FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 知夫村タヌキ、不妊手術に向けて!
2007年12月26日 (水) | 編集 |
知夫村議会議員                 平成19年12月26日

先生各位                    犬猫救済の輪 結 昭子             

  タヌキ駆除再開中止 および、非致死的防除策の導入のお願い


前略、影原村長様名の『平成10年度有害鳥獣駆除事業について』及び別紙を拝受いたしました。つきましては、急ぎ、再度当会からご提案を申し上げます。

宮崎県などでは電気柵などの非致死的防除策に県の助成が行われております。

農畜産物の被害を防ぐための、設備、装置等に予算の振り分けをご検討くださり、被害をこうむっている住民の皆さんへの助成、貸付けなども早急に実施していただきたいと思います。

非致死的な防除ができない限り、この問題に終止符を打つことはできないどころか事態は悪化していくと考えます。不妊措置により、将来的な繁殖を抑えつつ、役場としては早急に、直接的に被害を防ぐ道具、設備、人件費に予算を確保していく方策をとることをご提案いたします。

重ねて申し上げますが、不妊措置は当会が無償で執り行います。

また、貴村の観光特産品にはタヌキの愛らしさを利用したものも多いと聞きます。

最大限の努力をもって、タヌキと共存しているという前提がなければ、有形にせよ無形にせよ、貴村の観光産業にタヌキの力を借りることに、理解が得られるとは考えにくいのではないでしょうか。

まずはタヌキを殺さずに農畜産物を守る工夫に全力を挙げていただきたい、短期、長期的にも、現行の駆除の方法が無為であるというのが、当会を含め、多くの国民の望む方策であることを再度ご認識くださるようお願い申し上げます。

先生には年末でお忙しいとは存じますが、どうぞ、この問題について、全国からの意見、そして被害を早急に何とかしてほしいと望む住民の方たちの意見に答えるためにご指導をお願い申し上げます。

何かご不明の点がございましたら私、結 昭子までご連絡賜りますようお願いいたします。

ご意見ご要望は、 知夫村役場
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
FAX 08514-8-2093
E-Mail ocean-dream@chibu.jp
影原正美 村長


simane^
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/simane.htm

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック