FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆ボランティア連携福島被災動物救済活動 ☆検問の向こう側 バリケードで閉ざされた人のいない町 痩せ細りやっと生きている猫たちを私たちは救い出したい
2016年09月15日 (木) | 編集 |
☆ボランティア連携福島被災動物救済活動
★検問の向こう側 バリケードで閉ざされた人のいない町
  痩せ細りやっと生きている猫たちを私たちは救い出したい

 
大熊町  
7.24 13:31 
PICT1348.jpg


7.25 13:08
PICT1866.jpg


7.26 15:09
PICT2528.jpg



PICT2529.jpg


7.28 05:35
PICT3977.jpg



7.29 06:32
PICT4298.jpg


7.29 07.05
PICT4306.jpg


7.30 15:57
PICT5027.jpg


今回も、やせ細った猫が、4カ所で確認されました。
食べ物を求め、懸命に生きている猫。生きているうちに救い出したい。

何日か、福島に宿泊して連日、捕獲機をかけていただける方はいらっしゃいませんか。
許可がなければ立ち入りができない場所です。立ち入れても動物を救う活動は、認められていません。
パトカーや警備車両に命の縮まる思いがします。すべて、自己責任です。
運転ができる方で、猫の捕獲に慣れている方、猫を救うためならそれでもやりますという方が、もしもいてくださいましたら連絡ください。こちら
スポンサーサイト