますが、是非、当会の提案をご検討くださるようお願い申し上げます。

なお、参考のため、山口獣医師のプロフィール、当会の紹介記事を同封させていただきました。
一旦、処分を見合わせ、至急のご検討をお願い申し上げます。

犬猫救済の輪 代表 結 昭子

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック