FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 川崎区保健所と飼い主のいない猫達の世話をするボランティアさんの会合
2007年12月16日 (日) | 編集 |
12.12(水)AM10:00~12:00

川崎区保健所より担当者二名、川崎区内の野良猫の不妊手術と管理をされている10名のボランティアさんが集まり始めての会合を持ちました。

なかなか周囲の人達に認めてもらえず辛いことにも耐えながら毎日飼い主のいない猫達の世話をしている人達は、初めて現状を保健所の方に話そうとすると日頃の思いから涙する人達もおりました。
保健所の担当者様は、終始、ひとりひとりの話しをよく聴いて下さいました。
行政の方に聞いていただいた事などないのです。聴いていただけたというだけでどれほど嬉しかったことでしょう。気持が楽になったことでしょう。
現状の話しをした後は、これからの希望や今できること、行政にして頂きたいことなどの意見が出されました。
・町会長さんの集まりで保健所から飼い主のいない猫に対する扱いを啓蒙していただきたい。
・苦情の場所などがあったら、保健所に間にはいっていただき地域のボランティアさんを紹介したり地域からボランティアさんを募ったりする。町会から御願いして皆で飼い主のいない猫の世話や管理をするかたちにしたい。
・地域でバザーなどを行い、活動費用を作るのも住民参加で意識向上につながるのでやってみたい。
・公園での飼い主のいない猫によるトラブル防止や遺棄犯罪防止、動物愛護法の周知、愛護精神向上のために、保健所が作成した看板を区内全公園出入り口に設置する(ボランティアがポスターをラミネートしたものを保健所と南部公園事務所の許可の上で設置する。)
・活動時には腕章や名札を付け地域に活動を知っていただき啓蒙しながら広げていく。
 腕章、名札を作ってみる事にしました。

初めての会合でしたが、早速、第一歩が踏み出せました。
これから回を重ね、充実させていきたいと思います。
川崎区保健所様、ありがとうございました。

当会では、地域の皆様との協力で、年内あと60匹の野良猫不妊手術を実施致します。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック