シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散!!☆ケイコ と ゴンタ 里親さん大募集!!蒲田里親会へ!! ☆39億円もかけて愛護センターを建設しながら、いまだ殺処分ゼロが達成できていない横浜市。不妊去勢手術費が高額でTNRが進まないから。
2016年04月01日 (金) | 編集 |
【トップ固定】

※福島被災動物救済活動 4月の検問内への立ち入り許可日が決定いたしました。ボランティア連携福島被災動物救済活動は4月15日(金)・16日(土)となります。計4便予定、川崎より2便。(一時立ち入りができない期間中です。多々難題があり活動日が変更になる場合もあります。最短でフードを届けてあげたいと思っておりますが。)
フードのご支援、川崎多目でご協力宜しくお願い申し上げます。


福島給餌用フードご支援を宜しくお願い申し上げます。
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/


ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!

 banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif



2971.jpg


☆犬猫救済の輪里親会 
  子犬子猫・被災猫・センター猫 多数参加します


4月3日(日)雨天決行
 12:00~17:00終了 
ペットスマイル 蒲田店
東京都大田区西蒲田7-66-12
JR蒲田駅西口1分サンロード商店街 

kamata.gif


茨城県TNR現場ですでに生まれていた4匹の子猫。
二匹が風邪をひいていて親子保護に至りました。離乳しました。
ママ猫の里親様も募集です。宜しくお願い致します。
IMG_1200_201604010306384e9.jpg
IMG_1197.jpg




☆ケイコ と ゴンタ
横浜市 飼い主さん急死で閉ざされた部屋から救出された3匹の猫さん
一匹は高齢のはなちゃん、何日食べていなかったのか衰弱が酷く入院中ですが、自力で食べだしました。
本当は3匹一緒に暮らせたら良いのですがはなちゃんは高齢すぎて里親さん難しそうです。
ケイコ と ゴンタはとても仲良し。できましたら、一緒にお迎えいただけます方は、いらっしゃいませんでしょうか。


蒲田里親会、沢山の事情のある犬猫が参加します。
ご家族おそろいで、お出かけください。


☆川崎市不妊手術助成金4月1日よりスタート

TNR日本動物福祉病院
top_kv_funins_20151231084921e10.jpg
捕まらない猫の不妊手術目的での捕獲器の貸出は、TNR日本動物福祉病院 044-276-9388

川崎市在住の方は、1世帯3頭まで、川崎市不妊手術助成金を受けられます。
メス3000円・オス2000円 病院受付に申請用紙がございます。4月1日以降、ご利用ください。


logo41_20160127140359cd4.gif

●100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回半日ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。



☆39億円もかけて愛護センターを建設しながら、いまだ殺処分ゼロが達成できない横浜市。不妊去勢手術費が高額でTNRが進まないから。

横浜のボラテイアさんからの呼び掛けです!

動物愛護先進都市ヨコハマで思いがけない反対勢力
殺処分ゼロを目指す横浜市動物愛護センター VS 儲けたい市獣医師会

以下、横浜のボランテイアさんが、圧力に屈しそうな横浜市に対して意見書を提出しました。
(一部抜粋します)
39億円もかけて愛護センターを建設しながら、いまだ殺処分ゼロが達成できていない横浜市。
それは、不妊去勢手術費が概ね高額であるからだと言われています。
市外獣医師の力も借りながら、不妊手術を推進して不幸な命を減らすことを第一に考えてほしいものです。


猫の去勢不妊手術市外獣医師拡充についての請願市民としての意見

私が林文子市長宛てに請願書を出したのは平成27年5月18日でした。
健康福祉局を経て動物愛護センターで審議され決定との回答を森田センター長からいただいたのは同年7月でした。「平成28年4月からの実施になります」とのお話でした。市獣医師会作成の関係公式資料5にも「決定」とあります。資料5は時系列で健康福祉局と獣医師会との折衝の経緯が当局の横溝さん、森田愛護センター長の名前、発言とともに明記されている大変信頼できる資料です。その後、時系列にたどっていくと当局に圧力がかけられていく様子が明確にわかります。そして、今年3月に入り森田センター長が「まだ決まったわけではない」等、言葉を濁されるようになり、3月14日になって自民党市議を使っての獣医師会からの横やりが入っていることを知りました。
3月14日、議会終了後21時から、「動物との共生を考える横浜市議会議員連盟と健康福祉局、獣医師会との意見交換会が開かれました。このことは自民党の斎藤達也市議、横山正人市議のネット媒体で知りました。なお、井上獣医師会会長から、市議の出席者は連盟の全メンバー62名中51名で、うち30数名が自民党市議であることを聞きました。どのよう意見が出たか知りたいのですが、有志の会なので出席者名や議事録の記録はないそうです(議会局)
この意見交換会では、市民から選ばれた市民の代弁者たる議員さんたちが、市民のために発言したのか、あるいは獣医師会の便宜を図るために発言したのか知りたいところです。横浜市猫の不妊去勢手術推進事業の助成金は、これを利用して横浜市の本事業の目的達成のために汗を流している市民ボランティアさんのためのものです。獣医師会に利益をもたらすための助成金ではないのは、市ホームページ(※)に記載されている助成金の定義からも明らかです。この事業は営利を市内企業にもたらし振興する目的ではないことも明らかです。公共の福祉と動物愛護を両立させるための公益的な事業であることがこの問題の大前提なのです。
※市ホームページより抜粋
本事業の目的
   動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)及び横浜市動物の愛護及び管理に関する条例(平成18年3月5日条例第17号)の趣旨に基づき、市民の飼育する猫及び飼い主のいない猫に不妊去勢手術を行うことを奨励し、猫の飼育限度を越えた繁殖を防止することにより、飼い主のいない猫の減少及び周囲に対する危害、迷惑の未然防止を図り、併せて動物の愛護及び管理についての理解を深め、生活環境の保全並びに市民生活の安全を保持することを目的としています。


意見交換会に出席された市議さんたちはこの助成金を利用して、無償の労働奉仕をして、野良猫の繁殖制限に取り組んでいる市民の声をお聴きになったことがあるのでしょうか。私の知る限りでは市議さんが猫の活動の聞き取りをしてくださったことは一度もありません。意見交換会にこの活動にかかわっている市民の参加がなかったこと、傍聴可能な形ではなかったこと、十分に周知されなかったことが残念です。

助成金に制度に関して、私は直接、相模原市当局に獣医師会とのかかわりを質問しましたが、「獣医師会は関係ありません」とのお答えでした。川崎市も同様のスタンスと伺っています。

横浜市当局におかれましても獣医師会や一部市議の圧力に屈せず、当初決定した施策を実行に移していただきたいと考えます

今回、井上獣医師会会長と兵藤獣医師会理事からは「かわいそうな猫を増やさないように考えている」という趣旨のお言葉を直接聞いています。この言葉が真実ならば、獣医師会は市外獣医師とも協力して、自身も低料金あるいは無償で手術を提供していただきたいと考えます。まさにこの時期3月から6月が猫の出産シーズンであることは熟知されていることと思いますが、その点をご考慮いただき市民ボランティアの活動をサポートしていただける選択をお願いするものです。


なお、今回のことは他多方面に広く情報が広がっており、今後の当局、市議、獣医師会の在り方に多くの関心が寄せられております。この問題は単に猫の繁殖制限の問題だけではなく、既に行政と特定団体との関係性の問題として注視されている点も申し添えます。

添付資料
1) 3月25日午後3時から、横浜市獣医師会長井上氏と本件請願者本人との電話内容 1枚
2) 市獣医師会作成資料5
平成28年3月30日   名前 ○○○○






横浜市の沢山の野良猫たちのため、横浜市で頑張っているボランテイアさんたちのために、一言でも電話、ファックス等、獣医師会にご意見を届けてくださいませんか。
横浜市が前進すれば全国へよい影響があります。



①(横浜市獣医師会へ抗議してください)
意見例・・横浜市以外の病院で助成金による野良猫の手術が受けられるようになることに反対しないでください。
公益社団法人横浜市獣医師会・会長 井上 亮一様 
〒235-0007神奈川県横浜市磯子区西町14-3
神奈川県畜産センター内
TEL 045-751-5032  FAX 045-752-1014
メールはこちらからお問い合わせ
http://www.yvma.or.jp/about/contact.html


②横浜市の動物愛護議連の田野井会長先生にもお願いしてください
お願い例・・横浜市以外の病院でも野良猫の不妊去勢手術に助成金が使えるように、獣医師会の圧力から横浜市を守ってください

田野井一雄先生(動物との共生を考える横浜市会議員連盟」会長
連絡先事務所
〒 233-0002港南区上大岡西1-10-5 SKビル402
TEL 045-841-3221  FAX 045-843-5024




◆支援物資のお願い 川崎

※福島被災動物給餌用フード川崎・福島共に募集中!宜しくお願い申し上げます。
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

川崎現在在庫不足品・・・ペットシーツワイドレギュラー・30Lポリ袋・45Lポリ袋・ハイター・子犬缶・150頭保護猫の缶詰たまの伝説、黒缶、レトルト各種等種類問わず・箱シーバ・焼きカツオ高齢猫用・a/d缶

・ペットシーツレギュラー ・ペットシーツワイド 
・ワンラックキャットミルク  ・ロイヤルカナンベビーキャット
・a/d缶(センター引出多頭猫体調の悪い猫多数に)
・黒缶  ・たまの伝説 ・魚正  ・焼きカツオ ・焼きささみ・箱シーバ
・洗濯石鹸
・箱ティッシュ 
「トイレの猫砂」 ・30Lポリ袋乳白色 ・30Lポリ袋透明 ・45Lポリ袋半透明 
・焼津のまぐろ各種
・子猫用パウチ各種 
・子犬用缶詰
・ねこじゃらし10個程(動物性不使用の物) ・ネオグルーミングコア
・以下、ご家庭で使わないものなどございましたら・・・・洗濯石鹸、食器用洗剤・カッター・A4コピー紙
・腎臓サポートパウチ・腎臓食スペシフィック
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
福島給餌用フードご支援を宜しくお願い申し上げます。
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

福島 指定日なし午前着指定  
受入先〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
     村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力で受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)


アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら


◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。物資・支援金 御協力をお願い申し上げます。
犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター犬猫支援 ・例 被災動物支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ ・例 ヒサイ ・例 イッパン・例 シェルタ)とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト