FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 知夫村、最善策検討に時間必要
2007年12月31日 (月) | 編集 |
日本熊森協会

知夫村は、駆除再開を見合わせ、最善策の検討に十分な時間をとるべきと思います。
生命を尊重する意味からも、まずはこうなった原因を細かく分析し、専門家等から指導を受けるなどして正しい対策をとるべきと考えます。
タヌキの生存する地域でも駆除することなく共生している所もあります。
一般に、防護柵を徹底することは被害を出さないため、タヌキを増やさないために必要とされています。

駆除も不妊手術も原因を除かないかぎり終わりがありません。

リンクのご協力を頂いている皆様ありがとうございます。12.30より 管理を「犬猫救済の輪」に移すことができました。お手数ですがリンクの張替えをお願い申し上げます。
tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』

里親会のお知らせ
次回2008年1月6日(日) 蒲田ペットスマイル 雨天決行
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック