FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 知夫村駆除中止の嘆願を、溝口善兵衛島根県知事宛に送りました
2008年01月08日 (火) | 編集 |
1.8知夫村駆除中止の嘆願を、溝口善兵衛島根県知事宛に送りました

溝口 善兵衛 島根県知事殿         平成20年1月8日

団体名 

犬猫救済の輪 代表 結 昭子
〒210-0834 神奈川県川崎市

日本熊森協会 小山 直美
〒662-0042兵庫県西宮市

NPO法人動物たちを守る会ケルビム 代表 中村吏佐
〒905-0206 沖縄県国頭郡

NPO法人ペット里親会 代表 上杉美恵子
〒354-0000 埼玉県富士見市

NPO法人 横浜アニマルファミリー 代表 野中正子
〒241-0822 神奈川県横浜市

ケンの家 代表 中尾 晶枝
〒226-0012 神奈川県横浜市

NPO法人 猫の代理人たち 中村 光子
〒145-0071東京都大田区

動物たちの会 杉本 等
〒191-0002東京都日野市

他、全国支援団体

知夫村タヌキ駆除中止の嘆願

現在、日本中から非難の寄せられている知夫村のタヌキ駆除中止を嘆願いたします。 私達は 動物愛護団体として、タヌキを殺さなくても被害を防止できる解決法(被害も防ぎ、タヌキも殺さずに共生していけるというタヌキの専門家の提案、繁殖させないよう不妊手術を無償で行なうとの愛護団体の提案他提案多数に対し、聴く姿勢がみられません)があるにもかかわらず、なんら有効な防除法をとる努力もないままに毎年タヌキを殺し続けるという非人道的な知夫村の行為に強く抗議いたします。

知夫村のタヌキによる被害は、駆除で解決できないことは専門家をはじめ、衆目の一致するところです。

このような不毛な事業に、年々、県民の大事な税金を費やすことのないようお願い申し上げます。

私達は、知夫村のタヌキ駆除を、動物の福祉が無意味に損なわれた事例として、今後、海外に向けて発信していく所存です。

即刻、駆除中止を裁断賜りますよう、お願い申し上げます。


海外に、情報を発信致します。
翻訳のできます方、ご協力宜しくお願い申し上げます。

英語、スペイン語、フランス語以外で簡単な翻訳ができます方、是非、ご協力お願い致します。
また、何人かいて下さると助かりますので英語等でも是非、お申し出下さい。
メールbanbihouse@nifty.comにてご連絡、お待ち申し上げます。



simane^

tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』

里親会のお知らせ
次回2008年1月27日(日) ペットスマイル戸越店にて
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック