シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 諏訪大社は昔、少年を「いけにえ」にしていたとも。 東京オリンピックを前に、日本から「いけにえ」をなくそう! 元旦の諏訪大社の蛙狩り神事(かわずがり)をやめさせよう!
2016年10月03日 (月) | 編集 |
諏訪大社は昔、少年を「いけにえ」にしていたとも。

東京オリンピックを前に、日本から「いけにえ」をなくそう!
元旦の諏訪大社の蛙狩り神事(かわずがり)をやめさせよう!




諏訪大社「いけにえ」の変遷

http://yatsu-genjin.jp/suwataisya/sinji/ontou.htm

http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-85.html

諏訪大社、昔は少年を「いけにえ」にして殺していたとも

御贄柱が祭壇中心に移された。
この柱に向かって宮司が祝詞を奏上し、
各関係者が玉串を奉奠する。
この御贄柱は、本来ならば神の依り代となっていた。
御贄柱の名の通り、”おこう”と呼ばれる少年を生贄にしたのだ。
「守矢資料館のしおり」によると、
かつては”おこう”たちは殺されていたらしい。

suwa1.jpg




シカも75頭、首を切られて殺されていた。今は剥製が使われている
suwa2_201610030504324da.jpg



ウサギも串刺しにされていた
suwa3.jpg




キジも今でも生きたまま供えられる。が、その後、野に放たれる。
suwa4.jpg




そして、カエルは今も生きたまま刺し殺されている。元旦の蛙狩り神事(かわずがり)。生きたカエルではなく、人形などの代用品にしてほしい。
suwa5.jpg




あなたの声を、諏訪大社に届けてください。
生きたカエルではなく、カエルの置物や人形で代用してほしい。


長野県諏訪大社 TEL 0266-52-1919

2017年元旦も、私たちは、諏訪大社で抗議します。
私たちと一緒に参加できます方は、 こ ち ら までご連絡ください。
遠方の方は、宿泊できますように用意いたしますのでお早めにご連絡くださいね。








banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。


1kanban1_20160719013152964.jpg獣医師求人(正社員・アルバイト週1日~・29年度新卒)




スポンサーサイト