シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆不幸な猫たちに愛の手をありがとう ☆長野県諏訪大社は、元旦の生きカエル串刺しを止めてください   日本からも「いけにえ」を無くそう!
2016年02月23日 (火) | 編集 |
☆長野県諏訪大社は、元旦の生きカエル串刺しを止めてください
  日本からも「いけにえ」を無くそう!


l.jpg
「若い生物学者」ポール・ピール(1860~1892)カナダ

カエルを生きたままを串刺しにして殺す神事は必要ですか?
1匹のカエルを前に、こどもたちに何を教えたいですか?
串刺しにして殺すこと?それとも慈しむこと?


長野県諏訪大社は、元旦の生きカエル串刺しを止めてください
日本からも「いけにえ」を無くそう!

ご意見を諏訪大社TEL 0266-52-1919へお願いします






☆犬猫救済の輪では動物を使って行われるあらゆる残酷な行事に抗議してまいります。
皆様のご協力をお願い申し上げます。


☆2016年元旦:蛙狩神事を世界に問うアクション

例年、生きたカエルを捕らえ、いけにえ神事を行っていた川には、多くの報道関係者も集まりましたが、

2016年元旦、諏訪大社はこの場所での神事を行いませんでした。

いけにえ神事の、終わりは近いでしょう。



詳しいことはこちらをご覧ください
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-52.html






信濃毎日新聞の記事
d


抗議活動を行った側の感想

記事の内容は,間違っているとは言えませんが,重要な事実が抜け落ちていると感じます。

真実を伝える責務を負う報道機関には,せめて,
・大社は,生きた蛙を串刺しにしていること。
・団体は,長野県の『集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例』に基づく集団示威運動の許可を取って,道路及び御手洗川で活動を行なったこと。
・御手洗川に結界を張って他者の立入りを禁ずることは,『諏訪市公共物管理条例』違反となること。
くらいは書いていただきたかったと残念に思います。

けれど,信濃毎日としては,今後の大社との関係を考えると,大社の恥とも言うべき上記のような事実は書けないのでしょう。

地元の方々に対して、どれほど諏訪大社の圧力が掛かっていることか。
痛ましいです。




Animal Rights Center NPO法人アニマルライツセンター様 より 転載
諏訪大社回答 「蛙狩神事」
2016/02/13
諏訪大社 御中

2016年1月2日


お世話になっております。
動物の権利運動をおこなう、NPO法人アニマルライツセンターと申します。
以前より、貴大社で毎年元旦に行われている蛙狩神事の廃止をお願いしておりましたが、2016年元旦もこの行事が行われたことを、とても残念に思っております。

動物の権利は神事より優先されるべきだと私たちは考えています。
冬眠中のカエルを掘り起こし、生きたまま串刺しにして「いけにえ」とするこの行事は、動物の権利を甚だしく侵害する虐待行為であり、直ちに廃止していただきたいと願っています。

伝統や文化は時代とともに変化します。中国の伝統行事「犬肉祭り」も近年国際的に非難の声が高まり、禁止する省も出てきています。
今年の6月、イギリスBBCニュースは、動物愛護のためにタイの雨乞いの儀式で猫ではなく「ドラえもん」が身代わりに使われたと放送しています。
西洋で何百年も続けられてきた闘牛は動物愛護の観点から禁止する州もあり、近年縮小傾向にあります。日本においても、東京都 神奈川県 富山県 石川県は闘犬・闘鶏・闘牛を禁止しています。その理由は「動物愛護を図ること」「善良な風俗を保持すること」とされています。

痛みを感じて苦しむのは、カエルも私たちも同じです。串刺しは強烈な苦痛を伴う残酷な行為です。
CIOMS(国際医科学団体協議会)は動物実験の国際原則のなかで「人間にたいして苦痛を引き起こす行為は、すべての脊椎動物にも苦痛を引き起こすと想定する必要がある」としています。カエルは脊椎動物です。
ヨーロッパでは「実験やその他の科学で利用される動物の保護に関する欧州条約」の対象動物でもあります。苦痛を感じると考えられているからです。

動物に関心を持つ日本人は年々増えています。2013年の動物愛護管理法の改正時には、動物愛護を気にかける国民の意見が、のべ248,417人寄せられています。
国内で行われている残酷な行事を廃止してほしいというのは日本人として当然の思いです。
多くの市民がこの神事に胸を痛めています。動物愛護は国民的な関心事です。公共性の高い神社という立場ならば、神事のために動物を殺すという行為を憂慮する市民の声に真摯に耳を傾けていただけないでしょうか。

私たちは市民を代表して、この蛙狩神事を命の犠牲と苦痛を伴わない代替法で行っていただくことを重ねてお願い申し上げます。



ご多用中恐縮ですが、貴大社のお考えを郵送もしくはメール(sato@arcj.org)でご回答いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016.2.2回答
201602021845_1-500x0.jpg



この回答について、下記の文書を送付しました。
諏訪大社
代表役員 北島 和孝様

2016年2月2日


お世話になっております。
先日はお手紙でのご回答をいただき、ありがとうございました。

ご回答の内容について、一点確認させていただきたいことがございます。

「氏子崇敬者とともに守り伝えた諏訪信仰上重要な神事でございますので何卒ご理解を賜りますよう重ねてお願い申し上げます」

とのご回答ですが、これは今後も従来と同じ蛙狩神事を行うということでしょうか?
あるいは、この蛙狩神事を命の犠牲と苦痛を伴わない代替法で行っていただける可能性はございますでしょうか?

お忙しい中重ねて恐縮ですが、ご回答いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
2016.2.13回答
201602131236_1-500x796.jpg


諏訪大社の蛙狩神事 動画
https://www.youtube.com/watch?v=xDlhLH-z1as

全国動物ネットワークさんのサイトにこの問題の詳細が掲載されています。
http://animalnetwork.jimdo.com/


支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(センタ君基金)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (センタ )とご入力下さい。

スポンサーサイト