シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散!!☆熊本 先が見えない不安と恐怖 ・ チビ達の行き先(にゃわん奮闘記さん転載)
2016年05月13日 (金) | 編集 |
【トップ固定】

※ボランティア連携福島被災動物救済活動は、5月15日(日)~17日(火)です。ボランティア6名の参加になります。


※犬猫救済の輪では、熊本のセンター譲渡団体様と検討を重ね、熊本のセンターより譲渡団体経由での犬猫の引取り里親募集を開始することになりました。勿論、熊本県内で対応できて、関東まで移動しなくても命が救われればなお良いことですが現状はかなり行き詰まっています。ワクチンや健康診断を受け、熊本での一定の保護期間を設けたうえで熊本空港ー羽田空港空輸、TNR日本動物福祉病院に搬送致します。
緊急災害時では、動物センターには、平時の比較にならない数で被災動物が保護収容されます。保健所や動物センターにその数を収容するスペースがないとなれば、県は災害時、緊急に他に被災動物を保護収容できるシェルター等を用意しなければならないわけですが、まだまだそうした対応はされなかったり追いつかなかったりがこの国の現状です。被災動物を長期に保護するためには、現状のスペースでは保護しきれません。
犬猫救済の輪では、熊本のセンターに震災前から収容されていた動物も含め、健康面や移動条件を満たす犬猫から熊本の譲渡団体様経由で順次センターに収容された犬猫を引き取ることに致しました。関係者様との調整に入っております。皆様には、今から、里親のご検討をいただけますようご協力をお願い申し上げます。

尚、熊本県から関東への移動に関します費用や、到着後の医療維持費につきましては、センタ君基金と一般ご寄附も合わせて対応してまいりたいと考えておりますことを、お伝えさせていただきますと共に、ご支援のご協力に深く感謝を申しあげます。
 センタ君基金は、犬猫救済の輪が、神奈川県内のセンターのみならず、茨城県動物指導センターの譲渡団体となり殺処分をなくすため多頭の犬猫の引出を開始したことに伴い、遠距離での搬送のための交通費と、負傷や病気の命にかかる多額の医療費、また、里親に行ける確率の薄い老猫やなついていない猫の長期の維持費を補うために設けたもので、センターに収容された命を救い出すために、大変、役立っております。
http://ameblo.jp/sirosiro5656/
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5484.html
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5466.html
この度の、熊本県地震災害により県内センターは収容動物でスペースがなくなっています。譲渡団体様との連携で緊急災害時の熊本の動物たちの救済に、できます限りの協力をさせていただきます。



logo41_2016042006594265d.gif


ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!

 banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif




dekirukotowo_2016043017070810c.jpg
★5月1日~末日開催。被災動物の為のチャリティー企画『出来ることを、少しずつ。』で販売している商品売上の一部は、被災動物保護資金として寄付しています。まずはこちらをご覧ください ⇒ https://t.co/F7q5oLTPwh ‪#‎被災動物‬




モンキー塩田さんFB
https://www.facebook.com/monkieshiota


ll

Bana福袋(チャリティー福島限定企画)
http://monshio.net/animal-rescue/bana-charity-for-fukushima-cats/bana-happy-pack/

【福島チャリティー】BanaTシャツ
http://monshio.net/2016/04/26/charitee/

支援先:犬猫救済の輪
365日、無数の動物たちの母となり、彼らの生命を守り続ける結さんに、尊敬と応援と労いの気持ちをいっぱい込めて、今回のすべてのデザインを捧げます。
2016年5月8日 Mother's Day




☆子猫被災猫センター猫の里親会

5月15日(日)雨天決行
13:00~17:00
ペットスマイル 戸越店
品川区戸越2-6-6 戸越銀座商店街
kjh_20160513024333bc8.png

togosi.jpg



☆拡散!!熊本 

PHILIA(フィリア)様
http://ameblo.jp/philia-life/entry-12158439039.html

にゃわん奮闘記様

転載
先が見えない不安と恐怖
http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3050.html


IMG_8375.jpg

IMG_8374.jpg

上の2枚の写真は
昨日現在で熊本県動物管理センターの収容数を示すメモ

既にフィリアさんが仔犬をメインに一時保護していての数字
チームでも日曜日に5匹の成&仔猫5匹を預かっていますが
そんな数なんて全く追いつかず連日増加の一途をたどっています

1_20160512123939944.jpg

施設内に設置されている猫専用の部屋
狭い檻1つずつ引き出して
そのまま処分機に入れることができるようになっています

通常なら県内10箇所の保健所からこちらの施設に移送され
毎週末に一部の犬猫を除き殺処分が行われるという現実でしたが
震災後はその殺処分が中止されています

写真の檻に収容されている成猫が27匹
あと3部屋しか残っていない計算になります

2_201605121239411e9.jpg

そして昨日は熊本市動物愛護センターへの訪問を取りやめて県へ

12匹の猫を2つの動物病院に預かっていただく交渉を済ませ
6匹と6匹に分けて連れ出すつもりでした
3_20160512123943286.png


ところが
熊本県動物管理センターへ到着すると
昨日は更に6匹の仔猫が追加収容され
生後1ヶ月前後の仔猫が18匹になっていました

4_20160512123944f51.jpg

駆けつけてくれたにゃぶ子さんと
「どうしよう…この中から12匹なんて選べないよね…」
悩んだ末
先生に怒られる覚悟で18匹全ての子たちを連れ出しました

5_201605130314035ab.png

風邪っぴきだったりビビりだったりとびっきり人慣れしてたり…
様々な動きを見せる色んな柄が入り混じった子たち
もうどれがどのきょうだいなのかさっぱり

6_20160513031405d4e.png

その中には衰弱している子もいて職員さんに温めてもらっていましたので
チームでバトンタッチさせてもらいました

乳飲み子も15匹収容されていましたが
うち10匹はフィリアさんのご努力により3箇所の獣医さんやボランティアさんに分けてお預け
残る5匹は連れ帰れないものの施設内で職員さん2人でミルクを与えてみるそうです

