FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 サービスとは・・
2008年01月14日 (月) | 編集 |
隠岐の定住情報誌2007(11ページ)より)

知夫里開発(㈱)(サービス・ホテル業)
代表者 影原正美


(引用)http://www.town.okinoshima.shimane.jp/koyo/images/2007_no1.pdf


ホテル知夫里 の案内には次のようにタヌキについて書いてあります。

ホテル知夫の里』のご紹介 より

知夫里島は隠岐諸島で唯一野生のタヌキが繁殖している島で有名です。
本来夜行性のタヌキが道を歩いている姿は、島をぐるっとドライブすれば簡単に見ることが出来ます。
牛のエサをたくさん食べて丸々と太ったタヌキは可愛いですよ。
今では知夫里島のシンボルともなっています。



村長としても、観光会社の代表としても、島のシンボルとして自らタヌキを観光に利用しながら、くくり罠捕獲撲殺を続けてきたわけです。そして今後も駆除を続けていくというのです。

命を命として扱わない精神で、サービス業や行政サービスのトップに立っても到底観光客や村民に対してよいサービスが提供されるとは思えません。理解しがたいことです

「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」
 
マハトマ・ガンジー (1869-1948)


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』

里親会のお知らせ
次回2008年1月27日(日) ペットスマイル戸越店にて
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック