シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散!!☆子犬子猫被災猫里親会 ☆救援本部と3団体は、説明責任があるのではないですか。 ☆Natsumint隊より福島は、終わっていません。 ☆ 京都市動物愛護計画改定案のパブコメ提出のお願い
2016年01月13日 (水) | 編集 |
【トップ固定】


☆ボランティアさん大募集

1959_2016011214034973c.jpg

2568-1.jpg

里親様募集中だけどもうちょっとの甘えっこになってほしいにゃんこたちです。
http://yaplog.jp/fukumasa/archive/321

家猫修行ボランティアさんのブログ
♥ももいのやど  ♥猫伴生活imas.png


人慣れしてない猫達もよろしくね!
今日は、人慣れしていない猫達を紹介します!
怒ったお顔の子も多いですが
みんな可愛いんですよ~~


2570.jpg
仮名★ひでき、男の子、推定4~5歳、FIV,Felv陰性
可愛い丸顔ひでき!
怒ります。
でもなんか慣れそうな怒り方な気がするな…
あとなんか慣れそうな…顔!
でも今の所は、超怒ります。


2571.jpg
仮名★マナ、女の子、推定2~3歳、FIV,Felv陰性
美し~いグレーのぺっぴんさん、マナちゃん
怒りますがちょっとさわれました。怒るけど。
すっごいきれいな子だから
慣れたらご縁がありそうなんだけど…
がんばってなでまわそう!


2572.jpg
仮名★カリーナ、女の子、推定2~3歳、FIV,Felv陰性
そんなに怒らないので、少しさわれますが
怖がって固まるか逃げます。
きれいな可愛いサビちゃん!
サビ好きだーーー!


2573.jpg
仮名★およね、女の子、推定2~3歳、FIV,Felv陰性
怒ってますね~お耳が…
保護されて少し経つのですが
なかなか、難しいです。
でも、きれいなムギワラちゃんです
遠くから見ると怒った顔じゃないので、もっと可愛い
怒った顔も可愛いけどね☆


2574.jpg
仮名★ドロップ、女の子、推定3~4歳、FIV,Felv陰性
うふふ、可愛い模様~
いいかんじの白キジちゃんですね!
この子は慣れそうな気がします、そこまで怒らない。
少しさわれますが、逃げるか固まるかです。


2575.jpg
仮名★アトム、男の子、推定3~5歳、FIV,Felv陰性
保護されたばかりで、ちょっとまだ性格がつかめません
怒る怒らないというより…まぁ怒りまくりですが
とにかく命がけで脱走しようとする段階ですね~
鼻やお顔の傷は、捕獲器の中で暴れたのかな…
もう少し落ち着いてから、少しずつ性格を把握できたらなと思います。


あ、以前に「人慣れしていない子リスト」に載せていた
ミケランちゃんは、だいぶ慣れて来ましたので
今回は載せませんでした!
今度、個別で紹介記事を書こうと思います~


保護される猫達の状況や生きて来た道はさまざま
飼い猫だったのに捨てられたり、飼い主を失った子は
健気に人を信じてくれている子も多いですが、
保護される猫の中には
人に虐げられた猫、人に苦しめられた猫、人を見た事がなかった猫…
さまざまな理由で、人間に慣れていない猫達がいます。
怖がって警戒していたり、攻撃性が出てしまったり…

しかし、元々猫は、日本の野生動物ではありません
日本の屋外や自然の中で、他の生き物と戦いながら
厳しい寒さや暑さ、飢えと戦いながら、子猫を生み育てる…
そんな生き方ができる生き物ではないのです。
さらに、野良猫を邪魔者としてひどい方法で追い払おうとしたり、
命を奪おうとする人間すら…。

そんな環境で生き抜いてきて
「さぁ、助けてあげたから今から人間を好きになりなさい」
というほうが無理な話。

私は、そんな環境で今まで生き抜いてきた猫達を
心から愛おしく思います。
今日まで生きててくれて、ありがとう!
シャーって怒る元気な姿
思いっきりパンチするたくましい姿
かわいくて、かっこよくて、愛おしいです。

そして今度は、幸せになってほしいと思います。

厳しい環境で生き抜いてくれたからこその、
気高い怒ったお顔もかっこいいけど
いつか、ぽかーんと気の抜けたお顔や
無防備な寝顔を見せられる家族ができる事を願っています。
そうなるまでに、時間はかかると思います
甘えてくれたり、抱っこさせてくれたり、なでさせてくれたりの
「見返り」は、ほとんど無いかもしれません。
はっきり言って、こういう子達を家族として受け入れるとなると
愛護精神&ボランティア精神が100%です
(あ、あと猫をながめているだけで幸せを感じられる猫好きすぎ精神と…
シャー言われてもパンチされてもなんか嬉しいという
猫下僕精神と…)

でも、絶対…とはやっぱり言えないですが
過去に里親さんの元へ迎えてもらった、人慣れしていない子達は
数年かけて少しずつ少しずつ、
想像を越えて慣れて行ってくれる子が多いです。
ちょっとおっかないくらいシャーシャー怒ってた子が
2~3年後には、いっしょに寝るようになったり…
(ちなみにうちの猫も1匹はそうです
野良生まれで全く人慣れしていませんでしたが
2年経った今ではべったりスリスリ、横に並んで寝ます)
保証は出来ないですが、猫っていうのは少しずつその子のペースで
愛情に応えてくれる生き物だと思っています。

それを踏まえたうえで、どれだけ時間がかかってもいい、
ゆっくりマイペースでこの子が生きるために
衣食住を提供しますので、可愛いお姿を眺めさせてくれぇぇぇ
そしてあわよくば1年後にはなでなでくらいさせて頂きたいですぅぅ!という
色んな精神を持ち合わせた里親様を、心の底からお待ちしております!

慣れていない子達は、お外の里親会には参加しませんので
TNR日本動物福祉病院内での開催日に会いに来て下さいね
抱っこもなでなでもできない猫も、お待ちしております!!


あ、そういえば
前々から作ろうと思ってた
このブログのバナーを作りました!
2576.jpg

ラブリーすぎるかしら?うふふーー
リンクなど貼って下さる方は、ぜひ使って頂ければと思います
TOP画面に載せておきますので、よろしくお願いします!
1959_20160110112655413.jpg



☆救援本部と3団体は、説明責任があるのではないですか。
3団体は、何を述べるより先に、巨額な義援金を受け取りましたと述べるべきではないでしょうか。
そして、いつ、だれが、どこで、何の目的で、何をして、義援金を受けとることになったのか。
どのような事業計画でどこまで進み、何にいくら使われ、どれだけ救援本部の言う被災者と被災者のペットを救えたのか、
説明責任があるのではないですか。



Natsumint隊ブログより

どうぶつ救援本部 「一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部」義援金支援先

震災直後から被災地の動物のためへと、どうぶつ救援本部「一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部」に寄せられた義援金の支援先がやっと公開されました。


旧警戒区域、全村避難となっている飯舘村などには未だに取り残されている多くの犬や猫などがいます。


そして、そこには毎日、毎週、毎月通い続けている個人ボランティアさんがいます。


活動されている内容も環境の変化に伴い、給餌、環境整備、TNR、怪我や病気になどによる病院搬送、保護、里親さま募集等様々です。


また、natsumint隊の活動先である飯舘村では、昨年9月より始まった被災家屋の解体に伴い、餌場や寝床を追われる居付き猫が増えており、今までの活動に加え、捕獲や保護、里親さま募集に関わるボランティアさんが増えております。


どのような申請、審査をもとに義援金(現金・支援物資購入ポイント)が支援されたのかはわかりませんが、実際に現地に足を運び、現状を把握・審査されて、本当に必要とされているところに届けられたのでしょうか。

natsumintのブログをご覧頂いている皆さまは、震災直後より被災地の動物に寄り添い続けてきてくださった方達ばかりです。

この義援金の支援先をご覧になれば本当に必要とされているところに届けられたのか、実際に現地に足を運び続けているボランティアさん、団体さんに届けられたのか、救いを待っている動物のために使われているのか、ご判断頂けることと思います。

今この時も、福島、被災地の犬や猫などは救いの手を待っているのです。

終わっていません。




☆救援本部から非公開で、3団体( にゃんだーガード・ NPO法人 SORA ・リスタ )だけに渡った数千万円の疑惑?
救援本部「現金は出していない」は、「真赤な嘘」だった。

全国の皆様から寄せられた善意の義援金数千万円が、動物愛護団体に渡り、動物救援本部も、団体も公表していませんでした。再三、事実の公表を求めてまいりましたところ、この追求を免れないとこまできてやっと、義援金から現金を交付したことを認め、ホームページに3団体名と支給額がアップされました。
問題は、
実際に保護・飼養・譲渡・繁殖防止に動いている愛護団体や個人ボラさんへ、平等に公平に速やかに皆様から寄せられた義援金が配分されているのなら問題はないのですが、救援本部と一部の団体で裏取引が行われた(団体から救援本部に要求したことから、その団体だけが巨額な義援金を不公平に受け取り、他の実際に被災動物を助けている団体や個人には全く配分されなかった)ことです。

https://doubutsukyuen.org/main/delivery

NPO法人 SORA      17,112,000円
動物救護隊 にゃんだーガード 14,100,000円
LYSTA              10,614,000円


当会の公開質問状には「現金は交付していない」と回答されたことが「真赤な嘘」であったことが判明しました。「現金は交付していない」と回答された根拠を提示してください。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。




スポンサーサイト