県のセンターには1日2箇所の保健所から保護のキャパを超えた犬猫たちが
連日収容されています

今日も明日も…
このままでは保護環境が悪化してしまいます
更に動物たちにストレスがかかることになれば
感染症の発生と蔓延を食い止めることができません

昨日預かった18匹の仔猫たちは1週間の約束で病院に預かってもらいます
来週の水曜日にはチームで保護し成長を支えていきたいのですが
預かってくれるスタッフが不足しています

チームでは猫や犬の一時預かりをしてくださるボランティアさんを探しています
小さな赤ちゃんから離乳の手助け
成猫の預かりも大歓迎です

一緒に頑張ってみたいと思ってくださったら
ご連絡をください!

メールフォームはコチラ


☆チビ達の行き先
1_2016051312463341f.jpg

11日に県のセンターから一時保護したチビたちのうち
にゃぶ子さんが届けてくれた病院の子達に昨日会ってきました

なんとまぁ粒ぞろいなかわいこちゃん^^
ここの6匹はちょっと怖がりなビビリ組

2_20160513124635038.jpg

もう一箇所には比較的身体の大きな2匹
手前のキジの子は風邪の症状が酷く
点眼と抗生剤とインターフェロンを使いながら経過を見ています

おめめの結膜炎も相当ですが完全に鼻が詰まっていて
苦しそうに頭を上げて真上を向いた状態で眠るそうです・涙

残る1匹は衰弱による低体温が進んでいた子で気になっていましたが
病院のベテラン看護師さんのご厚意で
ご自宅と同伴出勤をしながら面倒をみてくれることになりました
昨日は会えなくて残念でしたが
頑張って生きてくれてるだけで十分
元気になった姿を想像しながら再会を待ちます

11日に県から預かった18匹の仔猫たちは
次に引き取る子たちの保護スペースを確保するために
一週間後には病院から引き上げなくてはいけません

行き先がない事に不安と焦りを今も感じていますが
おかげさまでチーム以外の方から3件ほどお声掛けをいただいているので
このままうまくいけばとりあえずの仮住まいは見つかりそうです

ただ 今一番不安なのが
仔猫用のケージや消耗品など
預かっていただくおうちにまんべんなくお貸しすることができるのか

昨日も呼びかけをさせていただきましたが
現在新たに不足している物品やフード消耗品などが多数あります

昨日上げた日記をご参考に
みなさまからの温かいご支援をお待ちしています

物資のリクエスト日記はコチラ

来週の火曜日(仔猫退院の日)までに
最低でも①~③を各10個は揃えたいというのが今の目標です








罪なき命
http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3049.html

http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3047.html

http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3044.html


熊本県動物愛護管理ホームページ
http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/index.php


☆イベントや行事等で利用される動物 

愛媛県西予市の「豚のロディオ」廃止署名

Animal Rights Center NPO法人アニマルライツセンター 様より 転載
http://www.arcj.org/animals/sacrifice/00/id=567

これ以上豚たちを苦しませないために、どうかみなさん、署名にご協力をお願い致します。
http://goo.gl/LmXKTW (日本語版)

https://goo.gl/ughUd5(英語版)



« 諏訪大社回答 「蛙狩神事」

行事/イベントで使役される動物一覧



☆保護猫用支援物資にご協力ください
◆支援物資のお願い 川崎
※福島被災動物救済活動 次回変更、5月15日(日)16日(月)17日(火)決定です。
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/


川崎現在在庫ゼロは・・・子猫用パウチ・猫の缶詰 魚正・たまの伝説、黒缶、レトルト各種等種類問わず・30Lポリ袋・ペットシーツワイド・箱ティッシュ・粉石けん
・子猫用パウチ各種  ・ペットシーツワイド 
・「トイレの猫砂」
・犬シーザー  ・箱ティッシュ・ネピネピロール・粉石けん
・ねこまんま 
・黒缶
 ・魚正 ・たまの伝説・焼津のまぐろ各種 ・焼きカツオ
・30Lポリ袋乳白色 ・30Lポリ袋透明

・つめみがき10個程・ねこじゃらし10個程(動物性不使用の物)・ハイター消毒用 
・腎臓サポートパウチ・腎臓食スペシフィック・a/d缶(センター引出多頭猫体調の悪い猫多数に)
・消耗品・・ご家庭でご不要なものがございましたら・・・粉石鹸・液体石鹸類種類問わず・カッター・A4コピー紙・切手・単3乾電池・

川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛




◆支援物資のお願い 福島

福島給餌用フードご支援を宜しくお願い申し上げます。
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

福島 指定日なし午前着指定  
受入先〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力で受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)

アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら



◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター犬猫支援 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





スポンサーサイト