FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 シェル君
2008年01月24日 (木) | 編集 |
1月17日に今年初めて川崎市動物愛護センターより引き出しました。老犬1匹と猫5匹です。
猫は、センターで風邪の治療もして下さっていてとても元気です。
なついている子から里親にいけそうです。
老犬は足腰もかなり弱っていますが、余生のんびり安心して暮させてあげようと思いました。

ところが、22日、PM4時、散歩中に倒れてそのままあっけなく逝ってしまいました。
名前は「シェル」 たった6日間で逝ってしまうなんて。

sixeru108117.jpg
 

sixeru2080117.jpg


sieru3080117.jpg


写真はこの3枚しかありません。
センターで譲渡の手続きをして車に乗り、センターを背に出発するときの写真です。
そして、待っていたスタッフにいっぱいのご馳走をもらって一心に食べている写真です。

背中と尾っぽがフサフサで上から見ると犬に見えないタヌキみたいです。
これから写真も沢山撮ろうと思っていたのに。
可愛がられて、今日は散歩が楽しかったようです。
出会ったわんちゃんに寄って行って、はしゃぐそぶりも見せたそうです。
それからまもなく、まさか・・です。倒れてからはあっという間で何もできませんでした。
あまりにも短すぎて、でも忘れることはないでしょう。

センターから出してあげられてよかったと思っています。
この子の最後に、孤独や不安や悲しみはなかったと思います。
私達にとってもそれが慰めです。
シェル君、私達のところに来てくれてありがとう。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』

里親会のお知らせ
次回2008年1月27日(日) ペットスマイル戸越店にて#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
初めて書き込みさせて頂きます。
今までは読み逃げでした。すみません・・・。
でも、ポチッはしておりましたよ!

シェルちゃんを見ていると胸が詰まりました。
こんなに衰弱していたのに捨ててしまうのですね・・・。
でも、6日間でも優しい人たちと過ごせて
幸せだったと思います。
よくぞ、老犬をセンターから引き出して頂いたと
シェルちゃんに変わってお礼申し上げます。

我が家の犬は17歳。成犬で引き取りました。
アカラスを患っていて獣医さんからは
<安楽死>を薦められました。
それっきり、獣医さんにはかからず
今も何とか頑張っています。
目も白内障が進み、足腰も弱っていますが
何とかトイレは庭でしてくれます。
このまま安らかに天寿を全うして欲しいと思っています。

色々と大変な活動だと思いますが
陰ながら応援させて頂きます。頑張って下さい・・・。

以前記事になっていた
<隠れるところもない、雨に打たれている猫たち・・・>は
その後どうなりましたか?
毎日寒いので気になっております・・・。
2008/01/24(木) 23:24:38 | URL | ちび #5IvzGCho[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック